閉じる
  1. 【鬼木コーチ】身体の動かし方なのか、身体の動かされ方なのか…
  2. 【鬼木コーチ】目的地の認識で動きが決まる
  3. 【鬼木コーチ】代表レベルの選手になるということ
  4. 【鬼木コーチ】「comeの概念」について
  5. 【鬼木コーチ】フットボールにおける目的地認識
閉じる
閉じる
  1. 【檜垣コーチ】テニスボールリフティングで、さらなる一体感を求めて
  2. 【サッカー】異なる環境でのトレーニング効果
  3. 【サッカー】試合でのスプリントは判断能力などを学ぶことが出来る
  4. 【サッカー】強豪チームと自チームとの「差を知る」大切さ
  5. 【サッカー】ドリブル突破の何が怖いのか?
  6. 【檜垣コーチ】各部のテニスボールリフティングが安定してきたら
  7. 【サッカー】シュートを外してしまう原因とは「力み」?
  8. 【特別価格】蹴れるようになってからでは遅いと思います…【本日最終日】
  9. 【サッカー】セオリーとなるプレー
  10. 【新作】正確なトラップ、正確なキックというコーチングだけでは不足です【…
閉じる

ジュニアサッカーの上達練習指導法

クーバーサッカースクール

【サッカー】よい体の向き「グッドボディシェイプ」は絶対か…?

先週はお盆休みということで帰省していた家庭も多かったかと思います。

一方では、全国各地でカップ戦が開かれたり、遠征や合宿を行ったチームも多かったですね。

熱中症対策をしっかりしながら成果を上げることが出来たでしょうか。

僕のチームもカップ戦に参加しました。

カップ戦のよいところは、少ないチーム数で上位を狙うというモチベーションが高まることですね。

長期リーグ戦にはないメリットです。

指導者にもメリットはあります。

指導者どうしの交流で、知識が増えて考え方が広がっていきます。

今回はその中からひとつ紹介します。

 

よい体の向き「グッドボディシェイプ」は絶対か

少年サッカーを指導するときに「よい体の向き」というテーマは欠かせません。

サッカーは後ろから来るボールを前に運ぶのですが、その時に真後ろを向いていたのでは、相手ゴール方向が見えていないので、相手や味方の様子がわからず、よい判断が出来ないというものです。

後ろからボールをもらう時にちょっとバックステップをして体を開く必要があります。

後ろの選手がボールを持つ時にあらかじめ予測が出来ていればよいのですが、試合では予測する時間がない場合もあります。

あるチームのコーチは「後ろからボールをもらう時に、体の向きを作る時間がかかりすぎてパスをカットされてしまう」と嘆いていました。

僕は、体の向きは大事だけど、ボールを失わないことが最優先だよね、ちょっと考えてみよう。

お互いに試合を見ながら後ろからのパスの受け方について観察しました。

 

前を向いてボールを持てればよいのではないか

知人のコーチのチームには、中盤にとても積極的な選手がいました。

自分のチームのキーパーやセンターバックがボールを持つと積極的にパスを要求します。

「こっちにくれ!」と叫んで走り寄って行きます。

知人のコーチは、そのプレーに問題があると言うのですが、よく見てみるとその選手なりに工夫して受けているようでした。

走り寄っていくと、相手のマークも一緒について来るので背後にスペースが出来ます。
そのスペースを作ること、そのスペースに入って前を向くことを狙っているように見えました。

狙いを持ってプレーしている様子を見てとてもよい選手だと思いましたが、ターンの方法に問題ありです。

 

後ろからのボールを受けてターンする方法を考えてみる

バックからのパスをインサイドで受けてターンする時に、右足のインサイドで受けて左回転にターンする時、相手チームはそのパスをカットするか、ターンの瞬間を狙って奪いに来ます。

時々、危険な場面がありました。相手がいる方向にターンするのでボールを奪われてシュートされました。

知人のコーチとその場面を見て相談しました。

「ターンの方向が逆だよね」

「相手が来ているならアウトを使って相手から遠い方向へターンするとか」

「相手に気づかないのかも知れない」

ハーフタイムになったので、その選手と僕たち2人のコーチが話をしました。

 

