股抜きシュートでゴール確率を上げよう

スキルアップ シュート 武内颯馬

試合中、せっかくゴール前でボールを受けても、目の前のディフェンダーにシュートブロックされることが多くて、悔しい思いをしていませんか?

もし、そんな選手が股抜きシュートを身につけたら、ゴールの確率は一気に上がります。

それで今回は、股抜きシュートのメリットとコツを紹介したいと思います。

股抜きシュートとは

股抜きシュートとは、文字通り相手の股を抜くシュートです。

ただ、股を抜くといっても、立っている相手の股を抜くのではなく、シュートブロックにきた相手の足の下のスペースを通して、シュートをします。

この股抜きシュートは、偶然に起こることもありますが、敢えて狙うことでゴール数を増やすことができます。

股抜きシュートのメリット

股抜きシュートのメリットは、次の4つです。

  • ディフェンダーを完全にかわさなくて良い
  • スペースがなくてもシュートできる
  • キーパーの逆をとれる
  • 強いシュートでなくても良い

以下、説明していきます。

ディフェンダーを完全にかわさなくても良い

又抜きシュートは、相手ディフェンダーがブロックにきても、その足の下を抜いてシュートにいくので、相手を完全にかわす必要はありません。

相手を動かしてスペースを少し作るだけで、シュートまでもっていけます。

例えば、ゴール前で1対1の強いディフェンダーをドリブルやフェイントでかわすことは、難しいです。

そんな相手に対しても、抜かなくて良い股抜きシュートは効果的です。

スペースがなくてもシュートできる

ディフェンダーを完全にかわさなくて良いことと関連して、抜かなくても良いということは、スペースが少なくてもシュートができるということです。

例えば、ディフェンスが強い相手でなくても、ペナルティ内で複数のディフェンダーに囲まれるとスペースがとても少なくなります。

しかし、股抜きシュートを身につければ、ディフェンダーの数ほど、シュートコースがあることになります。

スペースがない中で股抜きシュートができることは、数的有利を跳ね返すチャンスになるのです。

キーパーの逆をとれる

股抜きシュートは、上手く利用すれば、相手キーパーの逆をとることができます。

基本的にキーパーは、空いているコースを優先的に防ぐことを考えます。

その時に、シュートブロックをしているディフェンダーがいるコースは、優先度は低いです。

股抜きシュートは、そのディフェンダーがいるコースを突くので、キーパーの反応は遅れます。

また、股抜きシュートはキーパーから見ると、ディフェンダーと重なって見えるので、シュートモーションが見えづらいです。

以上のことから、キーパーにとって股抜きシュートは、かなり止めにくいシュートだと言えます。

強いシュートじゃなくてもゴールできる

キーパーの逆を取れることと関連して、股抜きシュートは必ずしも強烈なシュートでなくても、ゴールできます。

キーパーの逆をついたり、見えにくかったりすることでゴールできるので、たとえ強烈なシュートが打てない選手でも、ゴールの確率が上がります。

股抜きシュートのコツ

次に、股抜きシュートの3つのコツを紹介します。

  • ディフェンダーをずらす
  • 直前でコースを変える
  • ゴールに近づく

ディフェンダーをずらす

良いディフェンダーは、股抜きシュートにも対応した守り方をします。

なるべく股のスペースを通されないように、ディフェンスをするのです。

そんなディフェンダーから股抜きシュートを決めるには、相手をずらさなければなりません。

相手に、「シュートブロックしないとヤバイ」、と思わせることで、ディフェンダーの股が空きます。

そのためには、

  • スピードでずらす
  • フェイントでずらす

の2つの方法があります。

ディフェンスの余裕をなくすようなプレーをしましょう。

直前でシュートコースを変える

股抜きシュートをするためには、普段の練習で、直前でシュートコースを変える練習をしておきましょう。

直前でコースを変えることができると、ブロックした相手の股のコースを狙えるからです。

具体的に例を挙げると、ペナルティ内の左サイドから右足でファーに狙うとします。

ディフェンダーは、左足でそれを防ごうとします。

その状態で、キック直前にコースをニアに変更し、股を狙うのです。

ここで大切なのは、直前でコースを変える技術です。

蹴り方は、インフロントからより内側の部分を使って、ボールを抑えるイメージで蹴ると、良いシュートが打てます。

シュートの威力は強いに越したことはないですが、それよりも狙ったコースに変えることが大切です。

ゴールに近づく

股抜きシュートは、ゴールに近づけば近づくほど効果があるので、なるべくゴール前で勝負することを意識しましょう。

なぜなら、ディフェンダーもキーパーも余裕がなくなってくるからです。

余裕がないと股が空きやすくなります。

また、股抜きシュートは強いシュートにはならないので、近い方がシュートが入りやすくなります。

まとめ

今回は、股抜きシュートについて紹介しました。

股抜きシュートのメリットは、以下の4つ。

  • ディフェンダーを完全にかわさなくて良い
  • スペースがなくてもシュートできる
  • キーパーの逆をとれる
  • 強いシュートでなくても良い

そして、股抜きシュートには、3つのコツがあります。

  • ディフェンダーをずらす
  • 直前でコースを変える
  • ゴールに近づく

股抜きシュートは、毎回うまくいくようなシュートではありません。

それでも、股抜きシュートを選択肢にいれることができれば、決定力は必ずアップします。

ぜひ股抜きシュートを身につけて、決定力を上げてください!

 

この記事を書いた人武内颯馬武内颯馬
サッカーを小学生からはじめ、中、高校、大学と部活動に参加する。社会人では市リーグに所属し、サッカーを続ける。社会人になってからは、フットサルもプレーする。様々なチームでプレーする中で、指導的な立場も経験し、その中で上達法や楽しみ方などを伝えるようになる。40代2歳息子の父。主なポジション:ハーフ、サイドバック、好きな選手:イニエスタ、メッシ、好きな監督:岡田武

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。