閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【サッカー】親子で行う自主トレの重要性とは…?
  2. 【動画レッスン】頭が前に出る罠【サッカー】
  3. 【サッカー】練習で全力を尽くすことの大切さとは…?
  4. 【レビュー6】10年早く、この理論に出会っていればよかったという悔しさ…
  5. 【レビュー5】この蹴り方ノウハウから、あなたが得られるものとは…?
  6. 【レビュー4】あなたにオススメする、●個の理由【蹴り方DVD】
  7. 【サッカー】DVDから得られるメリット その2【コーチ目線】
  8. 【サッカー】今回のDVDから得られるメリット その1【コーチ目線】
  9. 【新作】なぜ、ボールを上手く蹴れる選手と、そうでない選手に分かれるのか…
  10. 【新作情報】上手く蹴りたければ【ボールを見るな!】
閉じる

ジュニアサッカーの上達練習指導法

クーバーサッカースクール

ボールを変えるとリフティングができない理由

ビーチボールではリフティングができるのに
4号球になると、できない選手から質問をいただきました。

 

■質問
> 息子(1年生)は、ビーチボールでリフティング練習をしていて
> 50回ぐらい連続で出来るようになりましたが、
> ボールを10センチ位のリフティングボールに変えたら途端にできなくなりました。
> きっと重さなどの違いからだと思いますが、なにかコツがあれば教えて下さい。

■回答
早速ですが、アドバイスさせてください。

いきなり余談ですが、JSC CHIBAの1年生を振り返りますと、
4号のサッカーボールは重たいようです。

ビーチボールリフティングでは、

① 足首の延ばし方。
② 膝関節の正しい使い方。
③ 股関節の正しい使い方。
④ 体力。

上記が、養われたと思います。

本来であれば、次に提案したいリフティングトレーニングは4号ボールを使います。

ただし、空気を抜き、ボールを柔らかめにして行うリフティングです。

ボールが柔らかいと、多少中心を外れてボールを蹴っても上に浮かす事が出来ます。

小さなリフティングボールは、的が小さいために難易度は高くなりますので4号
ボールをお勧めしたいのですが、冒頭述べたとおり「重い」4号ボールが負担に
なるようでしたら回数を増やす視点から、真上に上げてキャッチする事をお勧め
します。

ビーチボールで養われた体力には、筋力が含まれていませんので負担を掛け過ぎ
ると関節の使い方(蹴り方)が、悪くなってしまいます。

リフティングボールも同様に、頭の高さまで蹴り上げて手でキャッチしてくださ
い。(両足)ボールの中心を捉える事と、ゆっくり体の力を付けていく事できっ
と将来にに生きる効果が出て来ます。

子供の好奇心は旺盛です。

蹴ってキャッチを続けていると、1回でキャッチすることに飽きて、2回・3回・5
回と蹴る回数を自分でどんどん増やしていくと思います。
「上手になってきたな。」と感じたら、提案する事も良いでしょう。

以上回答になっていれば幸いです。

JSC CHIBA 川島和彦

 

http://www.mlritz.com/link/113/1/288/2/
http://www.mlritz.com/link/113/1/288/3/
http://www.mlritz.com/link/113/1/288/4/
http://www.mlritz.com/link/113/1/288/5/
http://www.mlritz.com/link/113/1/288/6/
http://www.mlritz.com/link/113/1/288/7/

関連記事

  1. 【サッカー上達】走り方が単調になっている選手が「ダメ」な理由

  2. 【サッカー】DVDから得られるメリット その2【コーチ目線】

  3. 「しかける」というプレーを楽しんでいる

  4. 【上達法】やはり、サッカーでは「トラップ」の技術が重要になります…

  5. 1対1の練習や、試合での1対1の場面で思ったように相手を抜けない…

  6. 「移動の延長線上」でサッカーを指導してみると…

ピックアップ記事

  1. JSC CHIBAの川島監督のDVD『親子で特訓!わんぱくドルブル自主練習~試合で活躍す…
  2. プレーが上手くできない、または試合で上手くいかないのには、必ず上手くできない「原因」がありま…
  3. 僕のチームのOBが高校サッカー選手権大会の予選に出ているので、コーチ仲間と一緒に応援に行きました。…

おすすめ記事

  1. 【サッカー】親子で行う自主トレの重要性とは…?
  2. 【動画レッスン】頭が前に出る罠【サッカー】
  3. 【サッカー】練習で全力を尽くすことの大切さとは…?
ページ上部へ戻る