本当にお子さんが上手くなる練習法とは?

移動用

To お子さんのサッカー上達を願い、懸命にサポートし続けるお父さん、お母さんへ

From サッカー事務局

 

もし、あなたが、

 

・お子さんが、チームの主役になって活躍する姿を見たい

・お子さんが、試合でカッコ良くゴールを決める姿を見たい

・サッカー経験はないけれど、子どもが上手くなれる手助けをしたい

・サッカー上達本やネットを見てみたけれど、どの練習が良いのかわからない

・短期間で上手くなれる、効率的な練習方法を知りたい

 

こう思ったことがあるのなら?

 

今回の「特別なご案内」は見逃せません。

 

なぜなら、あなたが抱える悩みをすべて解決し、

お子さんを「チームの主役として活躍できる選手に育てる方法」をお伝えするからです。

 

今回ご紹介する特別な「自主トレプログラム」をご覧になることで、

 

☑「息子の力になりたい!でもサッカーを知らないし、
指導者でもない」という悩みがなくなります。

何を教えてやれば効果的なのか…と迷っている

  お父さん、お母さんへの道標になります。

チーム練習では身につかない、個人技を“コッソリ”レベルアップでき、

   監督やコーチの目に留まり、評価をグングンと上げられます。

その結果、ライバル達を次から次へと追い越し、試合に出場できるようになります。

☑しかも、チームの指導方針に沿っているので、監督に怒られないで

 サッカー上達法を学べる自主練習プログラムです。


これらを得る事ができるからです。

 

ここで突然ですが…

yara1

「わが子のサッカーが上手くなる手助けをしたい!」

 

あなたもその一心で、これまで、たくさんのサッカー上達本を読んだり、

インターネットを使って、練習方法やアドバイスなどを調べてきたはずです。

 

でも、世の中には、数えきれないほどの上達法がありますよね。

 

「いったいどれが一番良い方法なのか?」

「ウチの子にあっている練習は、どれなのだろう?」

 

と、頭を悩ませたこともあるでしょう。

 

そんな真剣なあなたに、知っておいてほしいことがあります。

 

それは、必ずしも「上手くなれる練習法=良い練習方法」とは言えないこと。

 

なぜなら、どれだけ練習を頑張って、お子さんが上手くなったとしても、

チームや監督の方針から外れてしまうと、試合にだしてもらえないからです。

 

たとえば、パスでボールを繋ぐサッカーが主体のチームに、

強引に突破するドリブルが得意な選手を入れたら、どうなるでしょうか?

 

チームワークを乱してしまうことが、簡単に想像できますよね。

 

どれだけ上手い選手だとしても、監督は「使いにくい選手」と評価するでしょう。

 

 チームスポーツであるサッカーでは、上手くなることも大事ですが、

お子さんがチームで認められるには、「監督の意に添うこと」も無視できない要素なのです。

 

事実、サッカーを教えてあげたいけれど、チームの方針とは違う、

余計なことは教えられない、というジレンマを感じている親御さんもたくさんいます。

 

でも…、

 

yara2

子どもが所属するチームの方針や監督の意に添いながら、

短期間でまわりの選手たちより上手くなり、チームの主役になれるサッカー上達法。

 

しかも、サッカー経験のないお父さん、お母さんでも教えられる

複雑ではない、サッカー上達に必要な技術を向上できる方法。

 

もし、こんな上達法があれば、お子さんに教えてあげたいと思いませんか?

 

監督の指導法から外れることなく上達できれば、

監督はお子さんを褒めてくれるだけでなく、試合の大事な場面で使ってくれます。

 

また、ライバルよりも上手くなれることで、

お子さんは、大きな自信を付けることもできるでしょう。

 

さらに、あなたは、お子さんが試合で大活躍する姿をたくさん見られるようになるのです。

 

「そんな都合の良い上達法があるのか?」

 

と、思われたかもしれませんが、

今回、初公開となるサッカー上達法なら、すべて実現することができます。

 

「どんなトレーニングなんだろう…」

「うちの子どもに合っているのかな…」

「そんなこと言ってホントは難しくて複雑なトレーニングなんでしょ…」

「結局、専門的な知識がなければ教えられないのでしょ…」

 

と思われたかもしれません。

しかし、今回ご紹介するのは複雑なトレーニングでも
サッカー経験者の親御さんにしか教えられない
これまでの「自主トレ」とは少し違います。

 

そこで本日は、一つの動画を公開させていただきます。

練習内容は「足裏でのドリブルコントロール」です。

多くの子どもが苦手とする練習法です。

 

実際、モデルとして出演して頂いたお子さんも

お世辞にも上手とは言えません…でした。

 

しかし、今回の講師の方の“魔法の一言”で
劇的に技術が向上された瞬間がコチラです。

 

 

 

 

次回へ続く

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。