閉じる
  1. 【鬼木コーチ】代表レベルの選手になるということ
  2. 【鬼木コーチ】目的地の認識で動きが決まる
  3. 【鬼木コーチ】身体の動かし方なのか、身体の動かされ方なのか…
  4. 【鬼木コーチ】フットボールにおける目的地認識
  5. 【鬼木コーチ】「comeの概念」について
閉じる
閉じる
  1. 【サッカー】ドリブル突破の何が怖いのか?
  2. 【檜垣コーチ】各部のテニスボールリフティングが安定してきたら
  3. 【サッカー】シュートを外してしまう原因とは「力み」?
  4. 【特別価格】蹴れるようになってからでは遅いと思います…【本日最終日】
  5. 【サッカー】セオリーとなるプレー
  6. 【新作】正確なトラップ、正確なキックというコーチングだけでは不足です【…
  7. 【実話】ロングボールを蹴れることよりも大切な事とは?
  8. 【練習法】鈴木陽二郎コーチがスクエアパスを行うとこうなる…↓【新作情報…
  9. 【練習法】ボールをサンドバックのようにバンバン蹴る【新作レビュー】
  10. 【少年サッカー】団子サッカーになる理由とは?【上達法】
閉じる

ジュニアサッカーの上達練習指導法

クーバーサッカースクール

タグ:育成法

三浦です。11月に入ったとたんに気温が低くなりましたね。サッカーは屋外スポーツなので、天候には人一倍気を使います。三浦は雨よりも風が気になります。練習時も風が強いと選手たちは集中力を欠きます。それでも限られた…

三浦です。U12選手権全国大会の都道府県予選が始まっていますね。U12選手権の大会名称は、以前は全日本少年サッカー大会でした。全日、全少という略称で呼ばれていました。都道府県によって選手権の方式は異なっています。…

三浦です。秋のこの時期になると、ジュニアユースチームのセレクションが話題になります。対象は6年生ですが、中学生になってサッカーを続ける場を選ぶことになります。ウチのチームにもジュニアユースチームはあるのですが、ガチガ…

三浦です。鈴木陽二郎コーチの“親子で学ぶ!まったく新しいボールの蹴り方2”を指導者目線でレビューしています。指導者としては、チーム全員のキックが上達することを願っていることでしょう。上達したキックを試合で活かしたい。…

三浦です。鈴木陽二郎コーチの“親子で学ぶ!まったく新しいボールの蹴り方2”を指導者目線でレビューしています。多くの指導者は「蹴り方の上達方法」と聞くと、インステップで強くて正確なボールを蹴ることをイメージするでしょう。ま…

三浦です。鈴木陽二郎コーチの“親子で学ぶ!まったく新しいボールの蹴り方2”を指導者目線でレビューしています。!突然ですが…指導者のあなたに質問させてください。スクエアパスを練習で行ったこと…

三浦です。鈴木陽二郎コーチの新作「まったく新しい蹴り方2」について指導者目線で解説しています。今日は僕と僕のチームの「キック指導失敗談」についてお話しします。本当はお話ししたくないんですけど、あの時に鈴木陽二郎さんの…

三浦です。指導者の方にお聞きします。何年生を担当していますか?お父さん、お母さんにお聞きします。お子さんは何年生ですか?もし低学年(3年生以下)であれば、おそらく団子サッカーになっているか、団子サッカーをなんとかしよ…

チームで替えがきかないゲームメーカーになるパス、FK、CK、PK、そして、シュートも…監督がすべてのキックを蹴らせたくなる!プレースキックを任される選手は、チームの中で最も「ボールを上手く蹴れる子」という…

日本中に感動を与えてくれたラグビー日本代表の闘いは本当に素晴らしいものでした。最後まで諦めない姿を見て感動しました。僕はいつもチームの選手たちに試合終了のホイッスルが鳴るまで諦めないで闘うように指導しています。試合を見た…

さらに記事を表示する

ピックアップ記事

  1. 三浦です。11月に入ったとたんに気温が低くなりましたね。サッカーは屋外スポーツなので、天…
  2. サッカーボールより小さいテニスボールでのリフティングトレーニングでも、その考え方、取り組み方に違いは…
  3. 三浦です。U12選手権全国大会の都道府県予選が始まっていますね。U12選手権の大会名…

おすすめ記事

  1. 【サッカー】ドリブル突破の何が怖いのか?
  2. 【檜垣コーチ】各部のテニスボールリフティングが安定してきたら
  3. 【サッカー】シュートを外してしまう原因とは「力み」?
ページ上部へ戻る