☆ブラジルだって、こんなことをしてたら上手くならない

スキルアップ 檜垣裕志 練習法 講師

★サッカースクールの弊害①

近年、ブラジルサッカー界はサッカースクールが非常に増えています。

それによって、上手くなれない子どもたちも増えています。

ブラジルでサッカースクールに関わる人たちは、全員、元プロサッカー選手です。

日本のように、アマチュアの人たちがコーチをしているなんてことはありません。

しかし、だからといって、ブラジルの元プロサッカー選手も、自分自身が上手くなったプロセスを正しく教えられるわけではないのです。

だいたいプロになれる人って、才能も努力もあります。

努力についても、努力出来る才能があり、そのときに深くまで考えなくても、努力というトレーニング量だけで上手くなれたりします。

そうなると、その実力だけでプロクラブのテストに合格するわけです。

そして、プロクラブの練習メニューをやらされます。

そのプロクラブの練習メニュー、メソッドは、合格出来るだけの実力がある選手のためにあります。

ということは、サッカースクールでの指導は、プロクラブに合格出来るだくの基礎を身につけるためになければなりません。

しかし、問題は、プロチームに合格するまでの基礎を全く教えていないということです。

自分がプロチームに入るまでに自分自身のサッカーの基礎がどのように形成されたかというプロセスが重要なのに、そこは全く考えられていません。

それこそがコーチになった時に、子どもたちを上手くさせることが出来ないのです。

★サッカースクールの弊害②

日本でも同じです。

海外クラブのスクール、外国人コーチなどは、海外クラブに入団出来る才能と基礎力を持った子どもたちのためのメソッド、メニューをやっているだけです。

そんなことをしても、子どもたちはその海外クラブに合格するようにはならないし、もし、そういう子が出てきたとしたら、単純にそれは本人に才能があっただけです。

ほとんどの子は、基礎力がないのですから。

重要なのは、合格出来るだけの実力を身につけるために何をするのかです。

それなしに、合格出来る実力が身につくことはありません。

ブラジルでの問題も、元プロサッカー選手がクラブに入ってからのメニューをやらせているからです。

元プロは、サッカー感覚、ボールを持てる力(利き足)が、すでに備わっているのですから、プロクラブに合格し、プロになっています。

そのとき合格したクラブのメニューは、両足でのボールコントロールメニューもあるでしょう。戦術的なメニューも、フィジカルメニューも、ありとあらゆるトレーニングメニューがあります。

しかし、どれもこれも、プロクラブに合格する能力があってこそ、意味も価値もあることです。

その前段階の指導、トレーニングがなければ、本人は持っている力を発揮することなく、最大限に伸びることなく、サッカーをやり続けるだけです。

★プロクラブに合格する力がなければ

プロクラブに合格する実力がない者にとって、サッカースクールのメニューは、ただのメニューであり、プロクラブに合格出来るだけの実力を身につけられるものではありません。

プロクラブに合格する実力も基礎力もなければ、そこまでの実力、基礎力を身につけられるようにやらなければならないのです。

それを元プロたちは、わかっていないのです。

★それでもブラジルにはあらわれる

それでもブラジルには、次から次と素晴らしい選手が育っていきます。

彼らは、すでに才能を持っているからです。

ブラジルのプロクラブは常にテストをしています。

日本のようにセレクションがいつあるとかではなく、ブラジルでは毎日のようにテストをしています。

それは、クラブに合格してもすぐにクビになることがあるということです。

次から次に良い選手がクラブに入り、プロになるまで成長し続けられなければ、すぐにクビになり、新しい選手が入ってくるというのがブラジルだからです。

ブラジルは指導されなくても、素晴らしい選手が自然と生まれる環境ですから。

★スタートの感覚、考え方が違う

ブラジルでは、生まれたときから目の前にブラジルサッカーがあります。

ブラジルサッカーの歴史、習慣、文化、ブラジルサッカーが生活にあるのですから、子どもたち自身、自らがサッカーをしたいと思ってサッカーを始めているのです。

そこには、日本のように、両足、逆足なんて言葉は一切ありません。

ブラジルでは、自分の最高の才能の利き足で好きにボールを触るだけですから。

そして、その中から才能ある子がプロクラブに引き抜かれていきます。

しかし、今までなら、そこからすぐにプロクラブに入ることが出来ない子も、自由にサッカーをやりながら上手くなっていったのに、サッカースクールでの指導、メニューをやった瞬間からおかしくなります。

ブラジルでも、両足メニューはあります。

しかし、それは利き足からの技術がものすごく高い選手のウォーミングアップ程度の練習メニューです。

逆足を鍛えよう、両足を使えるためではありません。

だから、彼らはどんな練習メニューをやらされても、確固たる利き足のポイントの技術があります。

逆足練習、両足メニューですぐに悪い癖が付くような、そんな低い利き足の技術ではないということです。

★メニューでサッカーは上手くならない

SNSなんか見ても、海外のメニューは日本と変わりありません。

子どもたちに、ただ両足を使わせて、変なボールタッチ、変なボールコントロールをさせています。

将来、彼らはプロサッカー選手にはなれないです。

例えば、プロになれなくてもいい、ただサッカーを楽しめればいいと言っても、結局は上手くなれないのだから、本当にはサッカーを楽しめません。

相手が自分より上なら何も出来ないし、基礎がない者は、何か出来るようになるきっかけすらないのだから。

日本でも同じで元プロサッカー選手であっても、正しい基礎を知らずにプロになっているから、セレクションに合格したチームと同じ練習メニューをやらせているだけです。

ブラジルも日本も、世界も、間違ったやり方では、本当には上手くならないのです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。