【サッカー】FWにオススメのフェイントテクニック

スキルアップ ドリブル 育成法 練習法 トレーニング

今回は、FWの選手にオススメのフェイントをご紹介したいと思います。

このテクニックは、試合の状況や相手DFの位置によって使い分けられるフェイントなので、参考にしてみてください。

 

フェイント1:シュートフェイント

シュートフェイントは、特にFWの選手が使うと効果的です。

今回は、足裏を使ったプルプッシュインフロントを使ったカットインのシュートフェイントを紹介していきます。

 

ペナルティーエリア内やゴール前で使えるのが、足裏を使ったシュートフェイントです。

やり方としては、シュートモーションから足裏でボールを止めることでDFのシュートブロックを誘い、なおかつGKのタイミングを外します。

そこから、すぐにボールを押し出しシュートコースを作って確実にゴールへと流し込みます。

 

次に、インフロントを使ったシュートフェイントです。

このテクニックは、ペナルティーエリア外からのミドルシュートや味方選手へのパスとしても使えます。

やり方としては、シュートモーションからインフロントに引っ掛けて中にカットインします。

 

 

この2つのフェイントに共通するのは、ゴールを見ることで相手選手をだますということです。視線をゴールに向けてシュートモーションに入ると、シュートを警戒して足を出してきます。

また、フェイントを活かすために何度かシュートを打っておくとより効果的に使えます。

 

フェイント2:ボディーフェイント

このテクニックはメッシが得意としていて、FWとしてシンプルにDFをかわすならこのフェイントがおススメです。

やり方としては、行きたい方向と反対に軸足を踏み込み、逆足のアウトサイドで斜め前に押し出します。

 

ポイントとしては、踏み込むと同時に肩を落とし込むことです。

そうすることで、相手DFを踏み込んだ方向に引き付けることができ、同時に次へのタッチを加速させることができます。

 

フェイント3:ビハインドターン

このテクニックは、相手DFを背負った状態で使えるテクニックです。

やり方としては、半身の状態でボールをキープして足裏でボールを引き、軸足の後ろでインサイドを使ってボールを弾き抜けだします。

 

ポイントとしては、ボールをキープする時に上半身を相手DFに預けることです。

そうすることで、相手DFとボールとの間に距離を作ることができます。

 

フェイント4:ダブルタッチ

ゴールを狙うFWとしては、一瞬で相手DFを抜き去るために覚えておいたほうがいいフェイントです。

やり方としては、インサイドのタッチで横にスライドさせて逆足のインサイドで前に運びます。

 

ポイントとしては、ボールを弾くのではなく軸足のジャンプと一緒に引っ張ることです。

ボールの軌道は、ファーストタッチは横、ツータッチ目は縦を意識するとスピードを落とさずにボールを運ぶことができます。

 

フェイント5:裏街道

最後のテクニックは、1タッチ裏街道です。

このテクニックは使える状況が限られていますが、これができれば1タッチでGKと1対1に持ちこめるテクニックです。

 

状況としては、DFラインが上がっていて相手GKとの間に大きなスペースがある時に使います。

やり方としては、ボールを受けにいきながらDFを引き付け、ボールが来たらつま先よりのアウトサイドでチップキックをします。

 

ポイントとしては、まず十分にDFを引き付けることと、チップキックでしっかりアウトサイドに引っ掛けスピンをかけることです。

そうすることで、ボールスピードをコントロールしつつ少し浮かせ、DFにカットさせづらくすることができます。