劣等感を克服する方法

メンタル 武内颯馬

練習や試合の中で、味方や敵選手のプレーを見て、劣等感を感じることはありませんか?

劣等感ほどではなくても、他の選手と比較して、自分の能力の低さに落ち込んだりすることはないでしょうか?

わたしは、ありました。

そして、そうした劣等感や落ち込みがあると、実際に良いプレーはできなくなります。

そういった経験をしたことのある選手は、少なくないと思います。

そこで今回は、劣等感を克服する方法、について紹介したいと思います。

比較することは必要、だけど比較しすぎは良くない

劣等感というものは、他の選手との比較から生まれます。

じゃあ、比較はダメなのか、というと、そうではありません。

比較をするから、自分の長所や弱点がわかり、それらを伸ばしたり、改善したりできます。

問題は、劣等感を感じるほど比較をすることや、比較の仕方です。

1つの対策としては、劣等感といものをしっかりと理解をして、その対処法を知ることです。

3つの劣等感

選手の性格にもよりもますが、サッカーをしていると、多くの劣等感を感じることがあります。

それらを大きく分けると、以下の4つです。

  • 身体的
  • 能力的
  • 技術的
  • メンタル的

身体的

身体的な差としては、以下のものがあります。

  • 背が高い
  • 体が太い

これらは生まれもったものが大きいので、これらを羨んでも仕方ありません。

成長時期によっては、背の高さは変わってきますが、予想が当たるかどうかはわかりません。

なので、期待するのは精神的に良くないので、やめましょう。

体の強さは、筋トレをしたり、食生活を改善したりすると変わりますが、成長期に無理なトレーニングをすると、体を痛めたり、精神的にも負担をかけてしまいます。

それよりも、今の自分の身体的な部分を認めて、それを最大限に活かすように考えましょう。

能力的

能力的な部分も身体的部分と同じように、違いを比較しすぎても良いことはありません。

能力的な違いには、以下のようなものがあります。

  • 足が速い
  • パワーがある
  • ジャンプ力がある

これらの能力は、努力や工夫で伸びる部分もあります。

しかし、もともとの才能で、明らかな違いがある場合も多いです。

足の速さは、それを武器としている選手がいますし、体も大きくパワーもあって、競り合いを好んでいるような選手がいます。

それらの選手に対して、それらを苦手にしている選手が無理に張り合っても勝てません。

自分が持っている他の能力で補う、または勝てば良いのです。

技術的

技術的な違いもあります。

技術的な違いはいくつかあります。

  • キックの精度
  • 視野の広さ

いわゆる、センス、が問われる部分も大きいです。

センスのある選手は、本当に技術の習得が早く、深かったりします。

これらセンスについては、しっかり止める、狙った意図で蹴る、といった基本的な部分は押さえつつ、それ以上のセンスの部分には、深追いしない方が良いでしょう。

メンタル

メンタルでは、以下のような点で差がでます。

  • 打たれ強さ
  • コミュニケーション

打たれ強さ

打たれ強さとは、うまくいかなかった時に立ち直る強さのことです。

サッカーは簡単に点をとれないですし、手を使えないので、上手くいかないことが多いスポーツです。

そういった場合に、打たれ強い選手は、どんどんそれを乗り越え、成長していきます。

しかし、だれもがそういったメンタルを持てるわけではありません。

打たれ弱さは、それを受け入れてしまった方が楽な場合も多いです。

受け入れた上で、練習や改善をコツコツ行って、少しずつ自信を手に入れるのが最善です。

コミュニケーション

コミュニケーションをうまく取れる選手は、それだけで活躍する可能性が高いです。

なぜなら、チームメイトと協力して自分の力を発揮する仕組みを作れるからです。

でも、うまくコミュニケーションをとることは簡単でないですし、それを苦手にしてる選手もいます。

そういった場合は、無理に頑張りすぎる必要はありません。

メンタル的な頑張りは、反動でメンタル的に落ち込む可能性も高いからです。

自分にできる範囲で意思疎通を図るようにして、それ以上を求めないことがメンタルを安定させるコツです。

比較しすぎない2つの考え方

比較しすぎないためには、以下の2つのように考えると良いです。

  • 試合と自分に集中する
  • 諦める

自分と試合に集中する

試合に集中すれば、余計なことを考えません。

味方や敵がどうだったのではなく、練習や試合がどうだったか考えましょう。

練習や試合の過程と結果にフォーカスし、そこに自分がどのように絡めたかを考えます。

そして、それを次の練習や試合に活かせば良いです。

他の選手との比較や評価などは、監督に任せて、自分の評価を自分で上げれるように意識しましょう。

諦め

味方や相手と比較して、差を感じることはあると思います。

認めざるを得ない能力差がある場合は、実際にはあります。

そのような時は、はっきりと、諦めてしまうのが良いです。

諦めてしまうと、できないことに苦しまなくなり、逆にスッキリします。

そして、スッキリした上で、自分なりにチームへ貢献できることを探します。

個人的に劣る部分があるのは仕方ない、でも、持てる力で貢献しようとする意識は負けない、という姿勢です。

まとめ

今回は、劣等感を克服する方法、というテーマで話をしました。

劣等感は、比較しすぎることから始まります。

そして、克服するポイントは、何を比較しているのかをはっきりと認識することです。

試合と自分のことに集中し、時には諦めも受け入れつつ、自分の能力をしっかりコンスタントに出すことが最良の方法です。

今回の記事を参考に、劣等感を持っている人は、ぜひそれを克服し、自分の力を最大限に発揮してください!

 

この記事を書いた人武内颯馬武内颯馬
サッカーを小学生からはじめ、中、高校、大学と部活動に参加する。社会人では市リーグに所属し、サッカーを続ける。社会人になってからは、フットサルもプレーする。様々なチームでプレーする中で、指導的な立場も経験し、その中で上達法や楽しみ方などを伝えるようになる。40代2歳息子の父。主なポジション:ハーフ、サイドバック、好きな選手:イニエスタ、メッシ、好きな監督:岡田武
WooFoods初回LINE登録で30%OFFクーポン配布中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。