閉じる
  1. 【鬼木コーチ】フットボールにおける目的地認識
  2. 【鬼木コーチ】目的地の認識で動きが決まる
  3. 【鬼木コーチ】「comeの概念」について
  4. 【鬼木コーチ】代表レベルの選手になるということ
  5. 【鬼木コーチ】身体の動かし方なのか、身体の動かされ方なのか…
閉じる
閉じる
  1. 【三浦コーチ】選手が自信を持ってピッチに立つために指導者は何をすべきか…
  2. 【檜垣コーチ】正しい意識を持って取り組む
  3. 【鬼木コーチ】comeの概念を通して見るフットボールとの向き合い方②
  4. 【三浦コーチ】ボールを取りに行けない選手の特徴
  5. 【鈴木コーチ】フットボールに必要なスキル【練習会】
  6. サッカーに教育を持ち込むのはナンセンス
  7. 【檜垣コーチ】トレーニング前に意識すること
  8. 【鬼木コーチ】comeの概念を通して見るフットボールとの向き合い方①
  9. 【三浦コーチ】相手を見ながらボールを扱える能力を高める力を身に付ける
  10. 【檜垣コーチ】アウトインドリブルの重要性
閉じる

ジュニアサッカーの上達練習指導法

クーバーサッカースクール

ペナルティエリアの中ではトラップする余裕もない!

先週から引き続き「シュート力アップ」の練習方法についてお伝えしています。

相手ゴール前でボールを持ってシュートを放つという基本について解説しました。

テーマは、

・ファーストタッチで前を向く、シュートを打った後もバランスを崩さない

というものです。

この練習では、シュートのキックを含めると「ツータッチ」でのシュートになります。

シュートを成功させるためには、ファーストタッチが大切ですが、どんなファーストタッチが「よいファーストタッチ」なのでしょうか。

 

■足先だけのタッチがファーストタッチではない

ファーストタッチが大事というと、インサイドやアウトサイドでタッチして1~2mのエリアのどこにボールを置くかという事を意識しがちですね。

ここではもう少し広いエリアで考えてみましょう。

相手ゴールがあって、相手ディフェンダーがいる状況でボールを受ける訳ですが、この場合、どこでボールを受ければ相手をかわしてシュートを打てるか?という事も考えて欲しいです。

ゴールにシュートが吸い込まれる逆算をする場合、シュートを放つボールの起動はグラウンダーでしょうか、ライナー性のボールでしょうか、ふわっとした浮き玉でしょうか。

コースは、ニアポスト、ファーポストのどちらでしょうか。

蹴り足は右足?左足?その足はゴールに対してイン?アウト?

その蹴り足でシュートを打つとき、欲しいボールはどの位置?

止まって受けるのか、走りながら受けるのか?

もちろん、走りながら受けることを推奨しますが、どこからどんな角度で走るのか?

シュート1本打つだけでこのようにいろいろな事を考える必要がありますが、これを子供たち、選手に全て考えさせることはちょっと無理があります。

コーチが整理する必要があります。

 

■3つのポイントに絞ってみる

・得意なキック
・動いて受ける
・相手ディフェンダーの位置を意識したファーストタッチ

この3つに絞ってプレーさせて見ました。

相手ディフェンダーの位置を見ながら、動きながらボールを受け、シュートを打ちやすい場所にファーストタッチでコントロールして得意なキックでシュートを打つ!

ゴールに入れるためのボールの軌道やコースは、ゴールが教えてくれます。入れば正解です。

決め手は、シュートしたボールの質とそのボールを蹴るためのファーストタッチ、よいファーストタッチのために相手を見ておくことです。

 

■3つに絞ったテーマの中でもキックにこだわってみる

選手が時間をかけて磨く必要があるファーストタッチや相手を見るという
能力はさておき、ここでは「シュートの質」にこだわりました。

つまり、ゴールの枠に吸い込まれるためのキックです。

フリーキックのように、止まったボールを蹴るのではなくボールを受けてコントロールしてゴールに向かってボールを蹴るというスキルを磨く必要があります。

ここでのトレーニングテーマは

・キックした後にボールの方向に向かって走る
・その時、バランスを崩さない
・コントロールからボールを追って走るまでバランスを崩さないこと

僕はとにかくバランスにこだわっています。

ボールを蹴る瞬間が頂点ではなく、蹴ったボールを追うことが目的ということです。

シュートは時間とスペースとの戦いです。

わずかなスペースで瞬間的なスキルが必要になります。
相手ディフェンダーとの競り合いの中でバランスを崩すこともあります。

ノープレッシャーの練習ではバランスを崩している場合ではないということですね。

 

■ペナルティエリアの中ではトラップする余裕もない!

今回のテーマは、ペナルティエリア外からゴールを狙うというものでしたが、次回は「ペナルティ内のワンタッチシュート」について解説します。

サッカーではシュートは特別なスキルですが、選手全員にスキルアップして欲しいと考えています。

たとえ自分のポジションがセンターバックだとしても、少年サッカーの場合は大人の11人制サッカーの中盤(ボランチ)という感覚で攻撃参加して欲しいです。

シュート数が増えることが、チーム力アップのバロメーターになります。

積極的に打ちましょう!

関連記事

  1. 【サッカー】技術がなくても、ポジショニングを知れば、上達する理由…

  2. 【サッカー】練習で全力を尽くすことの大切さとは…?

  3. サッカーは教えれば教えるほど下手になる

  4. 【サッカー上達】走り方が単調になっている選手が「ダメ」な理由

  5. 【サッカーの本質】サッカーが上手くなるための2つの要素とは…?

  6. サッカーの状況判断能力を高める方法とは!?

おすすめ記事

  1. 【鬼木コーチ】フットボールにおける目的地認識
  2. 【鬼木コーチ】「comeの概念」について
  3. 【鬼木コーチ】代表レベルの選手になるということ
  4. 【鬼木コーチ】目的地の認識で動きが決まる
  5. 【鬼木コーチ】身体の動かし方なのか、身体の動かされ方なのか…

ピックアップ記事

  1. 日々、選手を観察していると、ある瞬間に、選手の成長、伸び、上達を感じる瞬間があります。以前は…
  2. 前回、ボールを取られない、ボールを持てる、利き足でボールを持って取られないという意識についてお話しさ…
  3. こんにちは鬼木です。前回は、“comeの概念”をどのようにフットボールに活かしていくのか?…

おすすめ記事

  1. 【三浦コーチ】選手が自信を持ってピッチに立つために指導者は何をすべきか?
  2. 【檜垣コーチ】正しい意識を持って取り組む
  3. 【鬼木コーチ】comeの概念を通して見るフットボールとの向き合い方②
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。