素早くターンしたい、相手にも取られたくない

その選手が言うには「とにかくボールを受けたら素早くターンして前を向きたいんです」だからボールに走り寄って、相手の位置を見ることもなくターンを繰り返すのだと説明していました。

「それはいい考えだけれども、危険な場面があったね、どうすればいい」アウトサイドで逆方向にターンする方法を提案して、その場でやらせてみました。

「やりにくいです。それに、ボールが離れやすいと思う」なかなか実戦的なコメントがありました。

 

軸足の後ろを通すという発想

いろいろなターンを試しているうちに、軸足の後ろを通すターンを見て「そうだ、軸足の後ろを通してターンすればいいかも」この発想は、回りにいる選手たちからの提案でした。

ボールにまっすぐ向かって走りより、右のインサイドでタッチした瞬間に軸足の後ろを通し、体は左回りにターンするというものです。

子供たちのサッカーではよく見られるターンなのですが、なぜか試合では見る場面が少ないです。

「相手がボールを奪おうとしても軸足を蹴ってきたらファウルになるからね」後半に試してみようということになりました。

 

工夫の相乗効果

後半が始まりました。

軸足の後ろを通すターンが成功するか?と見ていると、左サイドハーフの選手が、左サイドバックからパスを受けるときにさっそく見せてくれました。

左サイドバックがボールを持っていて、相手選手もパスが出るのを狙っていました。

サッと寄ってボールを受けるサイドハーフは相手が軸足が側にいるので、軸足の後ろを通して無事にターンすることが出来ました。

「あれだよ、あれ!」知人のコーチは喜んで見ていました。やろうとしたことを試合でやってみるというお手本です。

センターハーフの選手もなんどかトライしましたが、センターバックからのパスが強すぎたり、弱すぎたりして、キレイに決まるシーンはありませんでしたが、トライする姿勢が素晴らしいです。

試合が終わり、選手どうしでの反省を聞いてみると「軸足側に誘わないと成功しないよね」「リターンパスするかも知れないと思わせると成功しやすい」などと改良点について話をしていました。

ちなみにこの選手たちはまだ5年生です。

「サッカーの技術は選手どうしの相乗効果があるねー」「ひとりの問題もみんなで考えると効果があるねー」将来が楽しみな5年生だと、知人のコーチと笑って大会を後にしました。

 

三浦直弥(サッカーコーチ)

小学4年生からサッカーを始め、中学、高校、大学、社会人とサッカーを楽しみつつ、大学生の頃からコーチングの道を歩み始め、指導の楽しさも知る。

現在アラフィフのサッカーマンである。理論派でありながら熱い血潮を持つタイプ。サッカーの本質を突く指導がモットー。

現在は、東京都のある街クラブでヘッドコーチを努めている。

好きな選手は故クライフ、そして自分の姓と同じ三浦カズ!好きな指導者は、森保監督の育ての親とも言えるオフト、そしてオシム。

座右の銘は「諦めたらノーチャンス」。チーム運営や保護者対応などにも詳しく、近年はメルマガやブログへの寄稿活動も行っている。

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

(株)Real Style  おすすめサッカー教材・商品

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■全国大会優勝チーム、センアーノ神戸監修
「本番に強い選手の育て方~試合で活躍できる「個」を育てるためのトレーニングメソッド~ポゼッション編 」
https://rs39.net/c/s/cfoh_1/bl/

■基礎が学べる!初心者のためのサッカー上達法~「運ぶ」と「抜く」が身に付けられるドリブル上達法~
息子がボールを持つと、友達や保護者に笑われてしまいました。
でも息子がドリブルを始めると…将来性のある選手が次々に育つ名門フットボールクラブが実践する抜けるドリブルレッスンDVDとは…?
https://rs39.net/c/s/cfnk_1/bl/

 

■親子で学ぶ!まったく新しいボールの蹴り方
なぜ、テクニックのないビギナーでも、この男の話を聞き流すだけでキックの威力が増し、ボールを遠くに正確に飛ばせるようになるのか?
http://rs39.net/c/s/cfsy_1/bl/

