☆技術は、自分のための練習でしか身につかない

スキルアップ 檜垣裕志 練習法 講師

★試合をやらないと上手くならないは違う

サッカーは、サッカーをやって上手くなるという意味はわかります。

しかし、「サッカー選手として上手くなる」とはどういうことなのかがわかっていないと、個は上手くなりません。

例えば、日本では試合をやらないと上手くならないと言う人はたくさんいます。

そういう人のほとんどは、大人が支配したサッカーを子どもにやらせているだけです。

その大人の価値観のサッカーをやらせるために、ポジションが、動き方が、こういうやり方で戦えなどなど、子どもたち一人一人を上手くさせるためのものではありません。

それで勝った負けたを繰り返してるだけで、個々がサッカー選手として上手くなることとは全く違います。

★そのレベルでループしてるだけ

これは、プロの世界にも言えていて、自分自身が上手くなるを追求しないとレベルは上がりません。

その追求の仕方が技術ではないときには、所詮そのレベルのサッカーをループしているだけになります。

プロにもなると(プロでなくても)、自分のサッカー観というそのレベルでのサッカーしか考えられないと、自身がレベルアップし、上手くなり、次のステージに行くことは厳しいです。

なぜなら、そうなると技術以外に求め始めるからです。

サッカーはいろいろな要素があり、技術以外の部分もあります。

しかし、もっとレベルの高いところでプレーしたいとなれば、技術が一番重要と考えられなければいけません。

自分のレベルでのサッカーしか見れない人は、そのレベルでのサッカーのことしか考えられず、必ず技術以外に目が行きます。

そういう人たちを見てみてください。

チームが、動きがどうとか、戦術が…その程度の技術しかない者同士のサッカーを繰り返しているだけです。

上に行くには、個々のレベルアップ、技術アップしかないのです。

★自分の技術を考えて見てください

世界一のチームに入りたい、その選手になりたいと思っていたら、最低限、そこに入れる技術が必要です。

でも、その技術を考えられない、想像できない人は、自分のレベルの価値観でしかサッカーを考えられないから、技術以外を考えてしまうのです。

想像してみてください。

自分の技術レベルで、世界一のチームで練習出来ますか?

紅白戦でプレーできますか?

きっと、ボール回し、鳥かごでは、ずっとオニをやるしかないですよ。

★レベルの高い中では、通用しない

自分のレベルでのサッカー観やトレーニングレベルでは、それ以上高いレベルでは通用しません。

だからこそ、正しく技術を理解せねばなりません。

今は、あらゆるトッププレイヤーたちの動画が見れます。

そのワンタッチからは、ものすごい高いレベルの基礎力を感じます。

しかし、見た目の技に目を奪われて、本質が見えてない人たちがたくさんいます。

むしろ、そういう人たちの方が多いでしょう。

だから「試合で使えるテクニック」という言葉に騙されるのです。

★試合で使えるテクニック?

試合で使えるテクニックと称して、技の動画がよくアップされていますが、それいつどこで、どのような状況で使うのでしょうか?

それよりも、その程度の技術では、相手レベルが高ければ、ボールもまともに持たせてくれませんよ。

試合で使えるテクニックとは、基礎技術の向上でしか試合で使えるテクニックにはなりません。

★自分とボール、その向き合い方で変わる

技術を上げるには、自分とボールの向き合い方こそ重要です。

例えば、無意識に適当に両足でボールを触っている者と、利き足を意識しボールを触り、そのワンタッチから何かを感じている者とでは、成長率は全く違います。

上手くなるということは、結局は自分とボールの向き合い方です。

考え意識し、ワンタッチから感じられることこそ重要なのです。

ワンタッチから感じ学べる者は、必ずサッカーに活かされます。

だからこそ、自分とボール、自分の練習しかありません。

自分の技術は、自分のための練習でしか身につかないのですから。

WooFoods初回LINE登録で30%OFFクーポン配布中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。