閉じる
閉じる
閉じる
  1. やはりフィジカル、動き出し
  2. 【サッカー】ディフェンスが苦手な選手の上達ポイントとは
  3. 【ジュニアサッカー】ルックアップで判断力が上がるのに、前を向けない選手…
  4. ボールを奪われないためにはどうすればいいか?
  5. ボールに対する【自信】と、相手に対する【自信】
  6. ペナルティエリアでの優先順位とは…?
  7. オフ・ザ・ボールの「動き」について
  8. 【ロシアW杯】攻守における連続したプレーができる選手とそうでない選手の…
  9. 飛距離のあるキックは身につけるためには…?
  10. 【ロシアW杯】クリエイティブでたくましい選手を育てるのに大事なこととは…
閉じる

ジュニアサッカーの上達練習指導法

クーバーサッカースクール

【サッカー】技術がなくても、ポジショニングを知れば、上達する理由とは?

森保ジャパンの監督デビュー戦を白星でスタートし

森保監督の笑顔を見ることができました。

 

森保監督はご存知のようにサンフレッチェ広島を率いてJ1三連覇を果たした監督です。

 

三浦は指導者として森保監督の手腕を評価していますし
五輪代表を素晴らしいチームに育ててくれると信じています。

 

その成長過程もしっかり観察し学んでいきたいなと思います。

 

三浦が森保一という選手を始めて知ったのはその昔
1992年のオフトジャパンに初招集された時でした。

 

ラモスや三浦カズなどのスーパースターにまじり
無名の森保はボランチとしてチームに無くてはならない存在となりました。

 

当時はボランチという言葉ではなく守備的ハーフだったのですが
外国人監督は森保のプレーを見て「日本にボランチがいた!」と
評価し、ボランチという言葉が広まったそうです。

 

そこまででも素晴らしいストーリーですが
サンフレッチェ広島の指導者に就任してからも
手腕を発揮して、選手として指導者として素晴らしい成果をあげています。

 

五輪代表監督はおろかA代表という呼声も高かったのですが
タイミングとしては2020年五輪監督という栄誉です。

 

現役時代の森保選手は「考えて動く、走ることを惜しまない」
というキャッチフレーズ通りのプレーを見せていました。

 

そのサッカー思想は指導者となっても貫いています。

 

■ポジショニングについて考えよう

三浦は森保ジャパンの「ポジショニング」について注目しています。

ボールを持っていない時、守備の時、どこへ動くどう動く。

これは8人制の少年サッカーでもとても大切なプレーになります。

 

前回のメルマガでもお伝えしましたが

「攻守の切り替え」

を素早く行うことはとても大切です。

 

では、どこに動けばよいのか。

小学生の選手たちに「言葉」で説明を求めてもなかなか求める答えは帰ってきませんね。

先日、チームの練習試合がありましたが選手たちには言葉ではなく「プレー」で答えてくれと伝えました。

 

■スペースに動くこと

攻撃、守備双方に言えることですが、サッカーでは
スペースに動くことが基本になります。

 

これは言葉で言うと簡単ですが、その理由まで
言える選手は少ないと思います。

 

森保ジャパンの森保監督は「深さと幅」という言葉を
使うことがあるそうです。

 

それは、トップの選手は相手ゴールに近く「深さ」を
作り、サイドの選手はタッチライン沿いを走って
幅を作るというものです。

 

攻撃の際に深さと幅を意識すると、中にはスペースが
たくさん出来ます。

 

スペースが広ければ広いほど、ボールは通りやすく
守備がしにくくなります。

 

■スペースを使わせないこと

逆に、守備の基本は、相手が広く展開出来ないように
エリアを絞り込むことです。

 

人と人の間をスペースと言ったり、門やギャップと
言うように、ポジショニングはサッカーの重要な
キーワードと言えます。

 

相手チームのパスを広いスペースではなく狭い方向に
追い込むことで、奪い取るチャンスが増えます。

 

小学生のサッカーではなかなかそこまで意識して
守備をしている選手は少ないかも知れませんが
強いチームは出来ています。

 

ワンサイドカットを2人で出来るようになることが
よい守備の基本ですね。

 

■タイミングよく走る、走り続けること

攻守の切り替え、スペースの奪い合いに共通することは
足を止めずに、タイミングよく走り続けることです。

 

サッカーは走るスポーツと言われますが、体力が
無尽蔵にあるわけではないので、考えて走ることが必要になります。

 

無駄に多く走り過ぎて疲労してしまうことは
ある意味、考えていないプレーと言えるかも知れません。

 

攻撃でも、守備でも「見て、判断して、予測する」ことで
走る質をあげながら、疲労を最小限に出来るようになるはずです。

 

楽をしろという話ではありません。逆に、よいプレーを
続けようと思うと、走る距離やスピードも多くなることでしょう。

 

■チームとして個人としての「レベルを上げる」

ある選手が、止まってボールを受ける癖がついていたら
攻撃のレベルは下がります。

 

ある選手が、ボールを持っている相手にプレッシャーを
きついプレッシャーをかけられなければ守備のレベルは下がります。

 

動きながら、走りながらボールを受けることや
ボールが動いているうちに相手のプレッシャーをかけ続けることが
ひとりひとり当たり前に出来るようになってチームとしての力になります。

 

GKを除けば、フィールドには7人しかいません。
ポジショニングがよくて、走れるチームは8人にも9人にも見えることでしょう。

 

ポジショニングという言葉を「自分で考えた、自分がいるべき場所」
と言い換えると、行きたい場所がいくつも見つかるでしょう。

 

その場所の中から優先順位をつけていくことが「判断力」です。

見て、考えて、判断すること。

 

時には判断ミスをすることもあるでしょう。
ミスという経験で、同じミスを繰り返さなくなります。

 

ミスを恐れず頑張りましょう!

 

今回はポジショニングや走るということについてお伝えしました。

 

次回は「ファーストタッチ」についてお伝えしようと思います。

お楽しみに!

関連記事

  1. やはり重要な技術はボールコントロールです。

  2. 身体能力の差をどうやって埋めるか日本サッカー

  3. 日本代表本田選手は、「勝つだけでなく内容も充実させたい」といった…

  4. サッカーには優勢勝ち、判定勝ちはありません。

  5. 新入部員への基本練習

  6. 自分で工夫する力

ピックアップ記事

  1. 昨日の森保ジャパン対コスタリカ戦を見て中島翔哉選手の能力の高さを感じました。楽しそうにサッカ…
  2. 選手のサッカーノートを毎週チェックしています。出来たこと、出来なかったこと、出来るようになり…
  3. 日本の女子サッカーの快挙に感動しています。U20ワールドカップ優勝で、U17、フル代表と合わ…

おすすめ記事

  1. やはりフィジカル、動き出し
  2. 【サッカー】ディフェンスが苦手な選手の上達ポイントとは
  3. 【ジュニアサッカー】ルックアップで判断力が上がるのに、前を向けない選手の特徴
ページ上部へ戻る