ボールを逆サイドへ運ぼう

スキルアップ ドリブル トラップ

試合を見ていると、中盤でうまく回らないな、サイドが変えれず詰まっているな、と感じるゲームがあります。

そういった試合の要因の一つは、ドリブルでボールを逆サイドへ運ぶ選手がいないことです。

逆に、このボールを逆サイドへ運ぶことができる選手がいると、チームはスムーズにボールを回せるようになります。

そこで今回は、ボールを逆サイドに運ぶこと、について紹介したいと思います。

ボールを逆サイドへ運ぶメリット

ボールを逆サイドへ運ぶメリットは、おおまかにいって次の2つです。

  • 密集を避ける
  • 攻める方向を変かえる

密集を避ける

ゲームの中では、サイドで選手が密集する場面があります。

オフェンス側は、フォローの人数を増やしてパスコースを増やしたいし、ディフェンス側は囲い込みながらボールを奪いたいからです。

オフェンス側が同サイドの前へプレーを進めると、オフェンスとディフェンスでより密集して、ボールをキープするのが難しくなります。

その時に、ボールを逆サイドへ運ぶと、密集地を抜け出すことができます。

密集していればいるほど、その逆サイドはスペースが空いています。

そこを突けば、その後の展開がしやすくなります。

攻める方向を変える

同サイドばかりで攻撃していると、相手ディフェンスもその攻撃に慣れてきます。

そういった場合は、攻撃のサイドを変えて、的を絞らせないようにすることが必要です。

その時に、ボールを逆に運ぶ技術があるとスムーズに攻撃のサイドを変えることができます。

逆サイドへ運ぶ難しさ

メリットの大きい、ボールを逆サイドへ運ぶことですが、実際にやってみると簡単ではありません。

主な原因は次の2つです。

  • 同サイドの運びは楽
  • 逆サイドは相手も警戒している

同サイド運びは楽

理由の一つは単純に、パスがきた方向にトラップして運ぶ方が楽だからです。

例えば、中盤にいる右利きの選手が前を向いた状態で、左からのパスを右足でトラップしたら、そのまま右方向に進みたくなります。

なぜなら、その方がドリブルしやすいし、スピードもつけやすいですからです。

逆サイドは相手ディフェンスも警戒している

基本的にディフェンスは、オフェンスを狭い方へと追いやり、スペースをつぶしてボールを奪います。

なので、逆サイドへ運ばせないように、コースを切りながら寄せてきます。

オフェンスとしては、そこを切り崩すにはスキルが必要で、そこが逆サイド運びを難しくしています。

逆サイドへの運び方

ボールを逆サイドへ運ぶ時は、パスを受ける選手が前を向いているか、ゴールに背を向けているかで考え方がかわってきます。

このことを意識しておかないと、ボールを簡単に奪われたり、スムーズに展開ができなくなります。

前を向いている場合

例えば、前を向いている場合は、左から来たボールを右足インサイドで受けて、右足アウトサイドで右へドリブルします。

右から来たボールは、同じことを逆足でプレーします。

慣れてきたら、目の前にディフェンスがいることを意識しましょう。

すると、ディフェンスとの間合いが気になってくるので、自然とトラップの精度が高くなってきます。

トラップした瞬間にボールの勢いを弱めながら利用して、進行方向に進めるようになると理想的です。

そうすれば、スムーズにボールを逆サイドへ運ぶことができます。

相手に背を向けている場合

ゴールに背を向けている場合は、パスとディフェンダーの間に自分の体を入れて、ボールを守りながら逆サイドへ運びます。

左からくるボールに対しては、右足でトラップして右足で右サイドへボールを運ぶようにしましょう。

逆サイドからのボールは、左足で同じようにプレーをします。

逆サイドへ運ぶプレーは両足を使えると、とても有利です。

相手を背負うと、慌ててしまいがちですが、しっかりと落ち着いてプレーすることが大切です。

必要なのは、プレーのスピードや力強さよりも、まずは正確にプレーすることと、自分のマークの動きを把握しておくことです。

まとめ

今回は、ボールを逆サイドへ運ぶプレーについて紹介しました。

ボールを逆サイドへ運べると、チームとして良い展開をすることができます。

そしてそのためには、トラップとドリブルを工夫する必要があります。

その工夫は、少しの意識の差でできるので、ぜひ試してみてください。

あなたが良い展開を生む選手になることを期待しています!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。