閉じる
  1. 【鬼木コーチ】「comeの概念」について
  2. 【鬼木コーチ】フットボールにおける目的地認識
  3. 【鬼木コーチ】目的地の認識で動きが決まる
  4. 【鬼木コーチ】代表レベルの選手になるということ
  5. 【鬼木コーチ】身体の動かし方なのか、身体の動かされ方なのか…
閉じる
閉じる
  1. 【サッカー】異なる環境でのトレーニング効果
  2. 【サッカー】試合でのスプリントは判断能力などを学ぶことが出来る
  3. 【サッカー】強豪チームと自チームとの「差を知る」大切さ
  4. 【サッカー】ドリブル突破の何が怖いのか?
  5. 【檜垣コーチ】各部のテニスボールリフティングが安定してきたら
  6. 【サッカー】シュートを外してしまう原因とは「力み」?
  7. 【特別価格】蹴れるようになってからでは遅いと思います…【本日最終日】
  8. 【サッカー】セオリーとなるプレー
  9. 【新作】正確なトラップ、正確なキックというコーチングだけでは不足です【…
  10. 【実話】ロングボールを蹴れることよりも大切な事とは?
閉じる

ジュニアサッカーの上達練習指導法

クーバーサッカースクール

ボールを変えるとリフティングができない理由

ビーチボールではリフティングができるのに
4号球になると、できない選手から質問をいただきました。

 

■質問
> 息子(1年生)は、ビーチボールでリフティング練習をしていて
> 50回ぐらい連続で出来るようになりましたが、
> ボールを10センチ位のリフティングボールに変えたら途端にできなくなりました。
> きっと重さなどの違いからだと思いますが、なにかコツがあれば教えて下さい。

■回答
早速ですが、アドバイスさせてください。

いきなり余談ですが、JSC CHIBAの1年生を振り返りますと、
4号のサッカーボールは重たいようです。

ビーチボールリフティングでは、

① 足首の延ばし方。
② 膝関節の正しい使い方。
③ 股関節の正しい使い方。
④ 体力。

上記が、養われたと思います。

本来であれば、次に提案したいリフティングトレーニングは4号ボールを使います。

ただし、空気を抜き、ボールを柔らかめにして行うリフティングです。

ボールが柔らかいと、多少中心を外れてボールを蹴っても上に浮かす事が出来ます。

小さなリフティングボールは、的が小さいために難易度は高くなりますので4号
ボールをお勧めしたいのですが、冒頭述べたとおり「重い」4号ボールが負担に
なるようでしたら回数を増やす視点から、真上に上げてキャッチする事をお勧め
します。

ビーチボールで養われた体力には、筋力が含まれていませんので負担を掛け過ぎ
ると関節の使い方(蹴り方)が、悪くなってしまいます。

リフティングボールも同様に、頭の高さまで蹴り上げて手でキャッチしてくださ
い。(両足)ボールの中心を捉える事と、ゆっくり体の力を付けていく事できっ
と将来にに生きる効果が出て来ます。

子供の好奇心は旺盛です。

蹴ってキャッチを続けていると、1回でキャッチすることに飽きて、2回・3回・5
回と蹴る回数を自分でどんどん増やしていくと思います。
「上手になってきたな。」と感じたら、提案する事も良いでしょう。

以上回答になっていれば幸いです。

JSC CHIBA 川島和彦

 

http://rs39.net/c/s/cfkw_1/bl/
http://rs39.net/c/s/cfkw_2/bl/
http://rs39.net/c/s/cfkw_3/bl/
http://rs39.net/c/s/cfkw_4/bl/
http://rs39.net/c/s/cfkw_5/bl/
http://rs39.net/c/s/cfkw_6/bl/

ジュニアサッカー上達DVDを、無料で視聴しませんか?


「Jリーグ・ベストイレブン」「元U-17日本代表」「ブラジルでプロ選手として活躍していた日本人」「普通の高校をインターハイ優勝に導いた監督」「U-12監督」「FIFA公認コーチ」などが出演!














関連記事

  1. 【サッカー】シュート力が無い?キックのフォームに問題があるのかも…

  2. サッカーに教育を持ち込むのはナンセンス

  3. 【スキル】自分のタイミングではなく、相手が嫌がるタイミングを知る…

  4. 自分で工夫する力

  5. なぜクリアーが短くなったのか?

  6. スペースを使って攻撃しよう

おすすめ記事

  1. 【鬼木コーチ】フットボールにおける目的地認識
  2. 【鬼木コーチ】「comeの概念」について
  3. 【鬼木コーチ】代表レベルの選手になるということ
  4. 【鬼木コーチ】目的地の認識で動きが決まる
  5. 【鬼木コーチ】身体の動かし方なのか、身体の動かされ方なのか…

ピックアップ記事

  1. U12選手権の都道府県予選も終わり、一段落ついたのと新チームのレベルアップを目的にして普段から付き合…
  2. 三浦です。僕が尊敬する三浦カズさん。カズさんが所属する横浜FCがJ1に復帰することになりまし…
  3. 11月に入り、2019年度JFA第43回全日本U-12サッカー選手権大会の都道府県大会が行われていま…

おすすめ記事

  1. 【サッカー】異なる環境でのトレーニング効果
  2. 【サッカー】試合でのスプリントは判断能力などを学ぶことが出来る
  3. 【サッカー】強豪チームと自チームとの「差を知る」大切さ
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。