閉じる
  1. 【鬼木コーチ】フットボールにおける目的地認識
  2. 【鬼木コーチ】「comeの概念」について
  3. 【鬼木コーチ】代表レベルの選手になるということ
  4. 【鬼木コーチ】目的地の認識で動きが決まる
  5. 【鬼木コーチ】身体の動かし方なのか、身体の動かされ方なのか…
閉じる
閉じる
  1. 【檜垣コーチ】動きの中でボールを自分のものにする
  2. 【サッカーの本質】サッカーを習い事化したらいけないという話
  3. 【サッカー】ルックアップのためのトレーニングメニュー
  4. 【サッカー】相手から離れるための「バックステップ」
  5. 【サッカー】守備も段階的に学んでいきましょう
  6. 【檜垣コーチ】テニスボールリフティングの意味と効果
  7. 【サッカー】スピード重視でドリブル練習を行うメリット
  8. 【檜垣コーチ】自分の身体をコントロールする
  9. 【サッカー】静岡学園の優勝から学んだこと
  10. 【サッカー】ゴールへ向かう姿勢を見せられる選手の秘密
閉じる

ジュニアサッカーの上達練習指導法

クーバーサッカースクール

タグ:フットボール

こんにちは!「大人になってから学ぶサッカーの本質とは」というブログを運営している今井です。第12回となる今回のテーマは、「ダンゴサッカーをどう扱うかはとても大切」です。少年サッカーチーム、とりわけ低学年はダンゴサッカ…

U12選手権の都道府県予選も終わり、一段落ついたのと新チームのレベルアップを目的にして普段から付き合いのあるチームと合同練習会を行いました。三浦のチームの他に2チームが集まりました、合計3チームです。今回は練習試合だけでなく…

三浦です。僕が尊敬する三浦カズさん。カズさんが所属する横浜FCがJ1に復帰することになりました。J1でカズさんのプレーを見ることが楽しみです。カズさんは52歳。今年は2試合しか出番がありませんでしたがカズさんがいなかった…

三浦です。鈴木陽二郎コーチの「まったく新しいボールの蹴り方2」について指導者目線でレビューしています。今回はまとめ的な内容と三浦の本音をチラッとお話しします。■コーチの固定概念が選手の成長を妨げている…

三浦です。秋のこの時期になると、ジュニアユースチームのセレクションが話題になります。対象は6年生ですが、中学生になってサッカーを続ける場を選ぶことになります。ウチのチームにもジュニアユースチームはあるのですが、ガチガ…

三浦です。鈴木陽二郎コーチの“親子で学ぶ!まったく新しいボールの蹴り方2”を指導者目線でレビューしています。指導者としては、チーム全員のキックが上達することを願っていることでしょう。上達したキックを試合で活かしたい。…

三浦です。鈴木陽二郎コーチの“親子で学ぶ!まったく新しいボールの蹴り方2”を指導者目線でレビューしています。多くの指導者は「蹴り方の上達方法」と聞くと、インステップで強くて正確なボールを蹴ることをイメージするでしょう。ま…

三浦です。鈴木陽二郎コーチの“親子で学ぶ!まったく新しいボールの蹴り方2”を指導者目線でレビューしています。!突然ですが…指導者のあなたに質問させてください。スクエアパスを練習で行ったこと…

三浦です。鈴木陽二郎コーチの新作「まったく新しい蹴り方2」について指導者目線で解説しています。今日は僕と僕のチームの「キック指導失敗談」についてお話しします。本当はお話ししたくないんですけど、あの時に鈴木陽二郎さんの…

三浦です。指導者の方にお聞きします。何年生を担当していますか?お父さん、お母さんにお聞きします。お子さんは何年生ですか?もし低学年(3年生以下)であれば、おそらく団子サッカーになっているか、団子サッカーをなんとかしよ…

さらに記事を表示する

ピックアップ記事

  1. こんにちは!檜垣です。サッカーの技術とは、試合の中で「ボールを自分のもの」に出来る技術こそが…
  2. こんにちは!「大人になってから学ぶサッカーの本質とは」というブログを運営している今井です。第…
  3. 三浦です。先週末から昨日まで土曜を含めると3日間トレーニングを行いました。以前からま…

おすすめ記事

  1. 【檜垣コーチ】動きの中でボールを自分のものにする
  2. 【サッカーの本質】サッカーを習い事化したらいけないという話
  3. 【サッカー】ルックアップのためのトレーニングメニュー
ページ上部へ戻る