サッカー初心者でもドリブルが上手くなる3ステップとは?

スキルアップ 練習法

「かっこいいドリブルに憧れてサッカーを始めたけど、なかなかドリブルが上手くならない」

「初心者でもドリブルが上手くなる練習方法があれば教えてほしい」

こんな悩みに答えます。

とにかくボールを多く触ること

ドリブルが上手くなりたいなら、人よりも多くボールを触る必要があります。

適当にボールを触っていても上手くなれないけど、人より多くボールを触らないと上手くなれません。

1日100回ボールを触る選手と、1万回ボールを触る選手を比べると、どちらの方が上手くなれると思いますか。

もちろん1万回ボールを触る選手ですよね。

「どうすれば上手くなれるかな?」と考えるだけで、全く練習ができていないなら、とにかく多くボールを触るようにしましょう。

遊び感覚でたくさんボールを触る

はじめは自分が思うようにドリブルできないので、遊び感覚でたくさんボールを触りましょう。

細かいことを意識せずに、ボールを触ることの楽しさを体感しましょう。

自分が好きな選手をイメージしながらドリブルをすると、楽しくドリブルの練習ができますよ。

足のさまざまなところでボールを触る

足のさまざまなところでボールを触ることで、ボールタッチが繊細になります。

利き足の同じところだけでしかドリブルできないよりも、どこで触っても同じようにドリブルできる方がいいですよね。

繊細なボールタッチを手に入れるための練習方法を2つ紹介しておきますね。

ボールタッチ練習

ボールタッチをすることで、繊細なボールタッチやリズム感を鍛えれます。

ドリブルが上手くなるためには、自分の形を見つけることが大切です。

そのためにも、しっかりリズミカルにドリブルすることを意識しましょう。

ボールタッチの練習例

  • 右足インアウト
  • 左足インアウト
  • ロール
  • 右足足ウラ

さまざまなところで、リズミカルにボールタッチをすることで、足にボールが吸い付いたようなドリブルができるようになります。

コーンを置いてジグザグドリブル

ボールタッチで、ボールを扱う技術を身につけながら、相手を少しイメージしたドリブルもしていきましょう。

コーンを置くことで、ドリブルのコースを制限します。

そうすることで、自分が思うようにボールを運べる技術が身に付きます。

ジグザグドリブルでも、さまざまなところでボールを触りながらやっていきましょう。

実際に1対1をしてチャレンジする

ここまでは1人でもできる練習ですが、ここからは実際の相手と1対1をしましょう。

ボールを扱う技術が高くでも、試合で使えないと意味がありません。

1対1をすることで、実際の間合いや抜けるタイミングがわかるようになります。

ドリブルが上手くなりたいなら、どんどんチャレンジしてみましょう。

チャレンジをしてみて、上手くいったこと、上手くいかなかったことを分析して、また練習を繰り返していくだけです。

失敗を恐れて積極的にプレーしないよりも、失敗を恐れずに積極的に自分のドリブルをしましょう。

まとめ

サッカー初心者がドリブルが上手くなる3ステップを紹介してきました。

  • とにかくボールを多く触ること
  • 足のさまざまな場所でボールを触る
  • 実際に1対1をしてチャレンジする

サッカー初心者でも、自分がやるべきことを明確にできていれば、ぐんぐんドリブルが上達していきます。

まずは、たくさんボールを触ること。ドリブルの基礎を磨き、実際の相手で試してみる。

これをひたすら繰り返していけば、1ヶ月もあればドリブルが上手くなります。

「まだサッカーを始めたばかりだから、」と考えるのではなく、「Aくんよりも多くボールを触って上手くなるぞ!」とモチベーションを高く持って練習をしましょう。

グラウンドでも自宅でも、できるだけ多くの時間をサッカーボールと過ごすようにしましょう。

この記事を書いた人玉城 翔玉城 翔
サッカー歴は10年以上にもなり、県選抜候補に選ばれたことも。自身経験を活かし、地元の小学生に指導した経験も持っている
WooFoods初回LINE登録で30%OFFクーポン配布中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。