閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【サッカー】コーンドリブルの効果を今よりも数倍も得る方法【自主練】
  2. 【少年サッカー】ロングボール多用の弊害
  3. 【サッカーの本質】“駆け引き”と“ハングリー精神”をどのように鍛えるか…
  4. 【自主練法】リフティングがすべての能力に直結する理由
  5. 【サッカー】パスを成功させるために必要な事とは?【ポゼッション】
  6. 【練習法】いつものトレーニングでも効果を変える方法【サッカー】
  7. 【育成】選手の成長は直線的ではなく曲線的【サッカー】
  8. 【サッカーの本質】サッカーが上手くなるための2つの要素とは…?
  9. 【上達法】ヘディングを怖がる子どもの改善策について【サッカー】
  10. 【サッカー】シュート力が無い?キックのフォームに問題があるのかも知れま…
閉じる

ジュニアサッカーの上達練習指導法

クーバーサッカースクール

ボールウォッチャーになる選手の特徴

夏休みに入りましたね。
一部地域を除き、梅雨も明けました。

先週末から遠征に出かけているチームも多いことと思います。

私のチームは8月12日まで毎週何かしらの大会があります。

夏休みの大会は交流大会の意味合いが強く、
ふだんのタイトル戦やリーグ戦と異なり
勝敗にこだわらずに楽しめる大会もあります。

スタメンになれない選手やBチームの選手も
このような大会ではどんどんスタメンで使っていきます。

やはり、サッカーは試合に出ることで上手くなるので、経験の場が必要です。

ふだんは交代出場でフルタイムでプレー出来ない
選手たちも、交流大会ではフルタイム出場します。

フルタイム出場することで、試合開始直後や
終了間際の雰囲気など試合の流れを体験できます。

また、個人とチームの疲労度合いも体感できて、
フルタイムでプレーするためには体力が必要だと気づきます。

真夏のこの時期は決して無理はさせないようにしていますが、
この経験が秋以降につながることもあるので、
選手には意図を持ったプレーをするように伝えています。

■意図を持ったプレーとは

選手たちに伝える、意図を持ったプレーとはどういうものでしょうか。

試合に慣れていない選手たちは、どうしてもボールを意識しすぎてしまいます。

攻撃では、ボールを持った味方に近づき過ぎてしまったり、
守備では味方がプレスをかけに行っているにもかかわらずボールに向かってしまいます。

ボールに触る事で頭がいっぱいで
味方や相手の選手の動きが見えないのです。

攻撃では、味方に近づき過ぎればパスが受けづらいですし、
受けても直ぐに相手が寄せてきます。

慌ててトラミスしたり、良いボールコントロールができなかったりします。

守備では、ボールを持った相手1人に2人がかりで取りにいくと、奪い切れればいいのですが、

奪うことが出来ないと相手チームにフリーの選手が
できてしまいます。そこへパスを出されたらピンチですね。

ボールを持っていない相手選手をマークする事は、意図しないと出来ませんし、
意図してもどうしてもボールに釣られてしまうものです。

まさしく、ボールウォッチャーですね。

■どうすれば意図したプレーが出来るのか

三浦のチームでも、試合経験が少ない選手や
試合に出てもどう動いて良いかわからない選手がいます。

私は、このような選手たちの違いは
単なる慣れの問題だと考えています。

試合の動き方がすぐに飲み込める選手もいれば、
理解するまでに時間がかかる選手もいます。

その差は数日から数ヶ月になることもあるでしょう。

選手や保護者には、ここをわかってもらおうと説明しますが、
1日でも早く上手くなりたい、

上手くなって仲間に追いついて欲しいと言う
気持ちが大きすぎるのか、プレッシャーを
感じている子も多いなあと思っています。

■試合で意図したプレーをするための下地

試合経験を積んで早く上手くなっていく選手と、
なかなか上手くならない選手の違いとはなんでしょうか。

試合で使えるスキルの下地が必要だと
三浦は考えています。

普段の練習で敵をつけずにノープレッシャーで
ボールをコントロールするプレーがいくら上手くても
試合では通用しないことは想像できると思います。

試合はプレッシャーだらけです。

攻撃ではボールを持った瞬間に
相手チームがボールを奪いに来ます。

逆に守備では、相手チームがボールを持った瞬間に
プレッシャーをかけなくてはなりません。

ここで大切な事は、
プレッシャーをかわしたり
かけたりする事は、

ひとりだけで行うものではないという事です。

私は、攻守ともにチームで対応すると
いう事を選手に考えさせています。

そしてチームの最小単位は
2人である事を意識させます。

仲間とともに攻撃する、仲間とともに
守備をする事を考えさせ、意識させて、
意図のあるプレーを引き出したいと言う考え方です。

ふだんの練習でこのような意識を
持たせるための練習をしているか、出来ているか?

これが試合に出て早く慣れる選手と
なかなか慣れない選手の違いだと考えています。

■試合で役立つスキルとは何か

試合に役立つ練習方法として個人が
身につけなければならないスキルがいくつかあります。

それは、ボールを持っていない時の動きです。

攻撃では、パスやドリブルの後に
味方にボールを渡した瞬間の動きです。

次に受ける動き、スペースに入る動き、
相手を引きつける動きなど、意図しないと
出来ないスキルですね。

このスキルを磨く練習はミニゲームが有効です。

敵と味方を意識しながら行う
2対2や4対4のゲームです。

ミニゲームで意識することは、
2対1の場面を作ること、
逆に1対2の場面にならないことです。

ボール、味方、敵、スペースそして
ゴールの5つを見て判断出来るように
練習しましょう。

夏休みは屋外での練習だけでなく、
ノートに向かったり映像を見たりと
時間を有効に使ってサッカーの理解を深めていきましょう!

 

夏休みを使ってレベルアップするための方法はコチラ↓
http://rs39.net/c/s/cfkw_5/bl/

関連記事

  1. 【サッカー】パスやドリブルでボールを置く位置

  2. 【サッカー】コーンドリブルの効果を今よりも数倍も得る方法【自主練…

  3. 【ロシアW杯】攻守における連続したプレーができる選手とそうでない…

  4. 【クラブW杯】ワールドクラスの選手から学ぶべき技術とは…?

  5. フットサルの技術は『このように活かされる』

  6. 【自主練法】リフティングがすべての能力に直結する理由

ピックアップ記事

  1. ■ドリブル練習の登竜門「コーンドリブル」コーンドリブルといえば、コーンドリブルです。ドリブル…
  2. サッカーファンや少年サッカーの保護者の中には、サッカーの戦術についてとても詳しい人がいます。…
  3. 今回は、「“駆け引き”と“ハングリー精神”をどのように鍛えるか vol.1」というテーマで書いていこ…

おすすめ記事

  1. 【サッカー】コーンドリブルの効果を今よりも数倍も得る方法【自主練】
  2. 【少年サッカー】ロングボール多用の弊害
  3. 【サッカーの本質】“駆け引き”と“ハングリー精神”をどのように鍛えるか vol.1
ページ上部へ戻る