【サッカー】ゴールにつながる3つのターンシュートトレーニング

スキルアップ シュート 育成法 練習法 トレーニング

今回は前線の選手、特にFWの選手が意識して行うと、たくさん点が取れるコツをご紹介していきたいと思います。

 

前線の選手のボールの受け方は、たくさんあると思います。

例えば、裏に抜けて裏のスペースでボールを受けたり、下におりてパスを受けたりと状況に応じた受け方があると思います。

 

今回はその中でも、ゴールに背を向けた状態でパスを受けたときに、素早くゴールにつながるトレーニングを3つ紹介していきたいと思います。

 

 

トレーニング前に知っておくべきこと

まず初めに、これからご紹介する3つのトレーニング(ターンシュート)に共通するポイントを頭に入れながら、トレーニングを行ってください。

 

1つ目は、「ファーストタッチでゴールが決まる!」です。

というのは、このファーストタッチが足もとに入りすぎたりタッチが大きくなって流れてしまうと、シュートを打つまでに時間がかかりDFに寄せられたり、いい状態でシュートを打てなくなったりします。

 

逆にファーストタッチが上手く決まると、無駄なくスピーディーにシュートが打てたりコースを打ち分ける時間が作れたりします。

なので、このファーストタッチを丁寧にコントロールすることを心がけましょう。

 

 

2つ目は、「ボールを受ける前に首を振る」ということです。

これをするとしないでは、プレーを選択する幅が大きく変わります。

 

首が振れていないと、ボールを受けに行ってもDFのマークを外すことができずにパスが出てこなかったり、ボールを受けても上手いDFなら簡単に奪われてカウンターを受けることにも繋がります。

逆にこれができると、シュートという選択肢だけじゃなく、前を向いたときにドリブルを仕掛けることができたり味方選手へのパスを出すこともできるので、ぜひ周りの状況を確認するうえでも首を振る意識を持っておきましょう。

 

それでは、この2つを踏まえたうえで、トレーニングの紹介をしていきます。

 

 

STEP1:インサイドターン(ファーストタッチ)

ここでのポイントは、まずパスを受けに行く際にギリギリまで足もとにボールを引き付けることです。

そうすることで、相手DFにどこに行くのかを予想させづらくします。右に行くのか左に行くのか、はたまた下に落ちるのか。

 

次にボールコントロールでは、足首のひねりだけでボールの軌道を変えます。

一瞬で角度を変えることで、シュートコースを作りやすくします。

 

最後に、ターンからのシュートはできるだけ速く打ち切ることです。

そのためには、ファーストタッチが重要になるので、タッチをする足の方向・角度・強弱を意識して何度も繰り返し練習をしましょう。

 

POINT1:ギリギリまで足もとにボールを引き付ける

POINT2:足首のひねりだけでコースを変える

POINT3:ターン(ファーストタッチ)からのシュートは速く

 

 

STEP2:アウトサイドターン(ファーストタッチ)

ここでのポイントは、ボールを受ける前に身体の向きを一瞬、中に向けることです。

そうすることで、相手DFも中を警戒してズレてくるので、そこでズレたことによって生まれたスペースを使います。

 

これは、オフザボールの動きで、このプレーだけでなく相手DFの裏を突きたいときや駆け引きとしても使えるスキルです。

特にFWの選手やDFの裏を突きたい選手は、必要なスキルになるのでぜひマスターしてください。

 

そしてタッチの部分では、アウトサイドを使って斜め後ろにボールを流します。

タッチと同時に身体を反転させることで、一気にDFの背後を取ることができます。

 

POINT1;ボールを受ける前に一瞬身体を中に向ける

POINT2:アウトのタッチで斜め後ろに流す

 

 

STEP3:軸足フリックターン(ファーストタッチ)

ここでのポイントは、軸足の後ろでボールをコントロールするので、ボールはしっかり軸足より後ろに来てからインサイドではじくことです。

 

ボールが軸足と並行の状態ではじいてしまうと、軸足に当たってしまうので注意しましょう。

このタッチでは、ボールを押し出すよりもはじくイメージなので、タッチの強弱が大事になってきます。

 

何度も練習して、ベストな感覚を身につけましょう。

ここでも、タッチした後は素早くシュートに持ち込むことが大切です。

 

コツとしてはボールをはじくときに軸足は止まったままじゃなく、軽くジャンプしながらすると次の動作がスムーズに運べます。

 

POINT1:ボールは軸足より後ろを通す

POINT2:押し出すよりも弾くイメージ

POINT3:当たる瞬間、軽くジャンプすると次の動作がスムーズになる

 

 

 

いかがでしたでしょうか。

今回ご紹介したのは、3つのターンシュートでした。

 

このトレーニングで一番大切なのは、常にゴールを意識して自分が得点を取るんだという気持ちを持つことが大切になります。