フォワードは強気にシュートを打とう

スキルアップ シュート 武内颯馬

先日、試合を見ていると、シュートを打ったフォワードに対して、

  • 「強引にいくな」
  • 「周りを使え」

という声を聞ききました。

たしかに周りを使うことは大切ですが、シュートチャンスにシュートを打たないフォワードが、果たして得点を取ることができるのでしょうか。

得点を取りたいならば、多少強引にでも強気にシュートを打つべきです。

今回は、フォワードが強気にシュートを打つこと、について紹介していきます。

強気にシュートを打つとは

今回、「強気にシュートを打つ」とは、シュートレンジに入った時に、強引にでもシュートを最優先にして、パスやドリブルをなるべく選択しないプレー、と定義します。

決定力のあるフォワードになるためには、この姿勢が必要だと思います。

強気にシュートを打つべき4つの理由

では、強気にシュートを打つべき4つの理由について述べていきます。

  • 1点が貴重
  • シュートを打たないとゴールは入らない
  • 狙った以外のゴールが生まれる
  • 怖さがでて他が空く

1点が貴重

サッカーは点の入らないスポーツです。

なので、1点の価値がとても重いです。

フォワードの選手にとっては、試合を通して良いプレーができなくても、1点とれば良い仕事をしたことになります。

10本打って1本しか決まらなくても、その1本にすごく価値があります。

なので、フォワードは失敗数をカウントして消極的になるのではなく、強気にシュートを打つべきなのです。

シュートを打たないとゴールは入らない

サッカーでは、シュートを打たないと、ゴールは入りません。

パスやドリブルを選択しても、ゴールの可能性はありません。

確かに、他の味方へのアシストするプレーも場合によっては、必要です。

でも、アシストの先には誰かがシュートをするプレーが含まれます。

フォワードという役割を与えられた以上、得点を取るために、シュートというプレーを最も多く選択しないといけません。

狙った以外のゴールが生まれる

サッカーでは、狙った以外の形からでもゴールが生まれることは多いです。

例えば、以下のような可能性があります。

  • 相手キーパーがミスをする
  • 敵ディフェンダーに当たってゴールになる
  • シュートのつもりが絶妙のアシストになる

でも、これらはシュートをすることで生まれる可能性です。

なので、必ずしも自分のイメージ通り完璧な状況ではなくても、シュートを打つことは何かを起こすことができるのです。

怖さがでて他が空く

強気にシュートを打つ選手は、敵ディフェンダーにとっては、怖い存在です。

なぜなら、ディフェンダーは、シュートによって何かが起こることを感じているからです。

なので、強気にシュートを打つ選手には、マークが集中します。

マークが集中すると、他の選手が空くようになります。

強気にシュートを打つ選手がいることは、チームにとってもメリットが大きいのです。

強気にシュートを打てない理由

では、なぜ、強気にシュートを打てる選手は少ないのでしょうか。

3つの理由が考えられます。

  • 相手につぶされる
  • フリーの味方を使えない
  • 味方からのサポートが減る

相手につぶされる

ゴール前はプレッシャーの強いエリアです。

強気でいくと、つぶされる可能性も高いです。

なので、周囲はボールを奪われないように、パスを回すように指示してきます。

その周囲の意見に屈してしまうと、強気でシュートを打つことはできなくなります。

フリーの味方を使えない

フォワードが強気でシュートを打つことは、その分視野を狭くします。

結果、フリーの味方が使えなかった、という状況も起こります。

もったいないですが、強気にシュートを打つと、そのようなリスクもあります。

味方からサポートが減る

フォワードが強気にシュートを打つと、味方からすれば、サポートしてもパスが来ない気がしてきます。

なので、味方のサポートを積極的に受けられなくなる可能性がでてきます。

当然、味方のサポートがなければ、ボールも受けれなくなり、シュートを打つ機会も減る、という悪循環に陥ります。

強気にシュートを打てるようになるには

強気にシュートを打つことは、良いことですが、その弊害もあります。

では、どうすれば、強気にシュートを打てるようになるのでしょうか。

最も大事なことは、強気にシュートを打っても、周囲に納得してもらえる雰囲気を作ることです。

そのためには、以下の2点が重要です。

  • 結果をだす
  • コミュニケーションをとる

結果をだす

強気にシュートを打って、実際に決めることが多くなれば、周りの選手も納得してプレーを合わせるようになります。

ゴールという結果をだすことが、最も説得力のある表現です。

コミュニケーションをとる

雰囲気を作るのに、結果を出すことが最も良い方法ではありますが、毎回毎回ゴールを決めることは難しいことです。

そういう場合は、事前に周囲に自分の考えを伝えましょう。

ゴールを取るために強気にシュートを打つ、という考え方を伝えます。

もし、わかってもらえなければ、このプレースタイルを貫くことはできません。

リスクを意識しすぎている

フォワードの選手を見ていると多くの選手が、シュートを打つ、ことに関して、リスクを意識しすぎているように感じます。

このことは、社会的な要素も関連しているかもしれません。

  • 個人プレーを嫌がる
  • 失敗を恐れすぎる
  • 周囲を気にしすぎる

極端に言えば、そういった風潮がフォワードのプレーに影響しています。

ゴールを奪うためには、もっと強気にシュートを打つことのメリットに目を向けるべきです。

シュートを打つことに対する価値を変えていかないと、良いフォワードになれないし、良いフォワードが育たないです。

まとめ

今回は、強気にシュートを打つ、ことの大切さについて紹介しました。

フォワードなら、とにかく強気にシュートを狙っていきましょう。

場合によっては、他の選択肢も必要になりますが、得点を取るためには、基本姿勢として、シュートを打つことが最優先事項です。

また、この考え方に関して、周囲と意見がくい違うこともでるかもしれません。

そのような時は、まずはプレーで示し、それでもダメならコミュニケーションをとる、という方法をとりましょう。

今回の記事を参考にして、ゴールを量産するような、怖いフォワードになることを期待しています!

 

この記事を書いた人武内颯馬武内颯馬
サッカーを小学生からはじめ、中、高校、大学と部活動に参加する。社会人では市リーグに所属し、サッカーを続ける。社会人になってからは、フットサルもプレーする。様々なチームでプレーする中で、指導的な立場も経験し、その中で上達法や楽しみ方などを伝えるようになる。40代2歳息子の父。主なポジション:ハーフ、サイドバック、好きな選手:イニエスタ、メッシ、好きな監督:岡田武

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。