閉じる
閉じる
閉じる
  1. ブラジルという国のサッカーへの厳しさ
  2. 【少年サッカー】リフティングがボールコントロールに繋がる理由
  3. 【スキルアップ】ボールの持ち方が良いとは
  4. パスワークを成功させる考え方
  5. 【スキルアップ】サッカーにリフティングスキルは必要ない?
  6. サッカーに必要な「道具」を磨こう
  7. 【少年サッカー】単純なことが、最も重要となります。
  8. 【サッカーの本質】“駆け引き”と“ハングリー精神”をどのように鍛えるか…
  9. 【少年サッカー】プロから「何を学ぶのか?」を学ぶべきなのか…?
  10. 【指導者必見】理解することで指導者が変わり、選手が変わます。
閉じる

ジュニアサッカーの上達練習指導法

クーバーサッカースクール

【新作情報】上手く蹴りたければ【ボールを見るな!】

【前回のおさらい】

「蹴り方教室」という、蹴り方に特化した教室を開催している

スーパーコーチがいると聞きつけた、私は埼玉県にあるフットサル施設に向かいました。

挨拶を交わし、実際に体験レッスンを受ける私のキックを見て

そのコーチは一言、「見事なキックです!悪い例で!」と言われました…

【第一回目】 軸足はボールの真横に置いてはいけない!

【新作情報】軸足をボールの「真横」に置け!と指導する理由【2018年10月25日リリース】

————————————————————————————–

多くの選手がボールを見て蹴っています。

もちろん、ボールを蹴る時に「見る」ということは、間違っていません。

むしろ、当たり前のことだと思います。

ボールを見ないと、正確にジャストミートできないんです。

何もボールを見ることが悪いこと、とは言ってません。

私もボール見て、蹴っていましたから。

そうです、蹴っていました。

しかし、彼との出会ってからは、その概念があるからこそ、

ボールの中心に照準を当てて蹴っていた私を、ある男が笑ったのです。

ある一人のコーチにボールを蹴った瞬間、

「あ〜見事なダメな例ですね〜」

「すごく良いダメな例ですよ、平沼さん!」

・・・

ダメダメと言われすぎて、何だか褒められている感覚にマヒするほど、私の蹴り方は「典型的なダメなパターン」だったのです。

体格もでかくて、日向くんのような、力強くて速いボールを蹴れる自信だってありました。

・・・しかし、

その後、彼のレッスンを体験していた私の目の前で、自分よりも30センチ以上も背が低い女性が、

自分よりも速くて、力強いシュートをゴールに向かって何度も蹴っている姿を見て、

私は確信しました。

「このノウハウを全てのフットボーラーは知るべきだ」

彼のノウハウを知ってからは180度、いや720度ぐらいといっていいほど、思考がガラリと変わりました。

厳密にいうと変えられました。

そして、私が体験したレッスンを、今回DVDに収録しました。

今回の新教材DVDには、

テクニックは一切収録されていません。

しかし、テクニックよりも大事なフットボールの礎を身に付けられると確信しています。

 

そんな、新作DVDのリリース日は

2018年10月25日(木)9時からとなります。

リリースまでもうしばらくお待ちください。

関連記事

  1. 【極秘動画】ドリブルが上手くならない理由

  2. 【スキルアップ】ボールの持ち方が良いとは

  3. 【明日公開】ハイチ戦から見る「鬼木理論の重要性」

  4. サッカーに必要な「道具」を磨こう

  5. 【サッカー】カラーコーンを使った特殊なドリブルトレーニング【スキ…

  6. 「移動の延長線上」でサッカーを指導してみると…

ピックアップ記事

  1. 高校からサッカーを始めて、ろくにリフティングも出来ずにブラジルに渡ったわけですが、そんな自分がブラジ…
  2. 先週の3連休に、チーム全員が揃う機会があったので定期的に行っている記録会を行いました。内容は…
  3. 「ボールの持ち方が良い」という言葉を聞いたことがあると思います。では、実際にボールの持ち方が…

おすすめ記事

  1. ブラジルという国のサッカーへの厳しさ
  2. 【少年サッカー】リフティングがボールコントロールに繋がる理由
  3. 【スキルアップ】ボールの持ち方が良いとは
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。