閉じる
  1. 【鬼木コーチ】「comeの概念」について
  2. 【鬼木コーチ】身体の動かし方なのか、身体の動かされ方なのか…
  3. 【鬼木コーチ】代表レベルの選手になるということ
  4. 【鬼木コーチ】目的地の認識で動きが決まる
  5. 【鬼木コーチ】フットボールにおける目的地認識
閉じる
閉じる
  1. 【檜垣コーチ】いろいろな部分を使ってのリフティング
  2. 【サッカー】ボールを持っていない時のプレーを改善すると質が向上されます…
  3. 【三浦コーチ】ボールコントロールのミスは、試合に付きもの【サッカー】
  4. 【センアーノ神戸】指導者も真似から始めましょう【レビュー7】
  5. 【センアーノ神戸】指導者が行動を起こさなければ変化は生まれません【レビ…
  6. 【センアーノ神戸】空間認識能力を養う特別な練習法とは…?【レビュー5】…
  7. 【センアーノ神戸】低学年と高学年のポイントを変えて指導する【レビュー4…
  8. 【センアーノ神戸】3対3対3(BOX)というメニューで得られるもの【レ…
  9. 【三浦コーチ】体格差を運動量でカバーするための練習法
  10. 【センアーノ神戸】ポゼッションサッカーは時代遅れですか?【レビュー2】…
閉じる

ジュニアサッカーの上達練習指導法

クーバーサッカースクール

ワールドクラスの選手は「●●」を意識している理由とは…?

ワールドカップの組み合わせが決まり各国の主力選手や戦術などを雑誌やサイトで見ることが出来ますね。

ワールドカップでは、各国のリーグで活躍するスーパースターが目白押しです。

その中で、日本人と身長が変わらないにもかかわらずワールドクラスの選手である、フランス代表のフランク・リベリー(バイエルン・ミュンヘン)に注目です。

170センチという身長にもかかわらず、スピード、パワー、テクニックはバイエルンでの活躍を見れば一目瞭然ですね。

私がリベリーの最大の長所だと思う部分は、フィジカルの強さに裏付けられたテクニックだと思います。

メッシとはまた違うタイプのドリブラーで、相手との接触プレーに強く当たり負けしません。

大きな選手に囲まれて体を当てられても、フィジカルとテクニックで突破を見せます。

突破からのスピードアップから放つシュートは、全身が強靭なバネという印象さえ受けます。

私は育成年代である小・中学生を指導していますが、試合中に選手に強く要求することがいくつかあります。

そのひとつが「簡単に転倒しないこと」です。

大きな選手に当たり負けして、簡単に転ぶこと。

まるで、相手が悪いとでも言いたげな表情をすることもあります。

転び方を見ていると、踏ん張った限界としての転倒かどうか判断することが出来ます。

チームでは、体を当ててボールを守る練習や、ボールを奪う練習をしているのですが、試合になると相手のプレッシャーは一段とキツくなります。

リベリーのプレーが素晴らしいと思うことは、ボールを持ってドリブルやキープをしている時にでも、決して簡単に転ばないということです。

相手チームもリベリーの強さを知っているので、これ以上はファウルをするしか止める方法がないので手も足も出せません。

つまり、当たりに強い選手は相手にとって当たりたくない選手でもあるということです。

転ばない能力というものは、ボディバランスとボールコントロールとそしてフィジカルの強さが必要です。

どれかひとつだけトレーニングすればよいというものでもないですしどれかが欠けてもダメでしょう。

もっともブンデスリーガでリベリーと対決するシャルケの内田は体を張ってクロスを防ぐシーンでは転倒するしかないですけどね。

欧州最優秀選手だから凄いというより、メンタルが凄いと内田篤人はリベリーをリスペクトしているようです。

さて、1対1の強化はもっとも実践的な練習方法であると言えます。

ボディバランス、ボールコントロール、フィジカル(体幹)を一度にトレーニングすることが出来ます。

1対1の練習では、リベリーのこんなことを学んで真似をするとよいと思います。

それは、相手とのコンタクトプレーの最中にもどこにボールを運べば有利になるか、相手の逆を取れるかを考えていることです。

今度、リベリーのプレーを見る機会があったら注目して欲しいのですがスピードドリブルで突破するのか、ターンで方向を変えるのか、プレーを選択する前に、回りがよく見えているということです。

素晴らしいテクニックやプレーを活かすためには、回りを見ることが大切です。

1対1に強くなるコツは、腰を折らずに上半身を立てることですがこの姿勢がとれるようになると、顔も上がるようになります。

そうすると、ボールや相手が見えるようになり、ステップワークで相手をかわすことも出来るようになります。

リベリーは、「背中に1本の鉄の棒が通っているようだ」と言われるほど、体幹の強さが特徴ですが、同じバイエルンのロッベンも究極の体幹プレーヤーと言えると思います。

ふたりともブレない上半身で当たりに強いという特徴を持っていますが単純に上手いとかスピードがあるというより、「強い」という印象ですね。

1対1のトレーニングで体幹を意識することで、1対1に強くなりテクニックを磨くことと合わせて、「上手くて力強い」選手を目指して欲しいと思います。

先日もご紹介させて頂いた、川島監督の最新作DVDもまさしくリベリーのように体幹を意識するだけで

“コンタクトに負けない1対1の強さ”を習得できるトレーニングが紹介されています。
http://rs39.net/c/s/cfkw_6/bl/

関連記事

  1. ツートップの有効性

  2. 【サッカー】今回のDVDから得られるメリット その1【コーチ目線…

  3. 「試合を読む」という選手がチームには必要です。

  4. シュートの何が難しいのか?

  5. 大切なのは戦術よりも、心を動かすこと

  6. 【サッカーの本質】“駆け引き”と“ハングリー精神”をどのように鍛…

おすすめ記事

  1. 【鬼木コーチ】フットボールにおける目的地認識
  2. 【鬼木コーチ】「comeの概念」について
  3. 【鬼木コーチ】代表レベルの選手になるということ
  4. 【鬼木コーチ】目的地の認識で動きが決まる
  5. 【鬼木コーチ】身体の動かし方なのか、身体の動かされ方なのか…

ピックアップ記事

  1. リフティングトレーニングの効果は、一つのボールタッチだけを覚えるのではなく、基本中の基本のインステッ…
  2. 三浦です。久保選手がレアルに合流しましたね。日本人がレアル・マドリッドに!と僕も感動…
  3. 三浦です。7月に入りました。今年度のシーズンが始まって3ヶ月が経ちました。この3ヶ月…

おすすめ記事

  1. 【檜垣コーチ】いろいろな部分を使ってのリフティング
  2. 【サッカー】ボールを持っていない時のプレーを改善すると質が向上されます
  3. 【三浦コーチ】ボールコントロールのミスは、試合に付きもの【サッカー】
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。