閉じる
  1. 【鬼木コーチ】フットボールにおける目的地認識
  2. 【鬼木コーチ】代表レベルの選手になるということ
  3. 【鬼木コーチ】「comeの概念」について
  4. 【鬼木コーチ】身体の動かし方なのか、身体の動かされ方なのか…
  5. 【鬼木コーチ】目的地の認識で動きが決まる
閉じる
閉じる
  1. 【三浦コーチ】選手が自信を持ってピッチに立つために指導者は何をすべきか…
  2. 【檜垣コーチ】正しい意識を持って取り組む
  3. 【鬼木コーチ】comeの概念を通して見るフットボールとの向き合い方②
  4. 【三浦コーチ】ボールを取りに行けない選手の特徴
  5. 【鈴木コーチ】フットボールに必要なスキル【練習会】
  6. サッカーに教育を持ち込むのはナンセンス
  7. 【檜垣コーチ】トレーニング前に意識すること
  8. 【鬼木コーチ】comeの概念を通して見るフットボールとの向き合い方①
  9. 【三浦コーチ】相手を見ながらボールを扱える能力を高める力を身に付ける
  10. 【檜垣コーチ】アウトインドリブルの重要性
閉じる

ジュニアサッカーの上達練習指導法

クーバーサッカースクール

タグ:スキルアップ

日々、選手を観察していると、ある瞬間に、選手の成長、伸び、上達を感じる瞬間があります。以前は出来なかったワザが出来るようになったり、以前から出来たワザがスピードアップすることがあります。また、同じようにプレーしていても以前に…

前回、ボールを取られない、ボールを持てる、利き足でボールを持って取られないという意識についてお話しさせて頂きました。今回も、改めて意識についてお話しさせて頂きます。なぜ、意識することが重要なことかと言うと、例えば、リフティン…

こんにちは鬼木です。前回は、“comeの概念”をどのようにフットボールに活かしていくのか?“comeの概念”でどうフットボールを瞰ていくか?をお伝えしました。今回は、“comeの概念”を通して見る、フットボールとの向…

ウチのチームには女子もいます。一番小さい子は小学2年生です。小学1年生の春からサッカーを始めたのですが、ちょっとちびまる子ちゃんに似た元気な子です。男子に負けないプレーで将来が楽しみです。さて、今回は読者の方から、質…

ロシアワールドカップのベルギー戦でもゴールを決めた原口選手。日本で活躍していた時はバリバリのドリブラーでしたが、欧州で活躍されている今は、まったくプレースタイルが変わりました。その理由とは…?鈴木コーチが解説してくれ…

こんにちは!今井です。第11回となる今回のテーマは、「サッカーに教育を持ち込むのはナンセンス」です。育成年代のサッカーの指導者は、子どもたちにサッカーがどれだけ面白いものなのかを伝え、選手個々の技能向上をサポートするのが指導…

ドリブル練習の方法について、アウト(小指)のドリブル、アウトのターン、アウト(小指)イン(親指)のドリブルをお伝えさせて頂きました。今一度、ボールを触る前に、意識の仕方についてお話しさせて頂きます。■しているとしていないで差が生…

こんにちは鬼木です。今回上手くまとめられず何度も書き直しをしているところで、長友選手が“comeの概念”のお手本のようなゴールを決めてくれました!55日ぶりの復帰戦で1923日ぶりのゴールだったそうです。リハビリ期間…

長いGWはいかがでしたか。「サッカー漬けの日々でした!」という声が聞こえてきそうですね。試合をして、問題点を発見して、翌日の練習で修正して、また翌日に試合をする。そんなスケージュールを組むことが出来たチームは収穫があ…

前回は、アウトのターンの練習方法についてお話させて頂きました。今回は、アウト(小指)とイン(親指)部分でボールをタッチするトレーニングの紹介と、なぜそれが重要なのかをお伝えします。一般的に非常に多いボールタッチ練習は、両足の…

さらに記事を表示する

ピックアップ記事

  1. 日々、選手を観察していると、ある瞬間に、選手の成長、伸び、上達を感じる瞬間があります。以前は…
  2. 前回、ボールを取られない、ボールを持てる、利き足でボールを持って取られないという意識についてお話しさ…
  3. こんにちは鬼木です。前回は、“comeの概念”をどのようにフットボールに活かしていくのか?…

おすすめ記事

  1. 【三浦コーチ】選手が自信を持ってピッチに立つために指導者は何をすべきか?
  2. 【檜垣コーチ】正しい意識を持って取り組む
  3. 【鬼木コーチ】comeの概念を通して見るフットボールとの向き合い方②
ページ上部へ戻る