閉じる
  1. 【鬼木コーチ】目的地の認識で動きが決まる
  2. 【鬼木コーチ】「comeの概念」について
  3. 【鬼木コーチ】フットボールにおける目的地認識
  4. 【鬼木コーチ】身体の動かし方なのか、身体の動かされ方なのか…
  5. 【鬼木コーチ】代表レベルの選手になるということ
閉じる
閉じる
  1. 「子どもたちの伸び際」を見逃さないポイント
  2. 難しいフェイント、複雑なフェイントが「よいフェイント」ではない
  3. 8人制サッカーの特徴を掴んで、個人の能力を引き上げる練習
  4. サッカーは足を使うが、足だけでサッカーは出来ない
  5. 【ドリブル】持っている以上のスキルが必要とする、状況を作る選手の状況【…
  6. シュートの何が難しいのか?
  7. 【檜垣コーチ】アウトのターンから良いボールの持ち方を身につける
  8. サッカーをシンプルにプレーするとはどういうことか
  9. 【新作DVD】ドリブルで相手を抜けない理由
  10. 本当の意味の仕掛けるドリブルとは
閉じる

ジュニアサッカーの上達練習指導法

クーバーサッカースクール

【明日公開】ハイチ戦から見る「鬼木理論の重要性」

昨夜のハイチ戦ですがよくぞ3-3までこぎつけたものです。
それにしてもハイチの決定力は見事でした。

倉田選手の2試合連続得点や杉本選手の初得点など
話題も多かったゲームですが、私は試合の行方よりも選手達の
動きに注目して見ていました。

先日、鬼木祐輔コーチの「重心移動アナライズ2」を見てから
サッカーの動きの質というものにこだわっています。

サッカーが苦手な子をサッカーが得意な子に変えると言われる
「重心移動アナライズ2」ですが私はそれだけでないと思います。

サッカーに自信を持っている選手たちが「鬼木理論」を標準装備
することで、上手い選手はさらに上手くなるに違いない。

そう信じてチームの指導に導入しています。

果たして、代表選手たちは鬼木理論の中のどんな動きを試合で
見せてくれるのか。

とても興味がありました。

特に鬼木理論のひとつである「移動の延長線上にボールがある」と
いうものを代表の選手たちのどのようなプレーで表現しているのか。

実際の試合でぜひ見てみたいと思いました。

 

■乾選手に見る「移動の延長線上にボールがある」プレー

まず、乾選手のボールの受け方に注目してみました。

中盤の位置から下がってデフェンスの選手からボールを受ける場面が
何度かありました。

加速してボールを受けるのですが、受ける前にスムーズに減速し
ボールを受けてリターンまたはターンして加速という一連の動きです。

鬼木理論では、減速やストップする時に「前かがみにならない」
「体が伸びるようにして減速する」という動きがあります。

背中で後ろの空気を感じるという目的もあります。

乾選手も加速する時は前傾姿勢ですが減速で体が起きます。
さらに加速するときは軽く前傾し移動しつづけます。

ピッチを蹴ってダッシュするという場面はありませんでした。
それでも相手を抜き去る時は瞬時に加速しています。

相手がボールを奪えない場所に向かって素早く移動しているだけ。
そう見えます。

鬼木理論では方向を変える際にも移動の延長線上にボールがあります。
これはどういう事かと言うと、移動方向に胸とヘソがを向いていて
その先にボールがあると言うものです。

乾選手のドリブルもまさしくそのとおりでした。

上手い選手のマネをするとよいと言われますが、どこをどうマネると
よいのかという答えがここ(鬼木理論)にあるようですね。

 

■長友選手に見る「ニョキ」からのクロス

日本代表の1点目は長友選手のクロスから倉田選手の2試合連続の
ヘディングシュートでした。

決めた倉田選手のヘディングも素晴らしいですが、クロスを上げた
長友選手に注目です。

長友選手は小柄な体でエネルギッシュなプレーを見せてくれますが
その動きの特徴を私なりに実感しました。

それはやはり鬼木理論の「ニョキ」の動きによるものでした。

長友選手のドリブルとクロスを蹴る場面がスローで映し出され
ましたが、上半身の柔らかな動きと胸を張って反る動きが
ハッキリわかりました。

足先だけで蹴っているのではなく全身を使ったニョキの動きから
正確なクロスを繰り出している。
そう確信しました。

乾選手や長友選手のお手本となるこれらのプレーについて
次回のチーム練習でぜひ選手たちに伝えたいと思います。

 

■動きをよくすることでプレーが格段によくなる

ボールを受ける前の動きやボールを奪う動きは、ボールをタッチする
技術ではなく、自分の体の動きをよくすることで上達するので
サッカーが苦手という子どもたちも取り組みやすいと言えます。

サッカーが苦手な子どもたちは上手になりたいと思っていても
どんな動きを身につければよいのか、体のどこを意識すれば
よいのかわかりません。

上手い選手のマネをすればよいとアドバイスされても
上手い選手はなぜ上手いのかわからないものです。

そのような疑問に答える「重心移動アナライズ2」はどんなレベルの
選手にもオススメです。

指導者の方はきっと選手たちの「伸びしろ」を実感することでしょう。

 

リリースは2017年10月12日(木)12時よりスタートです。

関連記事

  1. シュートの何が難しいのか?

  2. コーチは戦術を分担してトレーニング

  3. 夏休みの成果を他チームより多く得る練習法とは?

  4. 【サッカー】セットプレーの重要性

  5. 【上達法】中学サッカーに必要な3つのポイント

  6. ゴールエリアの中で打つシュート、ペナルティエリアの外から打つシュ…

おすすめ記事

  1. 【鬼木コーチ】フットボールにおける目的地認識
  2. 【鬼木コーチ】「comeの概念」について
  3. 【鬼木コーチ】代表レベルの選手になるということ
  4. 【鬼木コーチ】目的地の認識で動きが決まる
  5. 【鬼木コーチ】身体の動かし方なのか、身体の動かされ方なのか…

ピックアップ記事

  1. 子供たちはドリブルが大好きです。ドリブルシュートというメニューが大好きです。ウチのチーム…
  2. このDVDでは、ドリブルの1対1で勝つためのポイントを初心者にもわかりやすく指導しています。…
  3.  新作DVDが評判です。強豪兵庫FCと永濱代表を知る指導者が注目しています。…

おすすめ記事

  1. 「子どもたちの伸び際」を見逃さないポイント
  2. 難しいフェイント、複雑なフェイントが「よいフェイント」ではない
  3. 8人制サッカーの特徴を掴んで、個人の能力を引き上げる練習
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。