PKに強い選手になる方法

スキルアップ 戦術 メンタル

今回ワールドカップでは、試合でのPKやPK戦での決着が多かったです。

PKは運の部分も大きいですが、それでも、準備や心構えで成功率を上げることは可能です。

そこで今回は、PKに強い選手になる方法、というテーマを話をしたいと思います。

コースを決めて蹴る方法

まずPKの蹴り方として、キーパーの動きに関係なく、コースを決めて蹴る方法があります。

その時に重要になるのが、蹴るコースです。

そして、それは大きく分けると、以下の4つになります。

  • 左右上
  • 真ん中上
  • 真ん中下
  • 左右横

左右上

このコースは、最も高確率で決まるコースと言えます。

なぜなら、物理的にキーパーの届かない位置だからです。

ある程度力のあるボールであれば、横にとんだキーパーが高いボールに手を伸ばして止めるのは、ほぼ無理です。

ただし、このコースは外す可能性も高いです。

高めに狙うので、狙いを外してしまうと、上へ外してしまうリスクがあるからです。

実際に、イングランドのケインは、試合中のPKを左上へ外しています。

もし、キックに自信がある選手なら、このサイドの上に蹴るのが最も高確率のPKです。

真ん中上

真ん中上のコースも、決まる確率の高いコースです。

基本的にキーパーは、左右どちらかを読んで飛ぶので、真ん中はガラ空きになりがちです。

技術的にもまっすぐ蹴るだけなので、難しくはありません。

この真ん中上へのキックは、課題が二つあります。

一つは、上に蹴るので、上に外す可能性が高くなることです。

もう一つは、キーパーが真ん中を読んでいて、動かなかった場合、簡単に止められてしまうことです。

このキックは、今回のワールドカップに出場はしてませんが、本田圭佑選手が得意なコースでした。

真ん中下

真ん中下のコースも真ん中上のコースと同じような特徴があり、比較的入りやすいコースと言えます。

ただし、このコースは上に外す可能性は低いですが、左右に飛んだキーパーの残った足に引っかかる可能性があります。

なので、よりタイミングを外したキックが必要となります。

ワールドカップでは、アルゼンチンのディバラが、決勝戦のPKでこのキックを使っています。

左右横

左右横のコースは、PKでは一番オーソドックスなコースです。

左右のキックは、蹴りやすい反面、キーパーが飛んだ形にハマりやすいので、止められやすい傾向があります。

それでも、キーパーの立場から考えると、左右2分の1の確率と、速いキックをした場合を考えると、止めるのは難しいです。

この場合、キーパーの質もかなり関係してきます。

相手キーパーがPKに強いキーパーかどうかで、左右横のコースを蹴るかどうか決めましょう。

ワールドカップでは、日本代表はこのコースで3本止められていますが、エンバペは決勝でこのコースを決めています。

レベルが上がると、キックの強さと正確さによって変わる部分もあります。

相手の動きを見て蹴る方法

相手の動きを見る方法は、蹴るギリギリまで相手ゴールキーパーの動きを見て、キーパーが動いた逆に蹴ります。

この方法は成功すれば、ほぼ確実にゴールが決まります。

ただ、この方法は、技術的にも難しいですし、そもそも相手が動かなかったら、こちらが動揺してしまうので、メンタル的にもハードルが高いです。

ただ、メッシはこの蹴り方で決勝でPKを決めています。

技術とメンタルに自信のある選手は、この方法を磨いてみるのも良いでしょう。

まとめ

PKは入るのが当然と思われがちですが、100%の確率で決めることは難しいです。

ただ、準備と心構えで入る確率を上げることはできます。

確実に入るコースはありますが、そこは外すリスクがあります。

外しにくいコースはありますが、キーパーに止められる可能性も高まります。

この辺りは、個人でバランスをとる必要があります。

自分の技術とメンタルを考えて、どのコースかを決めて、練習しましょう。

また、相手キーパーの力やチームの状況によっても、選ぶコースは変わってくるので、いくつかのコースを蹴れるようになっておきましょう。

今回の記事を参考に、ぜひPKに強い選手になってください!

 

WooFoods初回LINE登録で30%OFFクーポン配布中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。