閉じる
  1. 【鬼木コーチ】身体の動かし方なのか、身体の動かされ方なのか…
  2. 【鬼木コーチ】目的地の認識で動きが決まる
  3. 【鬼木コーチ】「comeの概念」について
  4. 【鬼木コーチ】代表レベルの選手になるということ
  5. 【鬼木コーチ】フットボールにおける目的地認識
閉じる
閉じる
  1. 【サッカー】ドリブル突破の何が怖いのか?
  2. 【檜垣コーチ】各部のテニスボールリフティングが安定してきたら
  3. 【サッカー】シュートを外してしまう原因とは「力み」?
  4. 【特別価格】蹴れるようになってからでは遅いと思います…【本日最終日】
  5. 【サッカー】セオリーとなるプレー
  6. 【新作】正確なトラップ、正確なキックというコーチングだけでは不足です【…
  7. 【実話】ロングボールを蹴れることよりも大切な事とは?
  8. 【練習法】鈴木陽二郎コーチがスクエアパスを行うとこうなる…↓【新作情報…
  9. 【練習法】ボールをサンドバックのようにバンバン蹴る【新作レビュー】
  10. 【少年サッカー】団子サッカーになる理由とは?【上達法】
閉じる

ジュニアサッカーの上達練習指導法

クーバーサッカースクール

大切なのは戦術よりも、心を動かすこと

こんにちは!今井です。

第8回となる今回のテーマは、「大切なのは戦術よりも、心を動かすこと」です。

近年、日本サッカーは戦術ブームです。

2006年ドイツW杯のジーコジャパンが世界で活躍する中田英寿や中村俊輔、小野伸二や高原直泰といった強力なメンバーを擁しながらチームは最後まで組織的に戦えず、力を出しきれずに敗退してしまったと考える論評が多くありました。

選手の個性を最大化させるためには適切な戦術が必要だったと…

あの時から戦術の重要性が声高に謳われるようになったように思います。

 

子供に戦術を伝えることは重要だけれど…

スペインで本場のフットボールを学んで帰ってきた指導者が帰国し、日本の育成年代の戦術的指導の必要性を声高に訴えます。

私もスペインの育成年代の取材を通じて、戦術的な理解の必要性を感じているのだけれど、難しいのは日本の子供たちにどうやって戦術を伝えるのかということです。

日本の多くの指導者は「戦術」とはなんなのかを理解していません。

そしてスペインで学んできた指導者もスペインの子供たちへの伝え方は知っていても、日本の子供たちへの伝え方は知らないのです。

スペイン帰りの指導者の方の指導を何度か観たけれど、伝えたいことが全然伝わっていない、子供たちは何を言われているのか、どうすれば良いのか理解できていませんでした。

そもそも子供たちが戦術を学ぶ必要性すら理解していません…(もちろん伝えるのが上手い指導者もいるがごくわずかでした)

実際、日本で子供たちに戦術をどのように伝えるかというのは、すごく難しいと思います。

スペインでは小学校低学年でも驚くほど的確にポジションを取り、ある程度の原理原則を理解したプレーができます。

なぜそれができるのかと言えば、サッカー文化が根付いているからです。

テレビを付ければサッカー番組が無数にやっているし、戦術を扱う番組もあり、サッカーへの熱量が日本とは比べ物になりません。

つまり、スペインと日本はベースが違えばサッカーの文脈も違います。

スペインの子供たちの多くは、サッカーというゲームの特性をより理解しているのです。

日本の子供たちは、サッカーというゲームの特性をまず知るところからスタートすることになる。この差は実に大きいことなのです。

まず、サッカーにおける戦術を日本の指導者がしっかりと理解をする必要がある。その上でサッカーにおける戦術の面白さを子供たちに伝える必要があると考えます。

 

大切なのは好奇心を育むこと

戦術って超面白い!って思わせることが大切なのです。好奇心を育むことで、自分から学ぶようになり、勝手に成長する土台ができます。

大人は都度刺激を与え、サポートするだけで良いのです。戦術を教えることが難しければ自分たちで学べる環境を用意すれば良いと考えます。

現代社会は便利なもので、たくさんの戦術本があるし、動画で学ぶこともできるし、SNSで戦術クラスタから情報をインプットすることもできます。

子供たちに戦術を理解させなければ、日本はどんどん世界との差が開いてしまいます。

と危機感を感じて焦っている指導者を何人も見てきましたが、焦っても意味がないのです。

まず大切にしなければならないのは、日本のサッカー文化を育むことであり、国民がサッカーの本質を知ることです。

戦術を伝えなければと焦る前にサッカーの魅力を伝えること、そして人の心を動かすことなのです。

サッカーの魅力を感じる人がマジョリティになれば日本もスペインのようにサッカーがもっと日常生活の一部になるのではないでしょうか。

 