 

■「個」の力を育成するためのドリブル上達トレーニングメソッド~ドリブルが巧くなる!動き創り&リズムの習得~
なぜ、クラブ連盟未登録の「無名の街クラブ」が、Jユースが集まる大会で、優勝できたのか…?
http://rs39.net/c/s/cfmt_1/bl/

■コーンドリ ~「個」の力を育成するためのドリブル上達トレーニングメソッド2~
「まさか、コーンドリブルに、こんなやり方があったなんて…」
なぜ、三木コーチがしどうする選手たちは、神業のようなドリブルをマスターできるのか?
http://rs39.net/c/s/cfmt_2/bl/

 

■重心移動アナライズ~フットボーラーが身に付けることで劇的にセンスを上げられる動作習得法~基礎を知る編
これが、ドリブルを自在に操りサッカーを始めたばかりのビギナーでも“絶対に上級者に見せる”シンプルな方法です。
http://rs39.net/c/s/cfoy_1/bl/

 

■重心移動アナライズ2~上手くいかない事をできるようになるための身体動作を習得する方法~
なぜ、ドリブルが苦手だった選手がネイマールやメッシのように緩急自在のドリブルでDFを切り崩せるようになったのか…?
http://rs39.net/c/s/cfoy_2/bl/

 

■ボトムアップ理論~選手の自立心を育てて、スキルを向上させる魔法のコーチング法~
「世界一受けたい授業」「とくダネ!」で大絶賛!
なぜ、週2回しか練習しない無名の公立高校が、全国大会で優勝できたのか?
http://rs39.net/c/s/cfhk_1/bl/

 

■サッカーテクニック向上メソッド
なぜ、小中高、どこのチームでも取り入れられている「両足での練習」が、選手の上達を妨げる原因なのか…?
http://rs39.net/c/s/cfhy_1/bl/

 

■フットボールクロニクル ~攻める意識をアップさせる!ゴールを決めるための利き足の法則~
なぜ、たった1つの原則を意識するだけで、トラップ、パス、どりぶる、シュート…、サッカーにおける、すべてのプレーを劇的にレベルアップできるのか?
http://rs39.net/c/s/cfhy_2/bl/

 

■わんぱくドリブル軍団JSCの最強ドリブル塾~子供のドリブルテクニックを楽しみながら上達させる方法~
なぜ、5ステップ・ドリブル上達法は、足が遅い子供でも、体が小さい子供でもDF突破率を高めてしまうのか?
http://rs39.net/c/s/cfkw_1/bl/

 

■わんぱくドリブル軍団JSC CHIBAのドリブル基礎トレーニング 初級編
1,500人以上の子供たちを上達させた少年サッカー指導のプロが教える、「お父さんのための、サッカー指導法」を知りたい方はいませんか?
http://rs39.net/c/s/cfkw_2/bl/

 

■わんぱくドリブル軍団JSC CHIBAのドリブルトレーニング 中級編
なぜ、JSC CHIBAの新しいドリブル指導法は、相手が反応できないキレのあるフェイントや、素早い状況判断のできる選手を育て、チームの「得点力」をアップできるのか…?
http://rs39.net/c/s/cfkw_3/bl/

 

■育成の極意!~自立&吸収するサッカー選手が育つ本当の秘訣!~
なぜ、口うるさいだけで、チームを強くできなかったコーチが、U-18日本代表選手を輩出するほどの、強いチームを育成できるようになったのか?
http://rs39.net/c/s/cfkw_4/bl/

 

■親子で特訓!わんぱくドリブル自主練習
サッカーチームのコーチまかせで、実現できていないお子さんの活躍を、なぜ、サッカー経験ゼロのお父さんが、実現することができるのか…?
http://rs39.net/c/s/cfkw_5/bl/

 

