☆上手くなれない理由、上手くなるために(2)

スキルアップ ドリブル 檜垣裕志 メンタル 練習法 講師

★何のためにボールを触るのか

サッカーをやっていれば、誰でもみんなボールを触ります。

しかし、サッカーが上手くなるためには、なぜそのボールを触るのかを考えられなければなりません。

それは具体的に、どう上手くなるためにボールを触るのかが重要なのです。

そこには、サッカーというゲーム、勝負が正しくわかっていなければなりません。

それがあれば、どこにいても上手くなれるのですが…

★サッカーというゲーム、勝負のために

サッカーという競技、サッカーという勝負、サッカーというゲームがわかっていれば、そのボールの意味もわかります。

サッカーは、相手より多くゴールすれば勝つという競技ですから、マイボールになれば、ゴールするためであり、相手ボールになればゴールさせないで、マイボールにできるように考えられねばなりません。

それが根底にないと、芯から上手くなることではないのです。

★だから、ボールを自分のものにする①

ブラジルの子どもたちと日本の子どもたちとの大きな違いは、根底にサッカーという勝負がわかっているかどうかです。

ブラジル人は、サッカーという勝負がわかっているから、ボールを持てないと楽しくないし、簡単にボールを失うようでは、サッカーにはならないということがわかっています。

根底にそれがあるかないかでは、勝負の場面で必ず差が出ます。

だからこそ、正しいサッカー観がないと、本当に上手くなることには繋がりません。

★だから、ボールを自分のものにする②

サッカーという勝負において、そのボールは自分がボールを持てるから楽しめる、ボールを失えば負けるという感覚が、最大限に上手くなるための根幹部分です。

それが根底にあれば、利き足でボールを持つ、利き足にボールを置くということは自然なことで、その質や精度こそ、上手くなるために必要なことです。

しかし、日本は、ブラジルのようにサッカーという勝負を自然に感じられる環境はありません。

だからこそ、正しく指導する必要があります。

サッカーのために、ボールを自分のものに出来るように指導とトレーニングが必要なのです。

★ボールが自分のものになっていないと周りは見れない

サッカー選手として、その勝負において重要なことは、勝つための判断です。

判断するためには、周りの状況を見極められなければなりません。

それは、周りを見れなくてはいけいということです。

その「周りを見る」ということに関して、日本ではいろいろ言われていますが、結局は、ボールが自分のものになる技術があるかどうかです。

それも、自分よりレベルの高いところでは、周りは見れないですから、正しくボールと向き合って、レベルを上げられるように努力し続けるしかありません。

★根幹にブレがあってはいけない

すぐに答えや結果を求めようとしては、必ず行き詰まり、本当に上手くなることにはなりません。

サッカーが本当に上手くなるためには、サッカーへの正しい理解と正しい考え方ですべてが決まります。

それは、小手先や派手なこと、日本で言われている表面上のことからは、絶対に無理です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。