ゴール前で仕掛ける選手になろう

スキルアップ 戦術 武内颯馬

ワールドカップでの日本代表の活躍、すごいですね。

強豪相手にも、堂々とサッカーをしています。

特に印象的なのが、ゴール前での仕掛けに迫力があること、です。

ゴール前の迫力が、そのまま日本サッカーの勢いとなっています。

そこで今回は、このゴール前で勝負すること、について紹介したいと思います。。

ゴール前で仕掛ける3つのメリット

ゴール前で仕掛けることは、一見当たり前のように思われますが、仕掛けずに相手のディフェンスラインの外で無駄にボールを回してしまうことは、よくあります。

仕掛けると、その分ボールを失うリスクも高くなります。

そのリスクを恐れて仕掛けない傾向の選手は、けっこういます。

そこで、ゴール前で仕掛けるメリットとして、以下の3つを挙げます。

  • 点が入りやすい
  • ボールを失ってもピンチになりにくい
  • リスクなしでは崩せない

点が入りやすい

当然のように、ゴール前でプレーすると、点が入りやすいです。

距離が近いからシュートを止めにくい。

そして、意図したシュートでなくてもディフェンダーに当たったり、味方に当たったりして入る可能性もあります。

また、仕掛けることでファールをもらったり、敵がハンドをすると、ペナルティエリア内ならPK、ペナルティエリア外でもフリーキックのチャンスになります。

ゴール前で勝負することは、大きなチャンスであり、相手も嫌がることなのです。

ボールを取られてもピンチになりにくい

相手ゴール前でボールを奪われたとしても、味方ゴール前までは距離があります。

その間に相手の攻撃を遅らせれれば、守備の陣形を作ることができます。

ボールを失う場所がもし、ゴール前ではなく、中盤や味方ゴール前ならば、一気にピンチに陥ります。

そう考えると、相手ゴール前は、ボールを奪われてもまだ余裕があります。

仕掛けることは、ボールを失うリスクはありますが、場所を考えると失点の可能性は低いです。

リスクなしでは崩せない

ゴール前は、当然ながら相手が必死に守っています。

それを崩すには、きれいに崩したり、成功率の高いプレーばかりでは、崩せません。

ボールを奪われるリスクをとって、チャンスを作らなければなりません。

それには、ピッチ全体を同じようにプレーするのではなく、ゴール前に力を注力した方が効率的です。

リスクを取って、しっかりとリターンを得る行動が仕掛けるということです。

ゴール前で仕掛けないデメリット

仕掛けずにボールを回して、様子を伺うこともできます。

では、仕掛けないと何が起こるか。

次の2点のことが起こります。

  • ダラダラした展開になる
  • 自分の力を発揮できない

ダラダラした展開になる

よく見る展開が、ゴール前でパスを回すだけで時間を浪費してしまうことです。

そして、サイドから単純なクロスを送っても相手が準備できているので、簡単にクリアされてしまいます。

相手が逃げ切りにはいった場合は、最悪な展開と言えるでしょう。

ゴール前で仕掛けないと、こういったパターンにハマりやすいです。

個性を発揮できない

攻撃的な選手にとって、ゴール前で仕掛けないと、自分の個性が発揮できません。

ゴール前より後ろのエリアでは、基本的には、簡単につないで、ゴール前に運ぶことが求められます。

しかし、つなぐだけだと、シュート、ドリブル、スルーパスといった決定的なプレーはできません。

つまり、個性が失われてしまうのです。

仕掛けない理由と対策

ゴール前で仕掛けることができない理由の一つは、味方に遠慮してしまうことです。

そして、その対策としては、理論と強い気持ち、です。

味方に遠慮してしまう

ゴール前で勝負しない理由の一つとしては、味方に遠慮してしまうことです。

もし、自分のところでボールを取られたり、ミスをしたらと思うと消極的になります。

そう考えてしまうと、自分で仕掛けるよりも、周りにパスを回す選択肢を選んでしまいます。

理論と強い気持ち

この遠慮や消極的になってしまう対策としては、まずは、理論を持つことです。

ゴール前では仕掛けることが大切であり、リスクは少ないということ、を基本的な考えにします。

そして次に、失敗を恐れずにチャレンジする強い気持ち、を持つことです。

その理論と気持ちの両方を持てれば、思い切って仕掛けることができます。

まとめ

今回は、ゴール前で仕掛ける選手になろう、というテーマで話を進めました。

ゴール前で仕掛けるメリットは、3つあります。

  • 点が入りやすい
  • ボールを失ってもピンチになりにくい
  • リスクなしでは崩せない

そして、ゴール前で仕掛けないデメリットは、以下の2つです。

  • ダラダラした展開になる
  • 個性を発揮できない

最後に、仕掛けれない理由として、味方に遠慮してしまうこと、そしてその対策として、理論と強い気持ちを持つこと、を提案しました。

ゴール前で仕掛けれる選手は、チームを勝利に導ける選手です。

今回の記事を参考に、ぜひ、ゴール前で仕掛けれる選手になってください!

 

この記事を書いた人武内颯馬武内颯馬
サッカーを小学生からはじめ、中、高校、大学と部活動に参加する。社会人では市リーグに所属し、サッカーを続ける。社会人になってからは、フットサルもプレーする。様々なチームでプレーする中で、指導的な立場も経験し、その中で上達法や楽しみ方などを伝えるようになる。40代2歳息子の父。主なポジション:ハーフ、サイドバック、好きな選手:イニエスタ、メッシ、好きな監督:岡田武
WooFoods初回LINE登録で30%OFFクーポン配布中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。