閉じる
  1. 【鬼木コーチ】身体の動かし方なのか、身体の動かされ方なのか…
  2. 【鬼木コーチ】代表レベルの選手になるということ
  3. 【鬼木コーチ】フットボールにおける目的地認識
  4. 【鬼木コーチ】「comeの概念」について
  5. 【鬼木コーチ】目的地の認識で動きが決まる
閉じる
閉じる
  1. 【檜垣コーチ】テニスボールリフティングで、さらなる一体感を求めて
  2. 【サッカー】異なる環境でのトレーニング効果
  3. 【サッカー】試合でのスプリントは判断能力などを学ぶことが出来る
  4. 【サッカー】強豪チームと自チームとの「差を知る」大切さ
  5. 【サッカー】ドリブル突破の何が怖いのか?
  6. 【檜垣コーチ】各部のテニスボールリフティングが安定してきたら
  7. 【サッカー】シュートを外してしまう原因とは「力み」?
  8. 【特別価格】蹴れるようになってからでは遅いと思います…【本日最終日】
  9. 【サッカー】セオリーとなるプレー
  10. 【新作】正確なトラップ、正確なキックというコーチングだけでは不足です【…
閉じる

ジュニアサッカーの上達練習指導法

クーバーサッカースクール

【檜垣コーチ】ドリブルの練習方法①

先ず、サッカーを始めたばかり、または、幼稚園児や低学年のサッカーを始めるような子達には、最適な練習をお伝えします。

ボールに慣れてない人達に対してこそ、正しい練習をしなければ、悪い癖が付いたままでサッカーをやってしまうことになります。

例えば、日本人が皆同じようなボールの持ち方に見えるのは、そういうトレーニングから始め、そういうトレーニングに慣れてしまっているからです。

それは、両足の間にボールを置き、両足のインで交互にボールタッチする両足バタバタドリブルです。

これは、本当に危険な練習です。

なぜなら、このボールの触り方は、人間の身体の構造上、一番簡単で楽だからです。

ということは、ただボールを触り、バタバタと両足でボールタッチしてるだけで、サッカーの正しくボールを運ぶ行為ではないからです。

簡単で楽なことで、サッカーは上手くなりません。

もし、簡単で楽なやり方でサッカーが上手くなるのなら、世の中の人間全てがサッカーが上手くなる筈ですから。

サッカーは、普段の生活の動き方とは違うからこそ、正しいことを学び、正しい動きを身に付ける必要があります。

だからこそ、初心者の方には、間違った悪い癖を付けないために、最初が肝心です。

では、初心者の方が正しいボールの持ち方、正しいドリブルを身に付けるための最適なドリブル練習方法をお伝えします。

それは、円を描くようにドリブルをすることです。

右利きであれば、右足のアウト(小指部分)でドリブルし、時計回りにドリブルすることです。

左利きであれば、左足のアウト(小指部分)でドリブルし、反時計回りでドリブルしてください。

初心者にとって、アウトのターンは、けっこう難しいですから、この円を描くようにアウトでドリブルをしていくと、アウトでボールを持つ、アウトでボールを運ぶという、良いボールの持ち方を身に付ける「はじめの一歩」になります。

この練習方法で、アウトの感覚を徹底させます。

そうすると、身体の開かない良いボールの持ち方に繋がります。

単純な練習方法ですが、これをミスなく完璧にやろうとすると、簡単ではありません。

もちろん、初心者でなくてもこの練習方法は非常に良い練習方法です。

簡単そうに見えても、全てのボールタッチのミスなく完璧なボールタッチ、ボールコントロールは、非常に難しいですから。

さらに、スピードを上げてドリブルした時には、ワンタッチワンタッチには、より質や精度を求められます。

円を描くようにドリブルする意味は、アウト(小指部分)のボール感覚、ボールタッチ、ボールコントロールの質や精度を高めて、身体の開きを抑えて、ボールの持ち方を良くするためです。

次回からも、ドリブルの練習方法から、その効果など、ボールコントロール技術を上げるためにいろいろお伝えしていきます。

 

■■■■■檜垣コーチの出演DVD■■■■■

 

 

ジュニアサッカー上達DVDを、無料で視聴しませんか?


「Jリーグ・ベストイレブン」「元U-17日本代表」「ブラジルでプロ選手として活躍していた日本人」「普通の高校をインターハイ優勝に導いた監督」「U-12監督」「FIFA公認コーチ」などが出演!














関連記事

  1. 【少年サッカー】単純なことが、最も重要となります。

  2. サッカーもメンタルな競技です。ミスは取り返せる。

  3. 攻撃の技術を学ぶことで、モチベーションがアップする

  4. 【少年サッカー】ロングボール多用の弊害

  5. 大切なのは戦術よりも、心を動かすこと

  6. 【上達法】ヘディングを怖がる子どもの改善策について【サッカー】

おすすめ記事

  1. 【鬼木コーチ】フットボールにおける目的地認識
  2. 【鬼木コーチ】「comeの概念」について
  3. 【鬼木コーチ】代表レベルの選手になるということ
  4. 【鬼木コーチ】目的地の認識で動きが決まる
  5. 【鬼木コーチ】身体の動かし方なのか、身体の動かされ方なのか…

ピックアップ記事

  1. テニスボールでの各部のリフティングトレーニングで、それを千回ずつをやりきるって、これはかなりレベルの…
  2. U12選手権の都道府県予選も終わり、一段落ついたのと新チームのレベルアップを目的にして普段から付き合…
  3. 三浦です。僕が尊敬する三浦カズさん。カズさんが所属する横浜FCがJ1に復帰することになりまし…

おすすめ記事

  1. 【檜垣コーチ】テニスボールリフティングで、さらなる一体感を求めて
  2. 【サッカー】異なる環境でのトレーニング効果
  3. 【サッカー】試合でのスプリントは判断能力などを学ぶことが出来る
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。