閉じる
閉じる
閉じる
  1. ブラジルという国のサッカーへの厳しさ
  2. 【少年サッカー】リフティングがボールコントロールに繋がる理由
  3. 【スキルアップ】ボールの持ち方が良いとは
  4. パスワークを成功させる考え方
  5. 【スキルアップ】サッカーにリフティングスキルは必要ない?
  6. サッカーに必要な「道具」を磨こう
  7. 【少年サッカー】単純なことが、最も重要となります。
  8. 【サッカーの本質】“駆け引き”と“ハングリー精神”をどのように鍛えるか…
  9. 【少年サッカー】プロから「何を学ぶのか?」を学ぶべきなのか…?
  10. 【指導者必見】理解することで指導者が変わり、選手が変わます。
閉じる

ジュニアサッカーの上達練習指導法

クーバーサッカースクール

【鬼木コーチ】ニョキが必要な理由とは?【最新作情報】

一般的にはサッカーが上手いとされるのは
正しくボールをコントロールできる選手とされていますが、

上手い選手のプレーを分解していくと
あることに気付きます。

それはボールを扱わない動きの精度や質です。

つまり、どのように自分の身体を動かし
ボールを扱っているのか?ということ。

鬼木コーチはシュッとしてニョキニョキ
している選手は上手いと言います。

その証拠にメッシやネイマールなどのトッププレイヤーは
ゴール前でも力まず、しなやかな動きから、シュートを決める。

実はトッププレイヤーの動きには
鬼木理論のポイントが詰まっています。

一度、ここで鬼木理論を
おさらいをしていきましょう。

———————————————–
■スキマとは…?

前に倒れ込むように身体を一定の角度まで倒れたときに、
転ばないように自然に足が出た時、身体の前に出来る三角形の空間。

スキマを理解することで、動きはじめ、方向の切り替え、
ボールコントロール時などの「初動動作」が
スムーズになります

できない選手は…
ガチガチに固まった状態でプレーをするため
ぎこちなさが残り、スムーズな動きが行えない

■ニョキとは…?

上半身を下半身を連動させ
しなやかに体を動かすために必要な柔軟力です。

できない選手は…
上半身と下半身が連動されず、バラバラに動くため
重心移動

■ドーナツとは…?

遠すぎず、近すぎず、足がスッと出る距離で
ボールを扱うための範囲ということ。

できない選手は…
自身の適正範囲でボールを触れなくなるため
ボールが離れたり、近すぎたりして
上手くボールをコントロールできなくなる

■リセットとは…?

トラップの際に、良い意味で脱力した状態で
ボールをトラップできるようになるための身体動作。

できない選手は…
ガチガチに固まった状態で行ってしまうため
その力みからコントロールミスに繋がる

———————————————–

このように、サッカー上達に欠かせない身体動作を
紹介したのが、前回リリースした「重心移動アナライズ」です

しかし、これらの概念だけを
知っていても問題があります。

■問題点 知っていても身体が動かない

実は、前作で公開した内容は
鬼木理論の「概要」となるものです。

しかし、この概要を知っていても身体が正しく動かなければ
サッカーの動画に結び付けられない、と鬼木コーチは言います。

上手くなるためには、この身体動作を行うための
身体を手に入れなければなりません。

そこで、今作では前作の動きを
サッカー上達に直結させるための方法を
収録しました。

今回のDVDをご覧いただくことで、

・概念はわかったけど上手く身体を使えない

・前作の理論をやってみたけど、上手くサッカー上達に繋がらない

・ボールを持っている時、オフボールの際の動きの技術的な悩みを抱えている

これらの悩みが解決されます。

 

過去の記事はコチラ

【動画】なぜ重心移動なのか…【鬼木コーチ】

ボールを上手く扱うための適正範囲

サッカー用語ではない言葉の力

関連記事

  1. お子さんや選手が1vs1に消極的ではありませんか?

  2. 1対1で負けないことがチームプレーに貢献することになります

  3. なでしこジャパン2013年アルガルベカップメンバーを発表

  4. プレーエリアを広くするために必要な技術とは

  5. 【練習法】ボールと相手に対する自信がもたらせるものとは?

  6. 【初心者限定】サッカー経験の浅い子供たちが行うべき、トレーニング…

ピックアップ記事

  1. 高校からサッカーを始めて、ろくにリフティングも出来ずにブラジルに渡ったわけですが、そんな自分がブラジ…
  2. 先週の3連休に、チーム全員が揃う機会があったので定期的に行っている記録会を行いました。内容は…
  3. 「ボールの持ち方が良い」という言葉を聞いたことがあると思います。では、実際にボールの持ち方が…

おすすめ記事

  1. ブラジルという国のサッカーへの厳しさ
  2. 【少年サッカー】リフティングがボールコントロールに繋がる理由
  3. 【スキルアップ】ボールの持ち方が良いとは
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。