☆すべては、ファーストタッチで決まるんです

スキルアップ トラップ 檜垣裕志 講師

★ボールタッチに何を考えるか

ボールタッチについて、正しい目的意識があれば、それらすべてが上手くなることに繋がります。

しかし、ほとんどの人は、ボールタッチについて、ワンタッチワンタッチについて、意識することなく、または間違った考え方でボールを触っています。

それらが正しい考え方、正しい意識の下でボールを触る、またはトレーニングし続けていれば、必ずサッカー選手として上手くなります。

★ファーストタッチについて正しく考える①

ボールに関わる自分のサッカーというのは、必ず誰かからのボールを自分のものにしてから始まるという、当たり前の真実を正しく考えられねばなりません。

昨今のデュエルという言葉も、球際にしても、相手の駆け引きも含めて、自分のボールというのは、必ず誰かからのボールを自分のものに出来る技術によって、自分のサッカーが攻撃に活かされることを知らねばなりません。

それが正しくわかっていれば、ドリブルやフェイントの形を覚えるという考え方がいかに間違っているかがよくわかるでしょう。

なぜなら、そのドリブルもフェイントもファーストタッチでボールを自分のものに出来る技術がなければ、全く意味のないものだからです。

それらのドリブルやフェイントという形をいくら練習しても、通用するのは自分以下の相手に対してだけで、自分よりレベルの高い中では全く無意味ということです。

★ファーストタッチについて正しく考える②

ファーストタッチでボールを自分のものにする重要性を正しく理解していれば、あらゆるボールタッチの大切さもわかります。

なぜなら、あらゆるどんなボールも、どんな状況でも、ファーストタッチでボールを自分のものにするということが、いかに難しいことかがわかるからです。

そもそも、ファーストタッチこそ、一番重要で、一番難しいということを知らねばなりません。

★ボールを持てることの正しい理解

ファーストタッチの重要性を知る意味では、ボールを持てることが、いかに重要かをわかっていなければなりません。

ボールを持てることについて、正しい理解があれば、自ずとファーストタッチの重要性も理解できるからです。

しかし、ほとんどの人は、ボールを持てることについて正しい理解がないため、それなりのレベルでのサッカーにとどまり、それ以上に進めないのです。

例えば、世界トップのプロサッカー選手になりたいと考えれば、世界のトップレベルでボールを持てる技術は必要不可欠であり、それこそが最も重要だからです。

また、自分が趣味でサッカーをやっていたとしても、それ以上に自分が上手くなりたいと考えたら、ボールを持てる技術を上げるためのことを考えて取り組まないといけません。

小手先のボール扱い、ドリブル、フェイント、戦術等を学んだところで、あなたの技術は何も変わらないのです。

★サッカーは、そんな簡単に上手くはならない

サッカーが上手くなることについて、正しい考え方、正しい意識があれば、年齢関係なく、いつからサッカーを始めても上手くなります。

しかし、間違った考え方、漠然とやっていては、いつまで経っても上手くはならないし、挙げ句には下手になったりします。

それなりのその程度でサッカーをやっているうちは、いくらでもごまかせます。

しかし、自分が上手くなることを考えたら、このままでは何も変わらないし、むしろ下手になります。

人間本来なら直感的に良いもの悪いものを感じられるのですが、今は大半が間違った情報だらけで、さらには膨大な情報量に支配されて、純粋に上手くなることが難しいです。

だからこそ、頭をクリアにして純粋にサッカーが上手くなることを考えると、正しいものが見えてきます。

ボールを持てるからサッカーは楽しい。

ボールを持てるようになるためには、ボールコントロールレベルを上げるために練習、トレーニングが必要。

ボールを持てるようになるために、ボールを触り、練習、トレーニングをする時に、しっかりと利き足を意識する。

利き足を意識し、ファーストタッチを、ワンタッチワンタッチを常に大切にする。

そして、正しいボールの置き場所、正しいボールの持ち方を正しく学びながら、練習をし続ければ、自分のサッカーは必ず上手くなります。

WooFoods初回LINE登録で30%OFFクーポン配布中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。