閉じる
  1. 【鬼木コーチ】身体の動かし方なのか、身体の動かされ方なのか…
  2. 【鬼木コーチ】フットボールにおける目的地認識
  3. 【鬼木コーチ】目的地の認識で動きが決まる
  4. 【鬼木コーチ】代表レベルの選手になるということ
  5. 【鬼木コーチ】「comeの概念」について
閉じる
閉じる
  1. 【檜垣コーチ】リフティングトレーニングから、何を学ぶか
  2. 【サッカー】狭い場所でのトレーニングの課題
  3. 【檜垣コーチ】正しいボールの持ち方とは?
  4. 【サッカー】アイディア次第で現状を打破できます
  5. 【サッカー】リフティングもよいが、より効果のある方法とは【自主練】
  6. 【檜垣コーチ】利き足だけからが、本当のはじめの一歩
  7. 【サッカーの本質】日本のサッカーには相手がいない
  8. 【檜垣コーチ】利き足からボールを自分のものにする
  9. 【サッカー】頭を使ったプレーを意識させるには?
  10. 【サッカー】素早い「予測」と「判断」局面を打開するテクニック
閉じる

ジュニアサッカーの上達練習指導法

クーバーサッカースクール

タグ:対人プレー

三浦です。E-1サッカー選手権でなでしこジャパンの岩渕キャプテンが、中国戦でハットトリックを決めて勝利し、大会が盛り上がっています。※昨日の韓国戦に勝利し、4大会ぶり3度目の優勝を決めました!ドリブル突破だけでなく長…

こんにちは!プロサッカーコーチの檜垣です。本日は、改めてドリブル練習についてまた書いてみようと思います。■利き足でボールを持たなければいけない理由僕自身が提唱した「利き足のポイント」による「利き足…

11月に入り、2019年度JFA第43回全日本U-12サッカー選手権大会の都道府県大会が行われていますね。都道府県代表が決まりつつあります。三浦のチームは既に敗退してしまいましたが、選手たちは悔しさから立ち直り、上位に残って…

三浦です。鈴木陽二郎コーチの「まったく新しいボールの蹴り方2」について指導者目線でレビューしています。今回はまとめ的な内容と三浦の本音をチラッとお話しします。■コーチの固定概念が選手の成長を妨げている…

三浦です。鈴木陽二郎コーチの“親子で学ぶ!まったく新しいボールの蹴り方2”を指導者目線でレビューしています。!突然ですが…指導者のあなたに質問させてください。スクエアパスを練習で行ったこと…

三浦です。指導者の方にお聞きします。何年生を担当していますか?お父さん、お母さんにお聞きします。お子さんは何年生ですか?もし低学年(3年生以下)であれば、おそらく団子サッカーになっているか、団子サッカーをなんとかしよ…

チームで替えがきかないゲームメーカーになるパス、FK、CK、PK、そして、シュートも…監督がすべてのキックを蹴らせたくなる!プレースキックを任される選手は、チームの中で最も「ボールを上手く蹴れる子」という…

日本中に感動を与えてくれたラグビー日本代表の闘いは本当に素晴らしいものでした。最後まで諦めない姿を見て感動しました。僕はいつもチームの選手たちに試合終了のホイッスルが鳴るまで諦めないで闘うように指導しています。試合を見た…

三浦です。台風19号で被災された皆さんにはお見舞い申し上げます。僕のチームでは14日に大会参加を予定していたのですが、参加出来るチームだけで交流大会を行いました。互いのチームの安否確認もありました。サッカーが出来…

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。 パスワード …

さらに記事を表示する

ピックアップ記事

  1. リフティングというトレーニングは、サッカーが上手くなるために不可欠なトレーニングです。サッカ…
  2. 三浦です。年明け時点の予定では、3月の3連休には大きい大会が予定されていました。U1…
  3. はじめは、「利き足だけ」というくらいの「癖」が必要です。ボールは、あっちこっちと動きますから…

おすすめ記事

  1. 【檜垣コーチ】リフティングトレーニングから、何を学ぶか
  2. 【サッカー】狭い場所でのトレーニングの課題
  3. 【檜垣コーチ】正しいボールの持ち方とは?
ページ上部へ戻る