【サッカー】逆足を使えるようになる練習方法“ドリブルタッチ・ゴールタッチ・パス編”

スキルアップ ドリブル パス シュート トラップ 育成法 練習法 トレーニング

今回は、こちらの記事の続きになります。

 

 

STEP3:逆足でのドリブル・ゴールタッチ感覚

 

このトレーニングも、すべて逆足で行います。

マーカーがあればマーカーを、なければ代わりになるものを準備します。

そして、マーカー2つを間隔をあけて置きます。

 

マーカーを並べたら、まずは、直線ドリブル&ターンをやります。マーカー間を、ボールタッチしながらドリブルし、ターンをしてドリブルをします。これの繰り返しです。

 

注意点は、ボールタッチを大きくするのではなく、常に細かく行います。

 

次は、八の字ドリブルを行います。

マーカー間を、インサイドとアウトサイドを上手く使いながら、細かくタッチしていきます。ボールタッチを細かくするため、軸足も細かくステップしていきます。

 

この、八の字ドリブルが上手くできるようになってくれば、シザースや足裏ロールなど、テクニックを織り交ぜながらやってみてください。

特に決まりはないので、色々なテクニックを入れて練習してみてください。

 

ここでも、テクニックを入れるのに使うのは逆足だけです。

テクニックはたくさんの種類があるので、少しずつ左足が使えるようになってきたら、チャレンジしてみてください。

STEP3のドリブルのトレーニング目安は、5分です。

 

 

STEP4:パス

公園などで行っても大丈夫ですが、壁が必要になります。もちろん、友達や親と練習するなど2人1組でもできます。

 

やり方自体はとても簡単です。

 

まずは、インサイドでボールを壁に向かって蹴り、跳ね返ってきたボールをトラップします。そして、またインサイドでボールを蹴り、跳ね返ってきたらトラップで止めてまた蹴る。これの繰り返しです。これも逆足のみ使います。

 

これを繰り返していくうちに、軸足を上手く使って逆足だけで、パスとトラップができるようになります。跳ね返ってくるボールが横にズレたとしても、軸足でステップして逆足でトラップします。

 

このパス→トラップ→パス→トラップに慣れてきたら、次はダイレクトに行います。

 

インサイドだけを使って、跳ね返ってきたボールをダイレクトで返します。これの繰り返しです。これも、逆足だけを使ってパスを出します。

ですので、軸足のステップがポイントになります。この形でダイレクトパスを練習していきます。

 

このダイレクトパスにも慣れてきたら、応用としてロングパスにもチャレンジしてみてください。できれば、友達とロングパスの練習をしながらやったほうが、トラップの練習にもなるのでいいと思います。

 

もし、一人でやる場合は壁やフェンスに向かって蹴るのもOKです。

これも同じように逆足だけで蹴ってみてください。できればトラップも逆足で行うようにしてみてください。

 

最初は近い距離から始めて、慣れてきたら少しずつ距離を伸ばしてみてください。

この逆足でロングボールを蹴る時に大事なポイントが、利き足と同じフォームを意識することです。

STEP4のパスは、約10分を目安に取りくんでみてください。

 

 

今回ご紹介した練習メニューは、1日30分でも実践してもらえれば十分です。

これを、毎日やれば2週間で、成果が出始めると思います。

 

ただ、1番難しいのは続けることですよね。

続けることって、とてもパワーがいります。

 

なので、30分を目安にしていますが、もし時間がなければ、15分でもいいので続けてみるようにやってみてください。

 

利き足だけではなく、逆足でも器用に蹴れるようにったり運べるようになれば、プレーの幅が広がりサッカーがより楽しくなります。今回の記事が、少しでも参考になればうれしいです。

 

 

LINE友達登録で50%OFFクーポンプレゼント!

急に伸びる子が続出している理由はコレでした!LINEで友達になって、ビギナーでも上級者の動きに代わる、サッカー上達DVDを半額で学べる方法はこちら

サッカー上達塾がLINE公式アカウントを開設! 開設を記念して、新規友だち登録キャンペーンを開始します!

LINEの新規友だち登録をしていただくと、サッカー上達塾で使えるクーポンをお渡しします! このクーポンを使うと…すべてのサッカー・フットボールDVD教材の中から、お好きなDVDおひとつを半額で手に入れていただけます。

詳細はこちらをクリック!