閉じる
  1. 【鬼木コーチ】代表レベルの選手になるということ
  2. 【鬼木コーチ】目的地の認識で動きが決まる
  3. 【鬼木コーチ】フットボールにおける目的地認識
  4. 【鬼木コーチ】身体の動かし方なのか、身体の動かされ方なのか…
  5. 【鬼木コーチ】「comeの概念」について
閉じる
閉じる
  1. 【鬼木コーチ】comeの概念を通して見るフットボールとの向き合い方②
  2. 【三浦コーチ】ボールを取りに行けない選手の特徴
  3. 【鈴木コーチ】フットボールに必要なスキル【練習会】
  4. サッカーに教育を持ち込むのはナンセンス
  5. 【檜垣コーチ】トレーニング前に意識すること
  6. 【鬼木コーチ】comeの概念を通して見るフットボールとの向き合い方①
  7. 【千葉コーチ】相手を見ながらボールを扱える能力を高める力を身に付ける
  8. 【檜垣コーチ】アウトインドリブルの重要性
  9. 攻撃の技術を学ぶことで、モチベーションがアップする
  10. 「子どもたちの伸び際」を見逃さないポイント
閉じる

ジュニアサッカーの上達練習指導法

クーバーサッカースクール

【上達法】やはり、サッカーでは「トラップ」の技術が重要になります。

日本代表の欧州遠征2戦目。
ベルギー戦を見て少し眠い三浦です。

選手は頑張っているのですが、やはり個の能力の差が大きいと感じました。

特に攻撃陣のテクニックです。

プレッシャーがかかる状態、トップスピードでボールを扱う状態での
ボールコントロールはまだまだ課題が残ります。

サッカーはトラップが全てと語る指導者もいるほど、
トラップができないとパスもドリブルも始まりません。

三浦のチームでは、時折、練習を兼ねてフットサルの大会に出ます。

フットサルは5人制で、フィールドは4人です。

試合が始まってみると1対1の場面が多いことと、

1本のパスの成功、失敗で局面が大きく変わることが特徴です。
もちろん、ドリブル突破も有効です。

ひとり抜くことで、目の前はGKだけという場面が何度も現れます。

少人数で狭いコートで行うので、止める、蹴る、運ぶという技術の
レベルをハッキリ見ることができます。
8人制の大きなコートでは活躍できる選手が、
フットサルになるとミスを連発するということがあります。

それは、広いスペースでボールを扱えることや、
トラップミスしてもリカバリーできるので、ミスをとりもどすことができるからです。

そういう選手がフットサルコートでプレーをすると、
トラップが正確でないので、タッチラインを割ってしまったり、相手に奪われたりします。

8人制で活躍できる選手がフットサルコートで正確なトラップができるようになれば、

8人制に戻ってもスピードある正確なプレーが出来るようになるでしょう。

■トラップそのものの技術

小学生の選手たちのトラップを見ていると、上手い、上手くないの基準として、

いくつかの特徴があります。

まず、ボールにタッチする時、足が地面についてしまっていることがありますね。

これではボールが浮いてしまい、トラップミスになってしまいます。

次に、ボールのどこを触ればいいかという事ですが、ピタッと止めるためには

ボール水平線より上をタッチすることでしょう。

真横をタッチすることもよいですが、真横の場合はボールの下をタッチしてしまうこともあるので、

自分なりに「やや上」という感覚を身につけることです。

さらに、ボールをタッチする場所です。

自分の軸足を基準としてどれくらい前でタッチするかということです。

よくない例としては、習慣的に軸足深くに止めてしまうことです。
足もとのあるので奪われにくいように思えますが、この位置はボールを動かしにくいので、

結果的にもう一回タッチしなければなりません。

遠すぎるタッチもよくないでしょう。軸足を移動させずに蹴れないので、

ワンテンポ遅れてプレーすることになります。

ちょうど良い場所。距離。を自分でつかむこと。
それは、軸足を動かさずに正確なインパクトでボールを蹴れることです。

■ボールをトラップする方向

小学生で身につきにくいトラップ技術として、トラップの方向づけというものがあります。

ボールが来た方向に対して、リターンなら来た方向ですし、敵から遠ざけるなら、

ボールが来た方向と逆方向(遠い方向)にトラップすることがセオリーです。

ボールが自分にパスされた時に敵の位置とスペースが見えていれば、トラップする方向は瞬時に判断できます。

敵の位置とスペースが見えていない状態では、ボールが来た方向しか見えていないので、

ボールが来た方向にトラップしてしまいます。

サッカーを始めたばかりの頃によくあるプレーですね。

サッカー用語に「コントロールオリエンタード」という言葉があります。

ボールが来た方向と逆方向にパスをまわすことで、敵にボールを追いかけさせるというものです。

デフェンスラインのパス回しをイメージしてみて下さい。
ボールが来た方向に返していると、敵につかまりやすいですが、

敵から遠ざけるようにパスを回していくと、敵はバラけて来ます。

バラけたところを見て縦パスを通す。代表チームでもJリーグでもよくある場面ですね。

これを小学生の低学年でも身につけて欲しいなと思います。

試合で出来るようになるためには、トラップの技術、パスの正確さが必要になるので、ミスもあるでしょう。

2人で向かいあう対面パスの練習をいくら行っても上記の技術は身につかないと思います。

やはりボールが来る方向とパスを出す方向が逆になるような場面を作って練習することです。

三浦のチームでは「スクエアパス」の練習を行うことで、トラップ方向とパス方向、

さらに顔をあげてまわりを見るという練習を行っています。

日本代表の欧州遠征で、ブラジルの強さ、旨さにあらためてショックを受けました。

やはりサッカーは「トラップ」です。

年内、三浦のチームでは「トラップ練習」が多くなりそうです。
皆さんも頑張って下さい!

関連記事

  1. フィジカルの強さとスペースの使い方

  2. フォワードは動いてはいけない?

  3. 【鬼木コーチ】フットボールにおける目的地認識

  4. サッカーは教えれば教えるほど下手になる

  5. 【シュート上達法】パントキックでスキルアップを行える?

  6. 香川真司のハットトリック

おすすめ記事

  1. 【鬼木コーチ】フットボールにおける目的地認識
  2. 【鬼木コーチ】「comeの概念」について
  3. 【鬼木コーチ】代表レベルの選手になるということ
  4. 【鬼木コーチ】目的地の認識で動きが決まる
  5. 【鬼木コーチ】身体の動かし方なのか、身体の動かされ方なのか…

ピックアップ記事

  1. こんにちは鬼木です。前回は、“comeの概念”をどのようにフットボールに活かしていくのか?…
  2. ウチのチームには女子もいます。一番小さい子は小学2年生です。小学1年生の春からサッカーを始め…
  3. ロシアワールドカップのベルギー戦でもゴールを決めた原口選手。日本で活躍していた時はバリバリの…

おすすめ記事

  1. 【鬼木コーチ】comeの概念を通して見るフットボールとの向き合い方②
  2. 【三浦コーチ】ボールを取りに行けない選手の特徴
  3. 【鈴木コーチ】フットボールに必要なスキル【練習会】
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。