サッカーの本質を追求する度はつづく…

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■ (株)Real Style  おすすめサッカー教材・商品■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■親子で学ぶ!まったく新しいボールの蹴り方

なぜ、テクニックのないビギナーでも、
この男の話を聞き流すだけでキックの威力が増し、
ボールを遠くに正確に飛ばせるようになるのか?
http://rs39.net/c/s/cfsy_1/bl/

 

■「個」の力を育成するためのドリブル上達トレーニングメソッド
  ~ドリブルが巧くなる!動き創り&リズムの習得~

なぜ、クラブ連盟未登録の「無名の街クラブ」が、
Jユースが集まる大会で、優勝できたのか…?
http://rs39.net/c/s/cfmt_1/bl/

■コーンドリ ~「個」の力を育成するための
 ドリブル上達トレーニングメソッド2~

「まさか、コーンドリブルに、こんなやり方があったなんて…」
なぜ、三木コーチがしどうする選手たちは、
神業のようなドリブルをマスターできるのか?
http://rs39.net/c/s/cfmt_2/bl/

 

■重心移動アナライズ~フットボーラーが身に付けることで
 劇的にセンスを上げられる動作習得法~基礎を知る編

これが、ドリブルを自在に操りサッカーを始めたばかりの
ビギナーでも“絶対に上級者に見せる”シンプルな方法です。
http://rs39.net/c/s/cfoy_1/bl/

 

■重心移動アナライズ2~上手くいかない事を
 できるようになるための身体動作を習得する方法~

なぜ、ドリブルが苦手だった選手がネイマールやメッシのように
緩急自在のドリブルでDFを切り崩せるようになったのか…?
http://rs39.net/c/s/cfoy_2/bl/

 

■ボトムアップ理論~選手の自立心を育てて、
スキルを向上させる魔法のコーチング法~

「世界一受けたい授業」「とくダネ!」で大絶賛!
なぜ、週2回しか練習しない無名の公立高校が、全国大会で優勝できたのか?
http://rs39.net/c/s/cfhk_1/bl/

 

■サッカーテクニック向上メソッド

なぜ、小中高、どこのチームでも取り入れられている
「両足での練習」が、
選手の上達を妨げる原因なのか…?
http://rs39.net/c/s/cfhy_1/bl/

 

■フットボールクロニクル ~攻める意識をアップさせる!
ゴールを決めるための利き足の法則~

なぜ、たった1つの原則を意識するだけで、
トラップ、パス、どりぶる、シュート…、
サッカーにおける、すべてのプレーを劇的にレベルアップできるのか?
http://rs39.net/c/s/cfhy_2/bl/

 

■わんぱくドリブル軍団JSCの最強ドリブル塾
~子供のドリブルテクニックを楽しみながら上達させる方法~

なぜ、5ステップ・ドリブル上達法は、
足が遅い子供でも、体が小さい子供でも
DF突破率を高めてしまうのか?

http://rs39.net/c/s/cfkw_1/bl/

 

■わんぱくドリブル軍団JSC CHIBAの
 ドリブル基礎トレーニング 初級編

1,500人以上の子供たちを上達させた
少年サッカー指導のプロが教える、
「お父さんのための、サッカー指導法」を
知りたい方はいませんか?
http://rs39.net/c/s/cfkw_2/bl/

 

■わんぱくドリブル軍団JSC CHIBAの
 ドリブルトレーニング 中級編

なぜ、JSC CHIBAの新しいドリブル指導法は、
相手が反応できないキレのあるフェイントや、
素早い状況判断のできる選手を育て、
チームの「得点力」をアップできるのか…?
http://rs39.net/c/s/cfkw_3/bl/

 

■育成の極意!~自立&吸収する
 サッカー選手が育つ本当の秘訣!~

なぜ、口うるさいだけで、
チームを強くできなかったコーチが、
U-18日本代表選手を輩出するほどの、
強いチームを育成できるようになったのか?
http://rs39.net/c/s/cfkw_4/bl/

 

