閉じる
  1. 【鬼木コーチ】代表レベルの選手になるということ
  2. 【鬼木コーチ】「comeの概念」について
  3. 【鬼木コーチ】フットボールにおける目的地認識
  4. 【鬼木コーチ】目的地の認識で動きが決まる
  5. 【鬼木コーチ】身体の動かし方なのか、身体の動かされ方なのか…
閉じる
閉じる
  1. 「子どもたちの伸び際」を見逃さないポイント
  2. 難しいフェイント、複雑なフェイントが「よいフェイント」ではない
  3. 8人制サッカーの特徴を掴んで、個人の能力を引き上げる練習
  4. サッカーは足を使うが、足だけでサッカーは出来ない
  5. 【ドリブル】持っている以上のスキルが必要とする、状況を作る選手の状況【…
  6. シュートの何が難しいのか?
  7. 【檜垣コーチ】アウトのターンから良いボールの持ち方を身につける
  8. サッカーをシンプルにプレーするとはどういうことか
  9. 【新作DVD】ドリブルで相手を抜けない理由
  10. 本当の意味の仕掛けるドリブルとは
閉じる

ジュニアサッカーの上達練習指導法

クーバーサッカースクール

「DFに寄られると前が向けない」ときの対応

今週もメルマガを開いていただきありがとうございます。
 
メッシが代表を引退するというニュースにびっくりしました。
 
まだ29歳。
 
リオ五輪もあるというのに。
 
コパ・アメリカ決勝のチリ戦でPKを失敗したことが原因だと言われていますが本当でしょうか。
 
メッシが代表入りしてからのアルゼンチン代表はたしかにビッグタイトルもう一歩で届かないという悲劇を繰り返しました。
 
マスコミやサポーターは、メッシがいるのになぜ勝てない?
 
という期待の裏返しだと言えるかもしれません。
 
バロンドールを5回も受賞する選手はもう出てこないかもしれません。
 
私は、マラドーナとメッシと同じ時代に生まれて幸せだと感じています。
 
アルゼンチンという国も大好きです。
 
引退発言を撤回してくれないかと思ってます。
 
さて、メッシと言えばドリブル、そしてシュートのうまさですね。
 
ゴールのサイズを知り尽くし、ゴールキーパーの挙動もお見通しのシュートは絶品です。
 
私のチームでは、メッシのシュートの特徴のひとつであるゴールキーパーの頭越しのループシュートを遊びながら練習することで試合中に何度も成功しています。
 
特にキーパーが前に出てきて弾いたボールは迷わず頭越しのシュートを狙います。
 
もちろん失敗もありますが、繰り返すことでコツがつかめます。
 
最近は、ゴールキーパーを引き出すにはどうすればいいか、などと選手どうしが話あっていて、サッカーを楽しんでいるなと感じます。
 
選手どうしの会話を聞いていると成長が感じられますよ。
 
さて今週も読者からのご質問に答えていきたい思います。
 
———————-ご質問ここから————————-
 
学年は小学5年生です。
 
得意なプレーは、 ファーストタッチからDFをかわす動きです。
 
苦手なプレーは、ボールを持っていないときの動きです。
 
現在抱えている悩みは、DFによられると前が向けないことです。
 
よろしくお願いします。
 
———————-ご質問ここまで————————-
 
ご質問ありがとうございます。
 
簡潔なご質問ですが、イメージが伝わります。
 
ポジションはミッドフィールドかフォワードでしょう。
 
ファーストタッチでDFをかわせるということは、ボールコントロールも自信があり、相手DFの動きも見えているということです。
 
試合でもチャンスを沢山作っているのでしょう。
 
しかし、ゴールに近づくとDFの寄せが厳しくなり、ファーストタッチでかわすスペースもなくなって来ます。
 
ボールをDFにさらす(丸見えの状態にする)と奪われそうなので体を入れてスクリーン状態でキープするプレーになってしまう。
 
自分でターンしてなんとか前を向いて、シュートやアシストのパスを出せるようになって欲しいという保護者の思いが伝わって来ます。
 
相手ゴール前で、ボールを持って前を向くということは攻撃の形として必要なことです。
 
私からのアドバイスは、ファーストタッチでDFをかわせる能力を活かしてボールを受ける前、ボールを持つ前の動きを工夫するということです。
 
苦手なプレーとして、ボールを持っていない時の動きとありますがその苦手なプレーを克服することが、前を向くために必要です。
 
ヒントとしては、自分が前を向くためのスペースを作っておくことです。
 
ポジションを前にとると、相手ゴールに近づいてスペースが作りずらくなります。
 
この位置でボールをもらえば、前を向いたままゴールに向かえるな。
 
DFがシュートコースを消す前にシュートが打てるな。
 
というイメージでプレーしてみて下さい。
 
小学生のサッカーでは、点を取りたいという気持ちが強いほどポジションが前になりがちです。
 
自分が得意な場所で止まって受けようとする傾向が強いのでオフサイドになることも多いですね。
 
止まって受けるということそのものがDFにとっては狙いやすいので、動いて受けるということも大切です。
 
・スペースを作る動き。
・動いてボールを受ける。
 
この2つを意識することで、ボール無しの動きや、DFに寄せられて前が向けないという場面の改善につながると思います。
 
試合だけでなく、普段の練習で行うミニゲームでも意識して下さい。
 
以上が回答です。
 
ゴール前でのボール無しの動きの必要性や効果を、小学生時代に知っておくことで、中学や高校での伸びが違うと思います。
 
そういう考えがあることを知る。知って実行してみること。
 
この繰り返しが、上達のコツといえるかもしれません。
 
私もこの質問に答えながら、うちのチームの週末の練習メニューを修正するキッカケをつかみました。
 
お互いにがんばりましょう!

関連記事

  1. サッカーは「走る・止まる・方向を変える」スポーツです。

  2. 【少年サッカー】手では出来るが足で出来ない理由

  3. ミスを少なくすることが、サッカーの質を高めること

  4. 【サッカー少年少女必見】良い選手になるためにお手本にすべき事とは…

  5. 【練習法】2倍、3倍の効果を練習から引き出す方法。

  6. サッカー選手の成長過程の特徴

おすすめ記事

  1. 【鬼木コーチ】フットボールにおける目的地認識
  2. 【鬼木コーチ】「comeの概念」について
  3. 【鬼木コーチ】代表レベルの選手になるということ
  4. 【鬼木コーチ】目的地の認識で動きが決まる
  5. 【鬼木コーチ】身体の動かし方なのか、身体の動かされ方なのか…

ピックアップ記事

  1. 子供たちはドリブルが大好きです。ドリブルシュートというメニューが大好きです。ウチのチーム…
  2. このDVDでは、ドリブルの1対1で勝つためのポイントを初心者にもわかりやすく指導しています。…
  3.  新作DVDが評判です。強豪兵庫FCと永濱代表を知る指導者が注目しています。…

おすすめ記事

  1. 「子どもたちの伸び際」を見逃さないポイント
  2. 難しいフェイント、複雑なフェイントが「よいフェイント」ではない
  3. 8人制サッカーの特徴を掴んで、個人の能力を引き上げる練習
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。