サッカーに必要な「ボールタッチ」と「判断力」をフットサルで磨きをかける

玉城翔 練習法

あなたは、なぜブラジルの選手が、素晴らしいテクニックを身につけていると思いますか。

  • サッカー王国で環境が整っているから
  • テクニックの練習しかしないから

このように思っているなら、答えは間違っています。

結論から言うと、『フットサル』をしているからです。

日本でもフットサルのプロリーグはありますが、どうしても「娯楽」のイメージが付いています。

  • 少ない人数でもできる
  • サッカー未経験でも楽しめる
  • 狭いコートだから良い運動になる

海外と比べると比較的遊びのイメージが強いフットサルですが、フットサルの魅力を知ることで、

  • ボールタッチ
  • 判断力

が、爆発的に伸ばせることができます。

サッカーが上手くなりたいなら、フットサルを上手くなることが成長への近道です。

それでは、なぜフットサルをおすすめするのかを解説していきます。

フットサルはボールを触る回数が多い

フットサルのコートは、サッカーのコートの大きさよりも7分の1のサイズです。

さらに、プレーする人数は10人(両チーム合わせて)なので、ボールを触る回数は必然的に多くなります。

それではボールを触る回数が増えると、何がいいのでしょうか。

答えはシンプルで、挑戦する回数が増えることです。

サッカーだと、ボールを触れない時間帯ができたりしますが、フットサルでは同じようなことが起こりません。

ミスをして落ち込む時間ができたり、「次こそは」とボールが待ち遠しいことが起こるサッカーです。

が、フットサルは考える時間がないほど、スピード感のあるゲームが行われます。

失敗しても、すぐに次の挑戦の機会が生まれます。

たくさんボールを触って、どんどん挑戦していきましょう。

狭いコートで「ボールタッチ」と「判断力」が伸ばす

フットサルはサッカーと比べて、コートが圧倒的に狭いのが特徴です。

コートが狭いと、人との距離感が近くなります。

ボールを受けても、すぐに相手のアプローチがくる。

だからこそ必要になってくるのが、

  • ボールタッチ
  • 判断力

です。

10cmのボールタッチのズレでもミスに繋が離ます。

また、相手が近いからこそ常に頭を動かさなければなりません。

1mmもズレないような繊細なボールタッチや、一瞬の隙のない判断力が身につきます。

フットサルは攻撃的な選手よりも、狭いスペースでよくボールを触る中盤の選手を急速に成長させてくれます。

雨の日はフットサル(室内練習)をしよう

雨の日は練習を休まずに、室内でフットサルをしましょう。

ただし、誰もが簡単にフットサルをできる環境がある訳ではないので、指導者は室内でフットサルができる環境を知っておくべきです。

雨の日は練習を休みにせず、フットサルをして充実したトレーニングを行いましょう。

フットサルのコートがなくても、普段の練習から狭いコートで練習する方法もありますよ。

日本全国的にフットサルができる環境が整っている

日本でもフットサル専用コートが増えてきて、気軽にフットサルができる環境が整っています。

たまにチームの練習をフットサルにしてみたり、フットサルの大会に積極的に参加することもおすすめです。

まとめ

サッカーをしていると多少のミスをしても気になりませんが、フットサルではほんの少しのミスでも命取りになります。

フットサルで身についた

  • ボールタッチ
  • 判断力

は、サッカー選手としての上達を急激にサポートしてくれます。

  • 繊細なボールタッチができるようになりたい
  • 細かいドリブルが上手くなりたい
  • 一瞬の判断力を身につけたい

このような事を考えているなら、積極的にフットサルをしてみましょう。

とにかくボールをたくさん触って、たくさん挑戦していきましょう。

この記事を書いた人玉城 翔玉城 翔
サッカー歴は10年以上にもなり、県選抜候補に選ばれたことも。自身経験を活かし、地元の小学生に指導した経験も持っている