【サッカー】キックコントロールが学べる対決ゲーム

スキルアップ 練習法 トレーニング

今回は、キックコントロールの練習にもなる対決ゲームをご紹介します。

 

概要

まず、ボールを蹴る場所を4つ用意します。

可能ならば、4つとも角度と距離がバラバラのほうがいいです。

 

そこから、ゴールネットに直接ボールを当てるように蹴ります。直接ゴールネットにボールが当たれば1点です。

 

手前でバウンドしたり、バーに当たる、ゴールをオーバーする場合は得点になりません。

そして、誰が一番合計得点が多いかを競います。

 

それぞれの場所から、1人2球ずつボールを蹴ります。

一人あたり合計8球蹴れるということです。なので、最高得点は8点になります。

 

 

意外と難しい

この対決ゲームは、思っているよりも難しいと思います。

少しの力加減によって、手前で跳ねてしまったりゴールをオーバーしてしまいます。

ロングパスやミドルシュートなどのキックコントロールを、体感で学べる良い対決ゲームだと思います。

 

また、角度別の自分の得手不得手が分かるかもしれません。

そういう意味では、キックコントロールだけではなく、自分の苦手な角度などを知ることもできると思います。

 

一緒に対決するメンバーも固定する必要はないので、2人で対決してもいいしもっと多い人数で対決してもいいと思います。

チーム戦なんかも面白いかもしれませんね。

 

また、蹴る回数も減らしても増やしてもいいです。

試合に近づけたければ1球のみでもいいと思います。