閉じる
  1. 【鬼木コーチ】「comeの概念」について
  2. 【鬼木コーチ】身体の動かし方なのか、身体の動かされ方なのか…
  3. 【鬼木コーチ】代表レベルの選手になるということ
  4. 【鬼木コーチ】フットボールにおける目的地認識
  5. 【鬼木コーチ】目的地の認識で動きが決まる
閉じる
閉じる
  1. 【サッカー】ドリブル突破の何が怖いのか?
  2. 【檜垣コーチ】各部のテニスボールリフティングが安定してきたら
  3. 【サッカー】シュートを外してしまう原因とは「力み」?
  4. 【特別価格】蹴れるようになってからでは遅いと思います…【本日最終日】
  5. 【サッカー】セオリーとなるプレー
  6. 【新作】正確なトラップ、正確なキックというコーチングだけでは不足です【…
  7. 【実話】ロングボールを蹴れることよりも大切な事とは?
  8. 【練習法】鈴木陽二郎コーチがスクエアパスを行うとこうなる…↓【新作情報…
  9. 【練習法】ボールをサンドバックのようにバンバン蹴る【新作レビュー】
  10. 【少年サッカー】団子サッカーになる理由とは?【上達法】
閉じる

ジュニアサッカーの上達練習指導法

クーバーサッカースクール

カテゴリー:プロサッカーコラム

テニスボールリフティングトレーニングの前に、サッカーボールでのリフティングトレーニングは必ず、しっかりとやりきってほしいです。それができてないと、サッカーボールでも、テニスボールでも、その効果は「それなり」でしかありません。…

先ず、ちょんちょんリフティング千回は必須です。それをやれないことには、軸には繋がらないと思ってもらって良いです。もちろん、以前から書いているその他のトレーニングをしっかりやるのも当然です。それらをやった上でなぜちょんちょんリ…

こんばんは。三浦です。今年もやはり暑い夏になりました。去年と違って梅雨の時期が長かったため、急激な気温差で体調を崩す選手もいます。日差しの暑さも辛いですが、湿度に注意が必要ですね。先週末に屋内練習をしたのです…

リフティングトレーニングも徐々にレベルアップが必要です。利き足のインステップリフティングから、各部のリフティング、そのレベルアップを目指して、動きながらのリフティングトレーニングなどをご紹介しました。続いては、「ちょんちょん…

三浦です。昨夜は、楽天カップでバルセロナ対チェルシーの試合をWOWOWで観戦しました。バルセロナはコパ・アメリカ出場組の選手たちは招集しなかったのでメッシやスアレスは不在でしたが、グリーズマンやデ・ヨングら若手のプレーを見る…

三浦です。先週末も梅雨空でしたね。去年の今頃は暑すぎて、熱中症対策に苦労していました。先日の3連休に低学年の大会がありました。去年は氷をたっぷり用意しましたが、今年はそれほど使いませんでした。低学年の大会をこ…

リフティングトレーニングの効果は、一つのボールタッチだけを覚えるのではなく、基本中の基本のインステップリフティングがちゃんとできるようになったら、次の段階に進むことが必要です。前回は、歩きながら、走りながらの利き足のインステップリフ…

三浦です。センアーノ神戸の強さの秘密である「ポゼッショントレーニング」について解説しています。指導者目線の解説ですが、選手や選手の保護者の方にも読んで欲しい内容です。きっと「気づき」があるはずです。前回のメルマガ…

三浦です。女子ワールドカップは惜しくもベスト8を逃してしまいました。岩渕選手のドリブルでチャンスを作る場面もありましたが、やはり圧倒的な体格差は勝敗の決め手になったかに思えました。■体格差のある相手との戦い方…

三浦です。センアーノ神戸の強さの秘密はやはりトレーニング方法にありました。大木監督がトレーニングを通して選手に伝えたいことは何か?選手たちはトレーニングを通して何をつかんでいるのか。今回のメルマガでは、DISC1…

さらに記事を表示する

ピックアップ記事

  1. 三浦です。11月に入ったとたんに気温が低くなりましたね。サッカーは屋外スポーツなので、天…
  2. サッカーボールより小さいテニスボールでのリフティングトレーニングでも、その考え方、取り組み方に違いは…
  3. 三浦です。U12選手権全国大会の都道府県予選が始まっていますね。U12選手権の大会名…

おすすめ記事

  1. 【サッカー】ドリブル突破の何が怖いのか?
  2. 【檜垣コーチ】各部のテニスボールリフティングが安定してきたら
  3. 【サッカー】シュートを外してしまう原因とは「力み」?
ページ上部へ戻る