閉じる
  1. 【鬼木コーチ】フットボールにおける目的地認識
  2. 【鬼木コーチ】代表レベルの選手になるということ
  3. 【鬼木コーチ】身体の動かし方なのか、身体の動かされ方なのか…
  4. 【鬼木コーチ】目的地の認識で動きが決まる
  5. 【鬼木コーチ】「comeの概念」について
閉じる
閉じる
  1. 【サッカー】静岡学園の優勝から学んだこと
  2. 【サッカー】ゴールへ向かう姿勢を見せられる選手の秘密
  3. 【檜垣コーチ】利き足のインステップリフティングトレーニングの効果
  4. 【サッカー】切り返さない雰囲気を作ることが切り返しのコツ
  5. ダンゴサッカーをどう扱うかはとても大切
  6. 【サッカー】自分たちのゲームを客観的に見てみよう
  7. 【檜垣コーチ】ボールの持ち方が良くなるようにトレーニング
  8. 【サッカー】個性を伸ばす指導とは…?
  9. 【檜垣コーチ】テニスボールリフティングで、さらなる一体感を求めて
  10. 【サッカー】異なる環境でのトレーニング効果
閉じる

ジュニアサッカーの上達練習指導法

クーバーサッカースクール
クーバーサッカースクール

株式会社Real Style 少年サッカー事務局

三浦です。僕が尊敬する三浦カズさん。カズさんが所属する横浜FCがJ1に復帰することになりました。J1でカズさんのプレーを見ることが楽しみです。カズさんは52歳。今年は2試合しか出番がありませんでしたがカズさんがいなかった…

11月に入り、2019年度JFA第43回全日本U-12サッカー選手権大会の都道府県大会が行われていますね。都道府県代表が決まりつつあります。三浦のチームは既に敗退してしまいましたが、選手たちは悔しさから立ち直り、上位に残って…

三浦です。11月に入ったとたんに気温が低くなりましたね。サッカーは屋外スポーツなので、天候には人一倍気を使います。三浦は雨よりも風が気になります。練習時も風が強いと選手たちは集中力を欠きます。それでも限られた…

サッカーボールより小さいテニスボールでのリフティングトレーニングでも、その考え方、取り組み方に違いはありません。テニスボールは、サッカーボールより小さくなったことで、ボールタッチの質と精度を求めらることにより、さらなるボール感覚の向上に…

三浦です。U12選手権全国大会の都道府県予選が始まっていますね。U12選手権の大会名称は、以前は全日本少年サッカー大会でした。全日、全少という略称で呼ばれていました。都道府県によって選手権の方式は異なっています。…

三浦です。鈴木陽二郎コーチの「まったく新しいボールの蹴り方2」について指導者目線でレビューしています。今回はまとめ的な内容と三浦の本音をチラッとお話しします。■コーチの固定概念が選手の成長を妨げている…

三浦です。秋のこの時期になると、ジュニアユースチームのセレクションが話題になります。対象は6年生ですが、中学生になってサッカーを続ける場を選ぶことになります。ウチのチームにもジュニアユースチームはあるのですが、ガチガ…

三浦です。鈴木陽二郎コーチの“親子で学ぶ!まったく新しいボールの蹴り方2”を指導者目線でレビューしています。指導者としては、チーム全員のキックが上達することを願っていることでしょう。上達したキックを試合で活かしたい。…

三浦です。鈴木陽二郎コーチの“親子で学ぶ!まったく新しいボールの蹴り方2”を指導者目線でレビューしています。多くの指導者は「蹴り方の上達方法」と聞くと、インステップで強くて正確なボールを蹴ることをイメージするでしょう。ま…

三浦です。鈴木陽二郎コーチの“親子で学ぶ!まったく新しいボールの蹴り方2”を指導者目線でレビューしています。!突然ですが…指導者のあなたに質問させてください。スクエアパスを練習で行ったこと…

さらに記事を表示する
天才ドリブラー育成法

ピックアップ記事

  1. 三浦です。第98回高校サッカー選手権大会決勝戦は本当に感動しました。感動しやすい三浦…
  2. 三浦です。新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。もうす…
  3. こんにちは!プロサッカーコーチの檜垣です。ここまでドリブルトレーニング、リフティング…

おすすめ記事

  1. 【サッカー】静岡学園の優勝から学んだこと
  2. 【サッカー】ゴールへ向かう姿勢を見せられる選手の秘密
  3. 【檜垣コーチ】利き足のインステップリフティングトレーニングの効果
line



ページ上部へ戻る