■親子で特訓!わんぱくドリブル自主練習

サッカーチームのコーチまかせで、
実現できていないお子さんの活躍を、
なぜ、サッカー経験ゼロの
お父さんが、実現することができるのか…?
http://rs39.net/c/s/cfkw_5/bl/

 

■わんぱくドリブル軍団JSC CHIBAの
 ボールコントロールを向上させる「体幹トレーニング」
 ~プレスディフェンスに当たり負けしないための練習法~

「見ろよ、今日の相手チビばっかりだぜ…」
身体の小さい選手ばかりのチームを見て、
対戦相手は笑っていた。しかし、試合がはじまってみると…!
http://rs39.net/c/s/cfkw_6/bl/

 

■ JSC CHIBAオリジナル練習法
 ~チームをグングン育成する!チームトレーニング編~

どうして、うちのチームは、
試合になったとたん、ミスが増えるんだろう…?
http://rs39.net/c/s/cfkw_7/bl/

 

■クーバー・コーチングのMake Your Move
 ~1対1テクニックのすべて~

30ヶ国以上で、150万人の一流指導者を育て上げた、
世界最高峰の「1対1メソッド」を、遂に一般解禁!
http://rs39.net/c/s/cfcv_1/bl/

 

■ Improve Your Game
 ~1対1スキルを向上させるための練習法

なぜ、弱気なプレーで、勝負を避けていた選手が、
自ら積極的に1対1を仕掛け、
相手を抜けるようになったのか?
http://rs39.net/c/s/cfcv_2/bl/

 

■Mr.セレッソ森島寛晃のエースストライカー育成理論
 ~チームで一番の『点取り屋』になるための3つの方法~

日本一腰の低いJリーガーの驚異の秘密
「ほとんどの選手はシュートを打つのに精いっぱいで、
ゴールを決める余裕がありません」
http://rs39.net/c/s/cfmh_1/bl/

 

■屋良流サッカー上達のためのコソトレ

1日たった10分の自主トレで、抜群のサッカーセンスを
習得できるDVDが、今なら手に入りますが…
http://rs39.net/c/s/cfym_1/bl/

 

■吉田康弘の究極のパス上達理論 ~正確な「予測」と
 「判断」が行える選手を育成する12のヒント~

なぜ、「2つのポイント」を教えるだけで、
ディフェンスにプレッシャーをかけられても、
ボールを取られなくなるのか…?
http://rs39.net/c/s/cfyy_1/bl/

■サッカー&フットサルのトッププレーヤーに
 なるための基礎トレーニング

なぜ、日本代表と身長がほとんど変わらない
スペイン代表がワールドカップで優勝できたのか…?
http://rs39.net/c/s/cffa_1/bl/

その他教材はコチラ↓
https://real-style.co.jp/category/225/?bno=mm20190227

 

 

ジュニアサッカー上達DVDを、無料で視聴しませんか?


「Jリーグ・ベストイレブン」「元U-17日本代表」「ブラジルでプロ選手として活躍していた日本人」「普通の高校をインターハイ優勝に導いた監督」「U-12監督」「FIFA公認コーチ」などが出演!














関連記事

  1. 選手は判断力がつけば、パスを出すことが出来ます。

  2. やはり重要な技術はボールコントロールです。

  3. 【檜垣コーチ】集中したリフティングトレーニングのやり方

  4. 【三浦コーチ】体格差を運動量でカバーするための練習法

  5. アギーレ新監督が好む実戦的な選手とは?

  6. 【ジュニアサッカー】ルックアップで判断力が上がるのに、前を向けな…

おすすめ記事

  1. 【鬼木コーチ】フットボールにおける目的地認識
  2. 【鬼木コーチ】「comeの概念」について
  3. 【鬼木コーチ】代表レベルの選手になるということ
  4. 【鬼木コーチ】目的地の認識で動きが決まる
  5. 【鬼木コーチ】身体の動かし方なのか、身体の動かされ方なのか…

ピックアップ記事

  1. 三浦です。11月に入ったとたんに気温が低くなりましたね。サッカーは屋外スポーツなので、天…
  2. サッカーボールより小さいテニスボールでのリフティングトレーニングでも、その考え方、取り組み方に違いは…
  3. 三浦です。U12選手権全国大会の都道府県予選が始まっていますね。U12選手権の大会名…

おすすめ記事

  1. 【サッカー】ドリブル突破の何が怖いのか?
  2. 【檜垣コーチ】各部のテニスボールリフティングが安定してきたら
  3. 【サッカー】シュートを外してしまう原因とは「力み」?
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。