閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【サッカー】技術がなくても、ポジショニングを知れば、上達する理由とは?…
  2. 【2018年】高校サッカー決勝戦から学ぶべき思考とは?
  3. 【指導者必見】サッカーに必要な判断力を身に付ける方法
  4. 【クラブW杯】ワールドクラスの選手から学ぶべき技術とは…?
  5. 【質問】親子で行った方がいい練習とは?
  6. E-1選手権から学びたい、小学生の必須スキルとは…?
  7. 小学3年生までに身に付けたい「パスの基礎」とは…?
  8. 試合になると「消極的」になる選手を激変させる方法
  9. ボールを変えるとリフティングができない理由
  10. 【サッカー上達法】キーパーを見ずに行うシュート練習する理由
閉じる

ジュニアサッカーの上達練習指導法

クーバーサッカースクール

【鬼木コーチ】ボールを上手く扱うための適正範囲

ボールを上手く扱うためには、適正範囲を知ることが重要ですが、
適正範囲とはどういうことかというと、
自身がボールを見失わずコントロールできる範囲のことです。
実はこの適正範囲ですが
身体から遠すぎてもダメ、近すぎてもダメです。

 

イメージしにくいかと思うので浮き輪を想像してみてください。

その浮き輪を地面に置き、輪の中に立つ。

足元の周りに浮き輪があります。

 

この浮き輪の部分がボールを扱える範囲
つまり適正範囲ということになります。

 

浮き輪よりも外側の部分、内側の部分は
ボールを正確に扱えない範囲です。

 

今想像していただいた浮き輪のような形状をした範囲を、
鬼木コーチは「ドーナツ」と表現します。

 

このドーナツの範囲には、個人差があり、
分厚いドーナツもあれば、いびつな形のドーナツもあると思います。

 

分厚いドーナツというのは、ボールを扱える範囲が広いと想像できますね。

 

いびつなドーナツというのは、
右足で扱える範囲が大きくても、左足や、
後ろ側で扱える範囲が狭い場合もあります。
まずは、自身のドーナツの範囲を知ることが重要です。
適正範囲を知ることで、ボールを簡単に失ってしまう原因を
知ることが出来るからです。
ドリブルで、ボールが身体から離れてしまう。
それは、適正範囲よりも外側でボールに触っているから、
つまずいたり、上手く進めなかったり、
ボールを置いてきてしまうのは、
適正範囲よりも内側でボールを扱っているからです。
ボールを触る前に適正範囲に身体を先に動かす。
これが、ボールをうまく扱えるための第一条件です。
今回は、ボールが遠い場合、近い場合は、
動きにどのような影響が現れるか、
適正範囲で扱えているいる場合の違いを、
動画で紹介させていただきます。
「正しいドーナツ」で扱えている時と
そうでないときの「差」に注目してご覧くださいね。

 

関連記事

  1. バロンドールメッシが受賞

  2. 【サッカー】夏休み中の効果的な自主練について

  3. ドログバは3人分の影響力

  4. ボールを持ったら前を向くという意識はとても大切です

  5. 中村憲剛選手のコメントを読んで

  6. 【サッカー上達法】キーパーを見ずに行うシュート練習する理由

ピックアップ記事

  1. 森保ジャパンの監督デビュー戦を白星でスタートし森保監督の笑顔を見ることができました。…
  2. 元旦の天皇杯から先日の高校サッカー選手権大会まで大きな大会が続きましたね。印象に残るゲー…
  3. 現在、第41回全日本少年サッカー大会全国大会が行われています。今日から決勝トーナメントが…

おすすめ記事

  1. 【サッカー】技術がなくても、ポジショニングを知れば、上達する理由とは?
  2. 【2018年】高校サッカー決勝戦から学ぶべき思考とは?
  3. 【指導者必見】サッカーに必要な判断力を身に付ける方法
ページ上部へ戻る