閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【ロシアW杯】攻守における連続したプレーができる選手とそうでない選手の…
  2. 飛距離のあるキックは身につけるためには…?
  3. 【ロシアW杯】クリエイティブでたくましい選手を育てるのに大事なこととは…
  4. 【少年サッカー】シュートを打たないでパスを選択する理由とは…?
  5. 【初心者限定】サッカー経験の浅い子供たちが行うべき、トレーニングとは……
  6. 【保護者必見】選手たちのコンディション管理について
  7. 【スキルアップ】インフロントキックの重要性
  8. 【練習法】ボールと相手に対する自信がもたらせるものとは?
  9. 【少年サッカー】ポジションを正しく理解していますか?
  10. 【スキル】自分のタイミングではなく、相手が嫌がるタイミングを知ることの…
閉じる

ジュニアサッカーの上達練習指導法

クーバーサッカースクール

【動画】なぜ重心移動なのか…【鬼木コーチ】

歩く、走る、加速、減速、方向転換、止まる。
サッカーには様々な動きが求められます。

ボールを持っていなくても、マークを外したり、パスをもらうかのような動きで、
相手選手との動きの駆け引きがあります。

さらに、ボールを持つとなると、
足で移動しながら、足でボールを扱う。

野球やバスケット、バレーにしても、
足で移動しますが、基本的にボールは手で扱います。

もう一度言いますが、
サッカーは、足で移動しながら、足でボールを扱う。

移動にボールが加わることにより、「ドリブル」になります。

だから、ドリブル練習が重要なんだと、思うかもしれません。
しかし、大きく蹴りだして身体からボールが離れる、
ボールが足元に近すぎて上手く進めない。

という上手くいかないパターンを、
何度も目にしたことがあると思います。

そこで、知っていただきたいのが、「身体の使い方」です。

なぜボールが離れてしまうのか、近すぎて上手く進めないのか…
その原因を考えてみたことがありますか?

原因を知れば、改善、努力する点は明確になるので、
出来ないことを繰り返し、徐々に感覚をつかむよりも、
速いスピードで上達することができます。

今回は、鬼木コーチの紹介と、
「身体の使い方」を取り入れた指導を理由など、
インタビュー動画があるのでご覧ください。

 

 

ボールが離れてしまう…
近すぎて上手く進めないのか…
その原因は、動画で公開しますので、ご覧ください。

https://goo.gl/uknRpx

 

関連記事

  1. オシム氏が日本人の特徴と評価した「頭がよい」という本当の意味とは…

  2. 中村憲剛選手のコメントを読んで

  3. 【少年サッカー】手では出来るが足で出来ない理由

  4. ツートップの有効性

  5. 当たりの強さに慣れておくことは大切です

  6. なぜ、5人ものデフェンダーに囲まれながらドリブル出来たのか?

ピックアップ記事

  1. ロシアW杯が終わりました。今回のW杯も感動の連続でした。フランスの優勝を予想した、ファンは多…
  2. ロシアW杯も準決勝が終わりました。日本を下したベルギーは、ブラジルを破ったものの、フランスの前に…
  3. 日本代表は、限りなくベスト8に近いゲーム内容でロシアワールドカップを終えました。選手には本当にお…

おすすめ記事

  1. 【ロシアW杯】攻守における連続したプレーができる選手とそうでない選手の差
  2. 飛距離のあるキックは身につけるためには…?
  3. 【ロシアW杯】クリエイティブでたくましい選手を育てるのに大事なこととは?【育成年代】
ページ上部へ戻る