閉じる
  1. 【鬼木コーチ】フットボールにおける目的地認識
  2. 【鬼木コーチ】代表レベルの選手になるということ
  3. 【鬼木コーチ】目的地の認識で動きが決まる
  4. 【鬼木コーチ】「comeの概念」について
  5. 【鬼木コーチ】身体の動かし方なのか、身体の動かされ方なのか…
閉じる
閉じる
  1. 【サッカー】試合になると増えるパスミスの原因とは!?
  2. 【サッカー】ゴールにつながる3つのターンシュートトレーニング
  3. 【サッカー】DFがボールを奪う時の考え方
  4. 【サッカー】パスカットを行うための考え方
  5. 【サッカー】フリーでボールをもらうコツ
  6. 【サッカー】ボランチの選手に実践してほしいトレーニング
  7. 【サッカー】プロになる人の特徴“後編”
  8. 【サッカー】プロになる人の特徴“前編”
  9. 【サッカー】PKを蹴る時のコツ
  10. 【サッカー】エラシコの3つのコツ
閉じる

ジュニアサッカーの上達練習指導法

クーバーサッカースクール

【檜垣コーチ】日本で正しくサッカーを身につけるには?

例えば、日本で英語を身につけようと思えば、発音なども含めて外国人教師から学ぶ方が良いように思いますが、日本人でもネイティブのような英語を話せる人もいますから、一概には外国人だから良いとは言えませんね。

その日本人教師は、日本人として、学び、身につけた経験、英語の基礎基本を身につけていれば、外国人より日本人を指導するには良いかもしれませんが。

サッカーの場合、例えば、ブラジル人プロサッカー選手からサッカーを教えてもらおうとした場合、日本の環境を知る必要があります。

 

練習に対する姿勢

ブラジルのようにサッカーと生活が常に結びついていて、誰もがサッカーに理解ある国ではありませんから、基礎基本を正しく教えなければなりません。

しかし、ブラジル人の場合、教えられてサッカーを身につけたわけではないため、基礎基本を指導するということがどれだけできるかということになります。

これは、日本でプロになるような人にも言えます。というのも、プロサッカー選手になれるような人たちは、練習についてあれこれ考えるより、どんな練習もできるセンスがあり、考えるより先にあらゆることができてしまう人たちが非常に多いので、正しく基礎基本をどのように伝え、指導できるかが問題となります

練習メニューという観点では、世界も日本も変わらないので、ブラジルも日本も同じような練習になりがちです。

むしろ、ブラジルの方がシンプルかもしれません。

練習メニューをやれば、上手くなるわけではないので、練習メニューの中身や上手くなるためのプロセスを正しく知っていることが非常に重要です。

 

ブラジル選手から学んだテクニック

見て学ぶという点では、日本人プロ選手よりブラジル人プロ選手の方がボールの持ち方は良いですね。

英語に置き換えたら、小さな頃から培った自国の言葉と、ネイティブなような英語の日本人でも、脳では、日本語で考えてからの英語とは、やはり違いがあると思います。

ですから、目で見て感じ、慣れるという点では、ブラジル人プロからの方が学べるでしょう。

日本人プロ選手はというと、そのボールの持ち方は日本式指導にベースがあり、日本人的ボールの持ち方になっていますから、ブラジル人プロ選手のボールの持ち方とは異なります。

日本において正しいサッカーを身につけるということは、日本にいて正しい英語を身につける以上に難しいと思います。

 

■世界に出なければ気付かないこと

あらゆる面で日本のサッカーは、ブラジルのそれとは別物ですから

だから、僕の指導した子たちも、海外に行ってから、僕の言ってることに気づいたりする子もいるくらいで、日本式サッカーとブラジルサッカーは全く違います。

だからこそ、僕の中では、今、正しく基礎基本を学び、今、気づいてほしいのです。

必ず、正しい基礎基本は存在しますから、それを知る者が正しく伝えていき、それを素直に感じて、学び、身につけてほしいです。

正しい英語を身につけたいからと、海外に行けばいいわけではありませんが、英語の方がサッカーよりは身につけることはできるでしょう。

言葉は日々使うものですから、日常的に外国人の中にいれば、身につきやすいかもしれません。

 

知らなければ本当のスタートすら切れない

しかし、サッカーの場合は、ブラジル人の中でプレーしてれば、ブラジル人のようになれるわけではありません。

やはり、何事も先ずは、「正しい基礎基本」をしっかりと身につけることです。

それなしには、本当はスタートすらできません。

僕自身の基礎基本は、ブラジルに行ったから身についたものではありません。

ブラジルでは、誰もサッカーを教えてくれませんから、自分が気づけるかどうかです。

ブラジルに行っても、日本式両足バタバタ練習を繰り返す留学生たちばかりでしたから、間違ったことを教わってきたら、見極められる力がなくなります。

とにかく、「正しい基礎基本」、それが一番重要なのですから、日本に浸透させる必要はありますね。

今、日本にあるのは、ほとんどが応用なのですから。

 

檜垣裕志(ひがきゆうし)

1970年生まれ 石川県出身

ブラジル選手権一部リーグに所属するチーム、日本国籍者としてプロ契約した2人目のサッカー選手。
ブラジル選手権一部リーグのポルトゲーザなどで活躍。当時、ゼ・ロベルト(2006 W杯ブラジル代表)とともにプレーをした経験もある。
FIFA(国際サッカー連盟)公認コーチライセンス、CBF(ブラジルサッカー協会)公認コーチライセンスを保有。
圧倒的なテクニックと確立された指導法には定評がある。
現在、明光サッカースクール、東京スポーツレクリエーション専門学校などで、子どもたちにサッカーを指導している。

 

■■■■■檜垣コーチの出演DVD■■■■■

 

ジュニアサッカー上達DVDを、無料で視聴しませんか?


「Jリーグ・ベストイレブン」「元U-17日本代表」「ブラジルでプロ選手として活躍していた日本人」「普通の高校をインターハイ優勝に導いた監督」「U-12監督」「FIFA公認コーチ」などが出演!














関連記事

  1. 自分で工夫する力

  2. 【クーバー・コーチング】1vs1で必須の指導ポイントがコレ↓

  3. 【センアーノ神戸】指導者が行動を起こさなければ変化は生まれません…

  4. 【檜垣コーチ】テニスボールリフティングで、さらなる一体感を求めて…

  5. 【新作】正確なトラップ、正確なキックというコーチングだけでは不足…

  6. 試合になると「消極的」になる選手を激変させる方法

おすすめ記事

  1. 【鬼木コーチ】フットボールにおける目的地認識
  2. 【鬼木コーチ】「comeの概念」について
  3. 【鬼木コーチ】代表レベルの選手になるということ
  4. 【鬼木コーチ】目的地の認識で動きが決まる
  5. 【鬼木コーチ】身体の動かし方なのか、身体の動かされ方なのか…

ピックアップ記事

  1. 今回は、普段の練習ならパスが上手く通るのに、試合中など動いている時だとパスが上手くいかない選手が、上…
  2. 今回は前線の選手、特にFWの選手が意識して行うと、たくさん点が取れるコツをご紹介していきたいと思いま…
  3. 今回は、1対1でディフェンスがボールを奪う方法や考え方を、解説していきたいと思います。&nb…

おすすめ記事

  1. 【サッカー】試合になると増えるパスミスの原因とは!?
  2. 【サッカー】ゴールにつながる3つのターンシュートトレーニング
  3. 【サッカー】DFがボールを奪う時の考え方

line

SNSでも情報配信中!

facebook

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。