■わんぱくドリブル軍団JSC CHIBAのボールコントロールを向上させる「体幹トレーニング」~プレスディフェンスに当たり負けしないための練習法~
「見ろよ、今日の相手チビばっかりだぜ…」身体の小さい選手ばかりのチームを見て、対戦相手は笑っていた。しかし、試合がはじまってみると…!
http://rs39.net/c/s/cfkw_6/bl/

 

■ JSC CHIBAオリジナル練習法~チームをグングン育成する!チームトレーニング編~
どうして、うちのチームは、試合になったとたん、ミスが増えるんだろう…?
http://rs39.net/c/s/cfkw_7/bl/

 

■クーバー・コーチングのMake Your Move~1対1テクニックのすべて~
30ヶ国以上で、150万人の一流指導者を育て上げた、世界最高峰の「1対1メソッド」を、遂に一般解禁!
http://rs39.net/c/s/cfcv_1/bl/

 

■ Improve Your Game~1対1スキルを向上させるための練習法~
なぜ、弱気なプレーで、勝負を避けていた選手が、自ら積極的に1対1を仕掛け、相手を抜けるようになったのか?
http://rs39.net/c/s/cfcv_2/bl/

 

■Mr.セレッソ森島寛晃のエースストライカー育成理論~チームで一番の『点取り屋』になるための3つの方法~
日本一腰の低いJリーガーの驚異の秘密「ほとんどの選手はシュートを打つのに精いっぱいで、ゴールを決める余裕がありません」
http://rs39.net/c/s/cfmh_1/bl/

 

■屋良流サッカー上達のためのコソトレ
1日たった10分の自主トレで、抜群のサッカーセンスを習得できるDVDが、今なら手に入りますが…
http://rs39.net/c/s/cfym_1/bl/

 

■吉田康弘の究極のパス上達理論 ~正確な「予測」と「判断」が行える選手を育成する12のヒント~
なぜ、「2つのポイント」を教えるだけで、ディフェンスにプレッシャーをかけられても、ボールを取られなくなるのか…?
http://rs39.net/c/s/cfyy_1/bl/

 

■サッカー&フットサルのトッププレーヤーになるための基礎トレーニング
なぜ、日本代表と身長がほとんど変わらないスペイン代表がワールドカップで優勝できたのか…?
http://rs39.net/c/s/cffa_1/bl/

その他教材はコチラ↓
https://real-style.co.jp/category/225/?bno=mm

ジュニアサッカー上達DVDを、無料で視聴しませんか?


「Jリーグ・ベストイレブン」「元U-17日本代表」「ブラジルでプロ選手として活躍していた日本人」「普通の高校をインターハイ優勝に導いた監督」「U-12監督」「FIFA公認コーチ」などが出演!














関連記事

  1. シュート練習で苦手な非利き足も練習しよう

  2. 決定力不足の原因を知っていますか?

  3. 【選手の見分け方】優れた「ドリブラー」と「キッカー」を育成する方…

  4. 【新作】練習で学んだスキルを試合で発揮する方法【第二弾】

  5. 「子どもたちの伸び際」を見逃さないポイント

  6. 「DFに寄られると前が向けない」ときの対応

おすすめ記事

  1. 【鬼木コーチ】フットボールにおける目的地認識
  2. 【鬼木コーチ】「comeの概念」について
  3. 【鬼木コーチ】代表レベルの選手になるということ
  4. 【鬼木コーチ】目的地の認識で動きが決まる
  5. 【鬼木コーチ】身体の動かし方なのか、身体の動かされ方なのか…

ピックアップ記事

  1. テニスボールでの各部のリフティングトレーニングで、それを千回ずつをやりきるって、これはかなりレベルの…
  2. U12選手権の都道府県予選も終わり、一段落ついたのと新チームのレベルアップを目的にして普段から付き合…
  3. 三浦です。僕が尊敬する三浦カズさん。カズさんが所属する横浜FCがJ1に復帰することになりまし…

おすすめ記事

  1. 【檜垣コーチ】テニスボールリフティングで、さらなる一体感を求めて
  2. 【サッカー】異なる環境でのトレーニング効果
  3. 【サッカー】試合でのスプリントは判断能力などを学ぶことが出来る
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。