閉じる
  1. 【鬼木コーチ】身体の動かし方なのか、身体の動かされ方なのか…
  2. 【鬼木コーチ】「comeの概念」について
  3. 【鬼木コーチ】代表レベルの選手になるということ
  4. 【鬼木コーチ】フットボールにおける目的地認識
  5. 【鬼木コーチ】目的地の認識で動きが決まる
閉じる
閉じる
  1. 【サッカー】ドリブル突破の何が怖いのか?
  2. 【檜垣コーチ】各部のテニスボールリフティングが安定してきたら
  3. 【サッカー】シュートを外してしまう原因とは「力み」?
  4. 【特別価格】蹴れるようになってからでは遅いと思います…【本日最終日】
  5. 【サッカー】セオリーとなるプレー
  6. 【新作】正確なトラップ、正確なキックというコーチングだけでは不足です【…
  7. 【実話】ロングボールを蹴れることよりも大切な事とは?
  8. 【練習法】鈴木陽二郎コーチがスクエアパスを行うとこうなる…↓【新作情報…
  9. 【練習法】ボールをサンドバックのようにバンバン蹴る【新作レビュー】
  10. 【少年サッカー】団子サッカーになる理由とは?【上達法】
閉じる

ジュニアサッカーの上達練習指導法

クーバーサッカースクール

タグ:鬼木祐輔

三浦です。U12選手権全国大会の都道府県予選が始まっていますね。U12選手権の大会名称は、以前は全日本少年サッカー大会でした。全日、全少という略称で呼ばれていました。都道府県によって選手権の方式は異なっています。…

こんばんは。三浦です。今年もやはり暑い夏になりました。去年と違って梅雨の時期が長かったため、急激な気温差で体調を崩す選手もいます。日差しの暑さも辛いですが、湿度に注意が必要ですね。先週末に屋内練習をしたのです…

今回、これまで6,000人以上に及ぶフットボーラーを指導し、日本代表・長友佑都の専属コーチとして数多くの成果を上げてきた「鬼木祐輔コーチ」とスポーツDVD 日本No.1のリアルスタイルがタッグを組み蹴り方に特化した特別な練習会を行うことが決…

こんにちは鬼木です。今回は、“comeの概念”を通して見る、フットボールとの向き合い方の最後のお話しをさせていただきます。これまでの記事はコチラ↓http://soccer-rs.com/wp/skill/1455.…

こんにちは鬼木です。前回は、“comeの概念”をどのようにフットボールに活かしていくのか?“comeの概念”でどうフットボールを瞰ていくか?をお伝えしました。今回は、“comeの概念”を通して見る、フットボールとの向…

ロシアワールドカップのベルギー戦でもゴールを決めた原口選手。日本で活躍していた時はバリバリのドリブラーでしたが、欧州で活躍されている今は、まったくプレースタイルが変わりました。その理由とは…?鈴木コーチが解説してくれ…

こんにちは鬼木です。今回上手くまとめられず何度も書き直しをしているところで、長友選手が“comeの概念”のお手本のようなゴールを決めてくれました!55日ぶりの復帰戦で1923日ぶりのゴールだったそうです。リハビリ期間…

こんにちは鬼木です。お元気ですか?僕はUEFAの策略(CL,ELのキックオフが23時)により完全に夜型生活となってしまい、毎日寝不足をこじらせております…。3月も中旬を過ぎ、日本ではそろそろ新年度が始まりますね。…

こんにちは鬼木です。お元気ですか?新年度が始まりましたが、いかがお過ごしでしょうか?学年環境が変わる方は期待や不安やいろんな気持ちが駆け巡っていると思いますが、何事も「最初が肝心」と言われますので、心機一転立ち上がりからガン…

こんにちは、鬼木です。チャンピオンR16で現在3連覇中のレアル・マドリーがアヤックスにホームのサンティアゴ・ベルナベウで1-4で敗れ敗退が決まってしまいました。しかもラ・リーガ、国王杯でのクラシコでバルセロナに連敗したとあり…

さらに記事を表示する

ピックアップ記事

  1. 三浦です。11月に入ったとたんに気温が低くなりましたね。サッカーは屋外スポーツなので、天…
  2. サッカーボールより小さいテニスボールでのリフティングトレーニングでも、その考え方、取り組み方に違いは…
  3. 三浦です。U12選手権全国大会の都道府県予選が始まっていますね。U12選手権の大会名…

おすすめ記事

  1. 【サッカー】ドリブル突破の何が怖いのか?
  2. 【檜垣コーチ】各部のテニスボールリフティングが安定してきたら
  3. 【サッカー】シュートを外してしまう原因とは「力み」?
ページ上部へ戻る