閉じる
閉じる
閉じる
  1. やはりフィジカル、動き出し
  2. 【サッカー】ディフェンスが苦手な選手の上達ポイントとは
  3. 【ジュニアサッカー】ルックアップで判断力が上がるのに、前を向けない選手…
  4. ボールを奪われないためにはどうすればいいか?
  5. ボールに対する【自信】と、相手に対する【自信】
  6. ペナルティエリアでの優先順位とは…?
  7. オフ・ザ・ボールの「動き」について
  8. 【ロシアW杯】攻守における連続したプレーができる選手とそうでない選手の…
  9. 飛距離のあるキックは身につけるためには…?
  10. 【ロシアW杯】クリエイティブでたくましい選手を育てるのに大事なこととは…
閉じる

ジュニアサッカーの上達練習指導法

クーバーサッカースクール

日本代表本田選手は、「勝つだけでなく内容も充実させたい」といった意味とは?

2月6日は2013年の代表初ゲームとなる、ラトビア戦は3月のヨルダン戦に向けて大事な試合ですね。
 
大津選手の初招集も大きな話題です。
 
さて、ラトビアはFIFAランキング104位というチームです。
 
本田選手は、勝つだけでなく内容も充実させたいというコメントをマスコミに放っていました。
 
読者の皆さんやお子さんのチームの試合の後で「内容で勝ったけれど、勝負に負けた」とか「勝負に勝ったけれど、内容で負けていた」という反省をコーチや監督から聞くことが無いですか。
 
果たして、内容とはいったい何の事なんでしょうね。
 
三浦も内容にはこだわります。
 
勝敗よりも内容にこだわります。
 
キック力にまかせて、相手ゴール前に放り込み、競り合ってこぼれ球からシュート!
 
試合中の攻撃はこのパターンを延々と繰り返す。
 
こういうサッカーでも試合に勝てたりしますが、果たして選手たちには勝利以外に何か残るものがあるでしょうか。
 
キックの正確さ、競り合いやこぼれ球への反応など得るものもある。
 
そういう見方もあるでしょう。
 
しかし、相手のミスを待つこと、偶然を狙い続けることは積極的なプレーと言えるでしょうか。
 
また、攻撃にバリエーションを持つことはサッカーの楽しみのひとつでもあるにもかかわらず、自由な発想を封じてまで勝利にこだわることに楽しみが見いだせるでしょうか。
 
技術面で言えば、ロングボールを相手ゴール前に放り込む攻撃ではショートパスのコントロールや、スクリーンプレー、ボール無しの動きでスペースを作ることなど、試合中に見ることが出来ません。
 
ショートパスとロングパスを組み合わせて攻撃をするという目的があれば、状況に応じた判断も出来ます。
 
また、相手のペースに合わせるサッカーでなく自分たちのやりたいサッカーをする「イニシアチブ」を握ることも出来ます。
 
内容とはこれ以外にも、攻撃をし続けたにもかかわらず、シュートが枠をとらえることが出来なかったというサッカーならではの事態も絡んできます。
 
押し続けても優勢勝ちはありません。
 
でも押し続ける技術を高める事が出来たという手応えは残ります。
 
逆に、押され続けても、カウンターからのワンチャンスをモノにすることが出来たという収穫もあるでしょう。
 
三浦が考える「内容」とは、自分たちのやりたいサッカーをしようとして、どれくらいチャレンジして、どれくらい成功したのか。
 
意図したゲーム運びが「内容」ではないかと思います。
 
今日のラトビア戦でもザックジャパンの内容に注目したいところですが、攻撃面に注目してみましょう。
 
本田選手、香川選手、そして乾選手など注目の選手がいますが特に香川選手です。
 
香川選手は、マンチェスターユナイテッドのファーガソン監督からある宿題が出されているそうです。
 
その宿題をラトビア戦で見せてくれるか、とても興味があります。
 
香川選手の動き、プレーの意図、そのゲーム運びに注目してみましょう。
 
勝てばいいというワケではなく、チームとして何を身につけようとしているのか、個人として何を身につけようとしているのか。
 
それが、次の試合につながる「内容」ということかも知れませんね。
 

関連記事

  1. 香川真司のハットトリック

  2. 【鬼木コーチ】ボールを上手く扱うための適正範囲

  3. 小学3年生までに身に付けたい「パスの基礎」とは…?

  4. アフガニスタン戦から学べる『2つのポイント』ワールドカップ予選快…

  5. サッカーの試合で持てる力を発揮する方法とは

  6. 当たりの強さに慣れておくことは大切です

ピックアップ記事

  1. 昨日の森保ジャパン対コスタリカ戦を見て中島翔哉選手の能力の高さを感じました。楽しそうにサッカ…
  2. 選手のサッカーノートを毎週チェックしています。出来たこと、出来なかったこと、出来るようになり…
  3. 日本の女子サッカーの快挙に感動しています。U20ワールドカップ優勝で、U17、フル代表と合わ…

おすすめ記事

  1. やはりフィジカル、動き出し
  2. 【サッカー】ディフェンスが苦手な選手の上達ポイントとは
  3. 【ジュニアサッカー】ルックアップで判断力が上がるのに、前を向けない選手の特徴
ページ上部へ戻る