良いパスの受け方6つのステップ

スキルアップ トラップ 戦術

試合を見ていると、良い選手だな、と思う選手は、良いパスの受け方ができている、ということがあります。

そこで今回は、良いパスの受け方をする方法、を6つのステップに分けて紹介します。

良いパスの受け方6つのステップ

今回はパスの受け方を、以下の6つのステップに分けています。

  • 試合展開を把握する
  • 自分がしたいプレーを選択する
  • 味方の位置を確認する
  • 敵の位置を確認する
  • フェイントをかけてボールを受けにいく
  • ゴールに正対してボールをうける

それぞれ、説明していきます。

試合展開を把握する

自分がボールを受ける時には、試合展開全体がどういう状況になっているのかを理解しておくことが重要です。

まだ自陣でボールをつなぐ段階なのか、それともアタッキングゾーンでゴールを狙っている段階なのか。

それによって、相手のプレッシャーの強さや選ぶべき選択も変わってきます。

まずは、試合展開を把握しましょう。

自分がしたいプレーを選択する

全体の流れの中で自分がしたいプレーを決めます。

つなぎ役か、ドリブル突破なのか、アシストやシュートの最終局面を担うのか。

もちろん、ボールを受ける前には、状況は刻々と変わっていくので、いくつかの選択肢を持つ必要はあります。

しかし、自分のしたいプレーをイメージして、ボールを受けると次のプレーがスムーズに移れます。

味方の位置を確認する

自分のやりたいプレーがイメージ出来たら、味方の位置を確認します。

パスコースやフィニッシュにつながるポジションを前もって確認しておくことで、プレーの成功率が高まります。

意外と考えられていないのは、思ったプレーが出来なかった場合の選択肢です。

もし、前に進められなかったら、バックパスをするための味方がどこにいるか確認する必要があります。

パスコースがなければ、キーパーを使うことになるかもしれません。

うまくいかなくなってから慌ててコースを探すと、カウンターの形でボールを奪われ、大ピンチにもなりかねません。

また、もし、自分がボールを奪われたと想定して、後方に味方がいなければ、無理をしないようにしなければなりません。

成功も失敗も想定しながら、味方の位置関係を確認しましょう。

敵の位置を確認する

味方の位置を確認したら、次は敵の位置を確認します。

まずは自分のマークがいるかどうか。

自分のマークがいれば、そのマークから距離をとらないとパスがもらえないですし、ボールがきても、取られてしまいます。

なので、まずは敵マークの位置を見ます。

次に、周辺の敵の位置関係を見ます。

周囲の敵の位置がわかっていれば、パスコースが見えてくるからです。

パスコースが見えていれば、実際にボールを受けた時にスムーズなオフェンスを仕掛けられます。

まずは、自分のマーク、それから周辺の敵の位置を確認しましょう。

フェイントをかけてボールを受けにいく

自分に敵のマークがついている場合は、ボールを受ける前に、フェイントを入れると良いです。

なぜなら、敵のマークがフェイントにひっかかると、重心が変わるので、プレスが遅れるからです。

その一瞬の遅れで、ボールを受ける選手は余裕を持つことができます。

使うフェイントは、複雑なものではなく、行きたい方向と逆に動くなどのシンプルなもので良いです。

ポイントとしては、一瞬意識を逆に持たせることです。

ゴールに正対してボールを受ける

ボールを受ける時は、なるべくゴールに正対した状態でボールを受けましょう。

なぜなら、ゴールに対して正対すると、左右に展開できるからです。

逆に、ゴールに対して横向きや後ろ向きに受けてしまうと、展開が限定されて、相手のプレスを受けやすくなります。

また、正対する姿勢を作るには、ボールの受ける足は、ボールが来る方向と逆の足を使うことがポイントです。

そうすることで、体の向きを自然に作れるし、トラップした足を軸足にして、逆サイドに蹴ることができるからです。

まとめ

今回は、効果的にボールを受け方の6ステップについて紹介しました。

  • 試合展開を把握する
  • 自分がしたいプレーを選択する
  • 味方の位置を確認する
  • 敵の位置を確認する
  • フェイントをかけてボールを受けにいく
  • ゴールに正対してボールをうける

これらのステップを踏むと、良い状況でボールを受けることができ、良い展開につなげることができます。

今回の記事を参考にして、ぜひ良い展開ができる選手になって、チームに貢献してください!

 

この記事を書いた人武内颯馬武内颯馬
サッカーを小学生からはじめ、中、高校、大学と部活動に参加する。社会人では市リーグに所属し、サッカーを続ける。社会人になってからは、フットサルもプレーする。様々なチームでプレーする中で、指導的な立場も経験し、その中で上達法や楽しみ方などを伝えるようになる。40代2歳息子の父。主なポジション:ハーフ、サイドバック、好きな選手:イニエスタ、メッシ、好きな監督:岡田武
WooFoods初回LINE登録で30%OFFクーポン配布中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。