閉じる
  1. 【鬼木コーチ】代表レベルの選手になるということ
  2. 【鬼木コーチ】目的地の認識で動きが決まる
  3. 【鬼木コーチ】「comeの概念」について
  4. 【鬼木コーチ】フットボールにおける目的地認識
  5. 【鬼木コーチ】身体の動かし方なのか、身体の動かされ方なのか…
閉じる
閉じる
  1. 【檜垣コーチ】テニスボールリフティングの各部のリフティング
  2. 「マンツーマンマーク」のトレーニング
  3. 【檜垣コーチ】さらにボールと身体の感覚を上げるために
  4. シュート練習で苦手な非利き足も練習しよう
  5. サッカーの試合も基本は前にしかけることが原則
  6. 【檜垣コーチ】ブラジル時代に気付いた「上達の秘訣」
  7. スクールでのサッカーと少年団や街クラブの競技サッカーの違い
  8. 【檜垣コーチ】軸が出来ることが基本技術に繋がる
  9. 流れの中で行うシュート練習を紹介します
  10. 【サッカー】「休む」「休憩」「休息」も練習の一部です。
閉じる

ジュニアサッカーの上達練習指導法

クーバーサッカースクール

スクールでのサッカーと少年団や街クラブの競技サッカーの違い

三浦です。

チームに新しい選手が入ってくれました。

小学2年生と3年生の2名です。

夏休みが終わって新学期が始まるこのタイミングで毎年のように新しい仲間が増えます。

夏休みの終わりがひと区切りということなのでしょうね。

この2人はサッカー初心者ではなく、スクールでサッカーを教わっていました。

ボールを触ることが好きだしスクールのミニゲームも楽しいけれど、やはり公式戦に出たい、試合で活躍したいという気持ちが強くなったようです。

チームに入っている友達から試合の様子を聞いて、やってみたくなったのでしょう。

やはりサッカーは試合をすることが一番楽しいですからね。

今回はスクールでのサッカーと少年団や街クラブの競技サッカーの違いについてお伝えします。

 

■スクールでは身につかないもの

スクールでは、ボールを扱う技術を教えてもらったり、体を上手く使ってボールを奪われないようなスキルを教えてくれるので

トラップ、パス、ドリブルという基本技術は身につきます。

しかし、スクール経験者を何人か見てきて思うのですがボールを持っていない場面の動きや、守備の場面で物足りなさを感じます。

サッカーはなかなか点が入らないゲームですので、1点の重みが大きいです。

1点を奪うこと、1点を失うことの感覚はやはり競技サッカーを経験しないと身につかないのかもしれません。

スクールによっては、そこをしっかり教えているところもあります。
すべてのスクールがそうだとは思いませんが。

 

■ピンチやチャンスを感じること

相手チームに攻められていて、相手からやっとボールを奪うことが出来たとします。

高学年になると、コートの外に出してピンチから逃れるという発想も出来ます。

自軍のコーナー付近でピンチになり、相手ボールを安全にクリアーしたい場合はゴールラインではなく、タッチラインにボールを出します。

ゲームを経験していくうちにコーチが教えなくても、コーナーキックの方がピンチになりやすい、スローインの方がまだ守りやすいという学習をします。

低学年でまだゲーム経験が浅く、コーナーキックを蹴られてもそんなにピンチに思わない選手は、ゴールラインやタッチラインのどちらにボールを出せばよいかという発想がないかもしれません。

ピンチを感じること、ピンチとは何かを感じ取ることは競技サッカーを続けていると自然と身につくものです。

逆にチャンスを感じ取ることも必要です。

相手ゴールに向かってボールを大きく蹴った時に、相手チームのディフェンスがヘディングしようとしてタイミングが合わずに頭を超えてしまったとします。

後ろにはゴールキーパーがいるのですが、このような場面ではしっかりプレッシャーをかけることでゴールキーパーも相手チームのディフェンスもミスをしやすくなります。

ボールはどう転がるかわからない、相手がミスをするかも知れない。
少ない確率だけど、思い切り走って相手にプレッシャーをかけること。

ピンチやチャンスを感じること、そしてチームのためにピンチを防ぎ、チャンスをものにするという考えを持つこと。

スクールではなかなか再現できない状況かも知れません。

 

■味方のミスを責めないこと

サッカーはミスがつきもののスポーツです。

フィールドプレーヤーはひとつのミスが失点につながることはゴールキーパーに比べれば少ないでしょう。

しかし、ゴールキーパーのミスは失点に直結します。
なんでもないグラウンダーのシュートをキャッチしても、ボールについた砂で滑って、股の間を抜けてゴールに入ってしまうこともあります。

僕のチームでは、全員にキーパーの経験をさせています。
キーパーを経験した選手は、キーパーのミスを責めません。

なんでもないシュートをキャッチしたとしても、「ナイキー」と声をかけてくれます。

 

■個人技術を伸ばすのはクラブかスクールか?

