【サッカー】壁当て対決で、楽しみながらスキルアップ!

スキルアップ パス シュート 練習法 トレーニング

今回も、楽しみながらスキル練習になる対決ゲームをご紹介したいと思います。

紹介と言ってもすでに取り入れている人も多いと思いますが、今回ご紹介する対決ゲームは“壁当て対決”です!

すでに、やった経験がある人のほうが多いかもしれないですが、あらためてやってみてください。

 

 

準備

ある程度大きなサッカー場やグラウンドなら、数字が書いてある壁があると思います。それがない場合は、壁やネットなどで代用してください。

壁の準備ができたら、壁までの距離を決めます。この距離によって、得られるスキルが変わってきます。

FKの精度を上げたければFKの距離で、ロングキックの精度を上げたければ、ある程度離れた距離からボールを蹴ります。

 

蹴るボールの数を、あらかじめ決めておきます。そして、蹴る場所も決めておきます。

これで、準備は完了です。準備が終われば、一緒に対決するメンバーで蹴る順番を決めます。

 

 

対決スタート

蹴る順番が決まれば、ゲームをスタートします。

壁に向かって、順番にボールを蹴っていきます。

 

蹴ったボールが壁に当たり、当たった場所の数字がその選手の得点になります。

これを蹴る回数分繰り返し、それぞれの合計得点で競います

もちろん、手前でバウンドしたりオーバーしてしまったら無得点になります。

 

 

楽しむだけではもったいない

ただ楽しんで対決するのもいいですが、対決する前に何を意識して蹴るのかということをゲーム前に決めておくと、楽しむ+練習になり一石二鳥の対決になります。

 

楽しみながら練習できるのが、一番早く上達すると思います。

一見、練習に感じないようなゲームでも、自分の意識次第でしっかりとした練習になりますので、何を意識すれば自分の成長のためにいいのかを考えながら取り組んでみてください。