閉じる
  1. 【鬼木コーチ】フットボールにおける目的地認識
  2. 【鬼木コーチ】目的地の認識で動きが決まる
  3. 【鬼木コーチ】「comeの概念」について
  4. 【鬼木コーチ】代表レベルの選手になるということ
  5. 【鬼木コーチ】身体の動かし方なのか、身体の動かされ方なのか…
閉じる
閉じる
  1. 【鬼木コーチ】comeの概念を通して見るフットボールとの向き合い方②
  2. 【三浦コーチ】ボールを取りに行けない選手の特徴
  3. 【鈴木コーチ】フットボールに必要なスキル【練習会】
  4. サッカーに教育を持ち込むのはナンセンス
  5. 【檜垣コーチ】トレーニング前に意識すること
  6. 【鬼木コーチ】comeの概念を通して見るフットボールとの向き合い方①
  7. 【千葉コーチ】相手を見ながらボールを扱える能力を高める力を身に付ける
  8. 【檜垣コーチ】アウトインドリブルの重要性
  9. 攻撃の技術を学ぶことで、モチベーションがアップする
  10. 「子どもたちの伸び際」を見逃さないポイント
閉じる

ジュニアサッカーの上達練習指導法

クーバーサッカースクール

【鬼木コーチ】サッカー用語ではない言葉の力

最初に以下の言葉を確認してみてください。

・ボールを持って走る〔投げてキャッチ〕

・重心移動と体重移動

・スキマ・スキマの確認

・ドーナツ

 

・ニョキ力とは

これらは、鬼木コーチのDVD 

【重心移動アナライズ】Disc1に登場する、

項目タイトルの一部です。

 

・ボールを持って走る〔投げてキャッチ〕

 サッカーなのに!?

 

・重心移動と体重移動

 これは鬼木コーチらしいタイトルだ!

 

・スキマ・スキマの確認

 スキマってサッカー用語?

 

・ドーナツ

 ドーナツって食べ物ですよね!?

 

・ニョキ力とは 

 もはや何??

 

という風に、サッカーでは聞きなれない言葉が並びます。

 

本当に、このような言葉を使って指導しているの?

 

このような言葉で指導しているとなると、

どのような効果があるの?

 

気になってみたので、実際に聞いてみました。

 

サッカー用語に頼らない、ユニークな言葉での指導は、

指導者と選手、親と子でも理解しあえる指導法でした。

 

インタビュー動画で確認してみてください。

 

関連記事

  1. 【サッカー】ディフェンスが苦手な選手の上達ポイントとは

  2. サッカーの原点とはシュートである。

  3. 「ゲームコントロール」の意識

  4. 外サッカーマニアのサッカー少年には絶大な人気

  5. 【ジュニアサッカー】ルックアップで判断力が上がるのに、前を向けな…

  6. 小学3年生までに身に付けたい「パスの基礎」とは…?

おすすめ記事

  1. 【鬼木コーチ】フットボールにおける目的地認識
  2. 【鬼木コーチ】「comeの概念」について
  3. 【鬼木コーチ】代表レベルの選手になるということ
  4. 【鬼木コーチ】目的地の認識で動きが決まる
  5. 【鬼木コーチ】身体の動かし方なのか、身体の動かされ方なのか…

ピックアップ記事

  1. こんにちは鬼木です。前回は、“comeの概念”をどのようにフットボールに活かしていくのか?…
  2. ウチのチームには女子もいます。一番小さい子は小学2年生です。小学1年生の春からサッカーを始め…
  3. ロシアワールドカップのベルギー戦でもゴールを決めた原口選手。日本で活躍していた時はバリバリの…

おすすめ記事

  1. 【鬼木コーチ】comeの概念を通して見るフットボールとの向き合い方②
  2. 【三浦コーチ】ボールを取りに行けない選手の特徴
  3. 【鈴木コーチ】フットボールに必要なスキル【練習会】
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。