僕が知っているスクールは、サッカーが好きでサッカーの技術を伸ばしたい子が自主的に通っているので、クラブとスクールを掛け持ちの子も多いです。

ドリブルやリフティングなどの個人技術はクラブとスクールのどちらが伸びるかと言えば、スクールだと考えます。

理由は2つあります。

スクールは、やる気があってそこそこの技術がある子が集まるので、いわゆるレベルが高いです。

レベルの高い環境で練習することそのものが個人技術を伸ばします。
子供たちは仲間のプレーを「見て」「真似て」ものにします。

もうひとつの理由は、スクールの中で自分のレベルが低くても試合に出れる、出られないということは関係ないという点です。

上手くなりたいからスクールに通っている。チームでは試合に出たいし、仲間に負けたくないからスクールに通っている。

このように、スクールは純粋に個人技術を伸ばすという意味では効果があると言えます。

■クラブで伸び悩む選手はどうすればよいのか

試合に出たいけどなかなか出してもらえない。こういう悩みを持つ選手がいます。
全国的に見ればたくさんいることでしょう。

僕もチームを指導しているので、選手全員を出してあげたいといつも思っています。

しかし、僕は無条件に試合に出すことはしません。

試合に出ることで、選手にプラスになるように工夫をします。

試合に出ることがきっかけとなって、より上手くなろうという努力やチームのためにプレーしたいという気持ちが高まるような工夫です。

クラブや少年団の場合は、サッカーがもともと好きじゃない子が入ってくることがあります。

保護者が、スポーツを通して、サッカーを通して積極的な子になって欲しいとか心身ともに健康な子どもになって欲しいという気持ちで入団させることもあります。

僕たち指導者は、スクールではないので個人技術だけを教えて試合に出さないということはしません。

試合をすること、試合に出ることが前提です。

こんな努力をお互いに続けることで、1ヶ月前よりも上手になったり、2ヶ月前よりもたくましくなったりする「成長」を見ることが僕たち指導者の喜びでもあります。

 

■サッカーは楽しいが、サッカーから何を得たいかで取り組みが変わってくる

スクールでもクラブでもサッカーを楽しむことが出来ます。

サッカーが楽しくなり、中学校に行っても部活動で続けたいという子も多いです。

部活動のサッカーは、競技としてのサッカーですし、小学生よりも団体行動が重んじられます。

思春期に入るので、仲間との差も敏感になります。

中学でも楽しく、有意義なサッカー活動が出来た選手たちは高校に行ってもサッカーを続けます。

このように考えると、小学生時代にはクラブや少年団などで競技サッカーを経験しておくことがとても重要に思います。

スクールは技術を伸ばすことだけが目的であり、スクールだけで小学生年代を終えてしまうことは、将来に対するリスクがあるかも知れません。

保護者としては、スクールに「通わせる」ことで親としての役目を果たしているように見えますが、将来を考えた場合はどうなのでしょうか。

「サッカーは習い事ではない」海外サッカーを知る指導者やベテラン指導者が口にする言葉です。

もし、スクールで物足りなさを感じている子どもたちがいたら、それは技術の物足りなさではなく、チームスポーツとしての物足りなさかと思います。

ぜひ、公式戦で「本気で楽しく」サッカーを経験して欲しいと三浦は考えています。

 

 

三浦直弥(サッカーコーチ)

小学4年生からサッカーを始め、中学、高校、大学、社会人とサッカーを楽しみつつ、大学生の頃からコーチングの道を歩み始め、指導の楽しさも知る。

現在アラフィフのサッカーマンである。理論派でありながら熱い血潮を持つタイプ。サッカーの本質を突く指導がモットー。
現在は、東京都のある街クラブでヘッドコーチを努めている。

好きな選手は故クライフ、そして自分の姓と同じ三浦カズ!好きな指導者は、森保監督の育ての親とも言えるオフト、そしてオシム。
座右の銘は「諦めたらノーチャンス」。チーム運営や保護者対応などにも詳しく、近年はメルマガやブログへの寄稿活動も行っている。

