チップキックシュートでキーパーとの1対1に強くなろう

スキルアップ シュート

ディフェンスラインの裏に抜け出したフォワードにスルーパスが通ったけど、飛び出したキーパーに当ててしまい、ゴールを逃す。

試合でよく見るシーンの一つです。

フォワードにとってキーパーとの1対1は、大チャンスではありますが、これを確実に決めるのは簡単ではありません。

なぜなら、敵キーパーが最も集中して対応するプレーの一つだからです。

こんな時、身につけておくと効果的なのがチップキックシュートです。

チップキックシュートができるフォワードとそうでないフォワードは1対1へのメンタルも変わってくると思います。

そこで今回は、キーパーとの1対1で強くなるチップキックシュートについて紹介します。

 

チップキックシュートとは

チップキックシュートとは、シュートブロックにきたキーパーを浮かしたボールで交わすシュートスキルです。

チップキックシュートが特に印象的な選手は、メッシ選手です。

彼はそのドリブルやコンビネーションでディフェンスラインを突破した後に、数えきれないほど、このチップキックシュートを決めています。

チップキックシュートで選択肢を増やす

チップキックシュートが使えるようになると、キーパーとの1対1で有利になります。

なぜなら、1対1で勝負する選択肢が増えるからです。

シュートを流し込んだり、ドリブルで抜いたりするのに加えて、チップキックシュートを身につければ、敵キーパーが止めるのは非常に難しくなります。

チップキックシュートは、キーパーとの1対1に、ぜひ身につけておきたいスキルです。

なぜチップキックシュートは効果的か

チップキックシュートが効果的な理由は、主に2つあります。

  • 競り合い中に打てる
  • コースが読まれにくい

競り合い中に打てる

チップキックシュートは、小さなモーションで打つことができます。

なので、ドリブルやトラップの流れの中で打てます。

そのことで、敵キーパーや敵ディフェンダーが距離を詰める時間がありません。

いつでも打てるのがチップキックシュートの強みです。

コースが防がれにくい

通常、キーパーは角度と距離を制限しながら、シュートコースを切ります。

しかし、チップキックシュートは、敵キーパーの上を浮かすシュートです。

敵キーパーにとっては、空中のコースまで防ぐことはできません。

どうしてもグラウンダーのシュートを止めることを優先するので、上を使うチップキックシュートは、止めるのが非常に難しいのです。

チップキックシュートの4つのコツ

実際にチップキックシュートを行うコツを、以下の4つにまとめました。

  • ボールの下にインフロントをいれる
  • ボールを軸足の少し前に置く
  • 足首をうまく使う
  • キックフェイントでコースとタイミングをずらす

ボールの下にインフロントをいれる

ボールの下に足をしっかりといれないと、ボールを浮かすことは難しいです。

そして、浮き球をコントロールしやすいのはインフロントです。

インステップでチップキックをしてしまうと、体勢が苦しくなり、体が詰まってしまうことがあります。

チップキックシュートは、インフロントが基本です。

ボールは軸足より少し前に置く

チップキックシュートのボールの置き所は、軸足より少し前です。

なぜなら、その場所が一番自然にボールを蹴ることができるからです。

前に置きすぎたり、軸足の真横に置いたりすると、窮屈になり自然な蹴り方ができません。

柔らかいキックをするには、ボールの置き所はとても大切です。

足首をうまく使う

足首の動きもチップキックシュートをする時に、重要な要素です。

なぜなら、足首でコースや強さの調整を行うからです。

チップキックシュートは、ボールの速さは必要ないですが、蹴る直前や触っている間にコース修正ができると成功しやすいです。

普段のボールコントロールから、足首を柔らかく使えるよう意識しておきましょう。

キックフェイントでタイミングとコースをずらす

チップキックシュートが決まる時は、キックフェイントが入っていることが多いです。

キーパーの読みの逆をとることが大切だからです。

なので、チップキックシュートはキックフェイントをかけることを意識しましょう。

ただ、大きなモーションは必要ありません。

チップキック自体がフェイントになっているし、モーションが大きいと、敵キーパーやディフェンダーに反応されやすいからです。

まとめ

まとめると、チップキックシュートが効果的な理由は、2つあります。

  • 競り合い中に打てる
  • コースが読まれにくい

そして、チップキックシュートを打つコツは4つあります。

  • ボールの下にインフロントをいれる
  • ボールを軸足の少し前に置く
  • 足首をうまく使う
  • キックフェイントでコースとタイミングをずらす

メッシ選手のように1対1を制してゴールを量産したい人は、今回の記事を参考にして、ぜひチップキックシュートを身につけてください!

 

この記事を書いた人武内颯馬武内颯馬
サッカーを小学生からはじめ、中、高校、大学と部活動に参加する。社会人では市リーグに所属し、サッカーを続ける。社会人になってからは、フットサルもプレーする。様々なチームでプレーする中で、指導的な立場も経験し、その中で上達法や楽しみ方などを伝えるようになる。40代2歳息子の父。主なポジション:ハーフ、サイドバック、好きな選手:イニエスタ、メッシ、好きな監督:岡田武

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。