【サッカー】無回転シュートを蹴る4つのコツ

シュート 練習法 トレーニング

今回は、無回転シュートの蹴り方をご紹介します。

 

今回ご紹介するポイントは、4つあります。

それらを、一つ一つ見ていきましょう。

 

 

①ミートする足の部位

人によって蹴り方はそれぞれあると思いますが、今回はインサイドを使います。

くるぶしの下から少し横にズレた位置に、ミートさせます。

 

くるぶしの少し下がボールの真ん中に当たって、そのまま「押し出す」イメージです。

また、身体全体でボールを押し出すイメージも、持ちながら行います。

 

・蹴った後は、軸足も前に運ぶ。

 

 

②ボールの蹴り方

ボールを蹴るというよりは、ボールとの接触時間をなるべく長くして、ボールを押し出すイメージです。

※ボールを捉えるポイントは、中心よりも少し下になります。

 

ボールに足を当てたら、できるだけボールを長く押し出します。

 

この際に、足の向きが変わらないように、足は固定したまま蹴ります。

当たった瞬間から離れる瞬間まで、足首は固定するイメージで蹴ります。

 

・足首は最後まで固定したまま、ボールの中心よりも少しだけ下を蹴る

 

 

③足の形(スパイクの中)

インサイドでミートする瞬間に、普通に蹴る時と違ってスパイクの中は指を丸めてグーにします。

 

ボールを捉えた後も、足の角度は固定したままで振り切ります。

この時に足がブレないようにするために、指を丸めて足首を固定することを意識してください。

 

・スパイクの中はグーで蹴る

 

 

④軸足の位置

軸足を置く位置についてですが、ボールの真横に置きます。

そこからインサイドで、コンパクトに押し出すイメージです。

 

・軸足はボールの真横

 

 

まとめ

1:ミートはくるぶしの下

2:ボールの中心の少し下を押し出すイメージ

3:スパイクの中は「グー」で足首を固定する

4:軸足はボールのすぐ真横

 

 

無回転シュートの注意点

無回転シュートは、枠に飛べばどうブレるか分からない球になるので、練習しておくととても武器になると思います。

 

ただし注意があります!

無回転シュートを蹴ると、どうしても内転筋(太ももの内側の筋肉)をかなり使います。ですので、やりすぎには注意してください。

 

特に小学生や中学生、高校生も含めてですが、まだ身体が成長期にある子どもたちにとって、かなり負担がかかる練習になると思います。

 

練習終わりに10~15本だけ蹴ってみるなど、ある程度制限を付けてやったほうが良いと思います。

 

小学生はフリーキックよりも、「止める」「蹴る」「運ぶ」の技術をしっかり身につけるほうが将来的には良いと思うので、これからもそこの技術は磨き続けてください。

 

 

 

新サービス開始!サッカーレッスン動画が980円で見放題!

サッカーレッスン動画が月額980円で見放題

月額980円で
サッカーレッスン動画のすべてが見放題!

詳細はこちらをクリック!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。