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

(株)Real Style  おすすめサッカー教材・商品

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■全国大会優勝チーム、センアーノ神戸監修
「本番に強い選手の育て方~試合で活躍できる「個」を育てるためのトレーニングメソッド~ポゼッション編 」
https://rs39.net/c/s/cfoh_1/bl/

 

■基礎が学べる!初心者のためのサッカー上達法~「運ぶ」と「抜く」が身に付けられるドリブル上達法~
息子がボールを持つと、友達や保護者に笑われてしまいました。
でも息子がドリブルを始めると…将来性のある選手が次々に育つ名門フットボールクラブが実践する抜けるドリブルレッスンDVDとは…?
https://rs39.net/c/s/cfnk_1/bl/

 

■親子で学ぶ!まったく新しいボールの蹴り方
なぜ、テクニックのないビギナーでも、この男の話を聞き流すだけでキックの威力が増し、ボールを遠くに正確に飛ばせるようになるのか?
http://rs39.net/c/s/cfsy_1/bl/

 

■「個」の力を育成するためのドリブル上達トレーニングメソッド~ドリブルが巧くなる!動き創り&リズムの習得~
なぜ、クラブ連盟未登録の「無名の街クラブ」が、Jユースが集まる大会で、優勝できたのか…?
http://rs39.net/c/s/cfmt_1/bl/

 

■コーンドリ ~「個」の力を育成するためのドリブル上達トレーニングメソッド2~
「まさか、コーンドリブルに、こんなやり方があったなんて…」
なぜ、三木コーチがしどうする選手たちは、神業のようなドリブルをマスターできるのか?
http://rs39.net/c/s/cfmt_2/bl/

 

■重心移動アナライズ~フットボーラーが身に付けることで劇的にセンスを上げられる動作習得法~基礎を知る編
これが、ドリブルを自在に操りサッカーを始めたばかりのビギナーでも“絶対に上級者に見せる”シンプルな方法です。
http://rs39.net/c/s/cfoy_1/bl/

 

■重心移動アナライズ2~上手くいかない事をできるようになるための身体動作を習得する方法~
なぜ、ドリブルが苦手だった選手がネイマールやメッシのように緩急自在のドリブルでDFを切り崩せるようになったのか…?
http://rs39.net/c/s/cfoy_2/bl/

 

■ボトムアップ理論~選手の自立心を育てて、スキルを向上させる魔法のコーチング法~
「世界一受けたい授業」「とくダネ!」で大絶賛!
なぜ、週2回しか練習しない無名の公立高校が、全国大会で優勝できたのか?
http://rs39.net/c/s/cfhk_1/bl/

 

■サッカーテクニック向上メソッド
なぜ、小中高、どこのチームでも取り入れられている「両足での練習」が、選手の上達を妨げる原因なのか…?
http://rs39.net/c/s/cfhy_1/bl/

 

■フットボールクロニクル ~攻める意識をアップさせる!ゴールを決めるための利き足の法則~
なぜ、たった1つの原則を意識するだけで、トラップ、パス、どりぶる、シュート…、サッカーにおける、すべてのプレーを劇的にレベルアップできるのか?
http://rs39.net/c/s/cfhy_2/bl/

 

■わんぱくドリブル軍団JSCの最強ドリブル塾~子供のドリブルテクニックを楽しみながら上達させる方法~
なぜ、5ステップ・ドリブル上達法は、足が遅い子供でも、体が小さい子供でもDF突破率を高めてしまうのか?
http://rs39.net/c/s/cfkw_1/bl/

 

■わんぱくドリブル軍団JSC CHIBAのドリブル基礎トレーニング 初級編
1,500人以上の子供たちを上達させた少年サッカー指導のプロが教える、「お父さんのための、サッカー指導法」を知りたい方はいませんか?
http://rs39.net/c/s/cfkw_2/bl/

 

■わんぱくドリブル軍団JSC CHIBAのドリブルトレーニング 中級編
なぜ、JSC CHIBAの新しいドリブル指導法は、相手が反応できないキレのあるフェイントや、素早い状況判断のできる選手を育て、チームの「得点力」をアップできるのか…?
http://rs39.net/c/s/cfkw_3/bl/

 

