【サッカー】シュート精度を高める2つの練習方法

シュート 練習法 トレーニング

今回は、シュートの精度を高める2つの練習法を紹介していきたいと思います。

 

サッカーは、ゴールを決めないと勝てないスポーツです。そのため、シュートの技術は重要です。当然、練習も必要になってきます。

 

そこで、今回は1人でもできるシュート精度を高める練習法を、紹介していきたいと思います。

 

 

TRAINING1:トラップ&シュート

まずは、トラップからのシュートです。

 

リフティングからでも良いですが、一度ボールを上に蹴って落ちてきたボールをワントラップ入れて、反転してシュートを打ちます。

この時、トラップが大きすぎて足元からボールが、離れすぎないようにしてください。

 

やり方としては、ゴールに背を向けた状態で上から落ちてくるボールを、ショートバウンドでトラップして反転してシュートを打ちます。もしくは、ゴールを向いた状態から、ショートバウンドしてトラップするでも大丈夫です。

 

ある程度形は自由でいいので、必ずトラップとシュートがセットになるようにしてトレーニングしてください。

大切なのは、トラップをしてから2タッチ目でシュートを打てるところに、ボールを収めるということです。

 

 

TRAINING2:ドリブル&シュート

このトレーニングでは、マーカーかマーカーの代わりになるものを2つ用意します。そして、それを少し間をあけて並べます。

 

少し離れたところから、このマーカーのところにドリブルで向かってきます。

このマーカーを相手DFと見立てて、何か1つフェイクを入れてシュートを打ちます。

 

この時入れるフェイントは、なるべくシンプルなものにしてください。

あくまで実戦に近いイメージでやると、ボディフェイクやシザースを入れてシュートなど、シンプルなフェイントの方が試合中は多くなると思います。

 

ここを躱した後にシュートまでが遅くなってしまうと、次のセカンドDFにボールを寄せられたり、シュートを打てなくなってしまうことが試合中だと多くなってくると思います。

ここではあくまでも、シンプルなフェイントを1つか2つ入れて、素早くシュートまでもっていくことを意識して取り組んでみましょう。

 

そして、試合中は限られた角度からしかシュートを打つことはありません。なので、真ん中や右斜めからなど、どこからでも良いシュートが打てるように、様々な角度から練習しておきましょう。

 

 

新サービス開始!サッカーレッスン動画が980円で見放題!

サッカーレッスン動画が月額980円で見放題

月額980円で
サッカーレッスン動画のすべてが見放題!

詳細はこちらをクリック!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。