■育成の極意!~自立&吸収するサッカー選手が育つ本当の秘訣!~
なぜ、口うるさいだけで、チームを強くできなかったコーチが、U-18日本代表選手を輩出するほどの、強いチームを育成できるようになったのか?
http://rs39.net/c/s/cfkw_4/bl/

 

■親子で特訓!わんぱくドリブル自主練習
サッカーチームのコーチまかせで、実現できていないお子さんの活躍を、なぜ、サッカー経験ゼロのお父さんが、実現することができるのか…?
http://rs39.net/c/s/cfkw_5/bl/

 

■わんぱくドリブル軍団JSC CHIBAのボールコントロールを向上させる「体幹トレーニング」~プレスディフェンスに当たり負けしないための練習法~
「見ろよ、今日の相手チビばっかりだぜ…」身体の小さい選手ばかりのチームを見て、対戦相手は笑っていた。しかし、試合がはじまってみると…!
http://rs39.net/c/s/cfkw_6/bl/

 

■ JSC CHIBAオリジナル練習法~チームをグングン育成する!チームトレーニング編~
どうして、うちのチームは、試合になったとたん、ミスが増えるんだろう…?
http://rs39.net/c/s/cfkw_7/bl/

 

■クーバー・コーチングのMake Your Move~1対1テクニックのすべて~
30ヶ国以上で、150万人の一流指導者を育て上げた、世界最高峰の「1対1メソッド」を、遂に一般解禁!
http://rs39.net/c/s/cfcv_1/bl/

 

■ Improve Your Game~1対1スキルを向上させるための練習法~
なぜ、弱気なプレーで、勝負を避けていた選手が、自ら積極的に1対1を仕掛け、相手を抜けるようになったのか?
http://rs39.net/c/s/cfcv_2/bl/

 

■Mr.セレッソ森島寛晃のエースストライカー育成理論~チームで一番の『点取り屋』になるための3つの方法~
日本一腰の低いJリーガーの驚異の秘密「ほとんどの選手はシュートを打つのに精いっぱいで、ゴールを決める余裕がありません」
http://rs39.net/c/s/cfmh_1/bl/

 

■屋良流サッカー上達のためのコソトレ
1日たった10分の自主トレで、抜群のサッカーセンスを習得できるDVDが、今なら手に入りますが…
http://rs39.net/c/s/cfym_1/bl/

 

■吉田康弘の究極のパス上達理論 ~正確な「予測」と「判断」が行える選手を育成する12のヒント~
なぜ、「2つのポイント」を教えるだけで、ディフェンスにプレッシャーをかけられても、ボールを取られなくなるのか…?
http://rs39.net/c/s/cfyy_1/bl/

 

■サッカー&フットサルのトッププレーヤーになるための基礎トレーニング
なぜ、日本代表と身長がほとんど変わらないスペイン代表がワールドカップで優勝できたのか…?
http://rs39.net/c/s/cffa_1/bl/

その他教材はコチラ↓
https://real-style.co.jp/category/225/?bno=mm

関連記事

  1. 【上達法】やはり、サッカーでは「トラップ」の技術が重要になります…

  2. 【檜垣コーチ】上半身を使ってのリフティング

  3. 【ジュニア世代】伸ばすためには 「子供の気持ち」を【知る】ことが…

  4. 【ファーストタッチ】で、全てのプレーが決まる理由とは?

  5. 現代サッカーはパスサッカー、ポゼッションサッカー

  6. サッカーが上手い選手は皆、【●●】している

おすすめ記事

  1. 【鬼木コーチ】フットボールにおける目的地認識
  2. 【鬼木コーチ】「comeの概念」について
  3. 【鬼木コーチ】代表レベルの選手になるということ
  4. 【鬼木コーチ】目的地の認識で動きが決まる
  5. 【鬼木コーチ】身体の動かし方なのか、身体の動かされ方なのか…

ピックアップ記事

  1. テニスボールリフティングを千回クリアしたら、サッカーボール同様に各部のリフティングトレーニングをする…
  2. 三浦です。先週末はグラウンドが使えなかったので、知り合いのチームに頼み込んで合同練習をおこな…
  3. テニスボールリフティングトレーニングの前に、サッカーボールでのリフティングトレーニングは必ず、しっか…

おすすめ記事

  1. 【檜垣コーチ】テニスボールリフティングの各部のリフティング
  2. 「マンツーマンマーク」のトレーニング
  3. 【檜垣コーチ】さらにボールと身体の感覚を上げるために
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。