閉じる
閉じる
閉じる
  1. ペナルティエリア内のシュートトレーニングについて
  2. 身体が開くとは?
  3. ペナルティエリアの中ではトラップする余裕もない!
  4. サッカーが上手い選手は皆、【脱力】している
  5. 身体の動かし方なのか、身体の動かされ方なのか…
  6. サッカーの原点とはシュートである。
  7. リフティングと緊張
  8. サッカーは教えれば教えるほど下手になる
  9. サッカー選手としての実力を診断してみよう
  10. 「利き足を使うことの効果」と「リフティングの効果」
閉じる

ジュニアサッカーの上達練習指導法

クーバーサッカースクール

【サッカー】コーンドリブルの効果を今よりも数倍も得る方法【自主練】

■ドリブル練習の登竜門「コーンドリブル」

コーンドリブルといえば、コーンドリブルです。
ドリブル練習の登竜門とも言えますよね。

ドリブルの代表的なトレーニング方法である、コーンドリブル。

あなたもきっと、すでに練習に取り入れているはずです。

コーンドリブルは、数あるドリブル練習法の中でも、一番手軽で、実戦的なトレーニングだからです。

たとえば、どこのチームにも、 選手の能力やレベルの差などの問題がありますよね。

また、チームによっては、練習環境などの問題もあるかもしれません。

でも、コーンドリブルなら、練習方法を工夫することで、選手のレベルや環境にかかわらず、みんなで練習することができます。

つまり、実戦的であるだけでなく、とても効率の良い練習方法なんです。

また、練習のやり方さえ覚えれば、自主練として自宅で練習することもできるのも大きなメリットだと思います。

■三木コーチが行う「コーンドリブル」とは…?

普通、コーンドリブルを練習する目的と言うと「ドリブル力の向上」だと思います。

でも、三木コーチの場合は、少し目的が違うんです。

三木コーチは、ドリブル力の向上というよりも、足首やヒザ、股関節の内旋、外旋など、色々な運動要素を取り入れながら「動きづくり」の一環として、コーンドリブルをしています。

なぜなら、サッカーの上手い下手というのは、技術の差によるものではなく「思いどおりに体が動かせないこと」が原因であると考えているからです。

三木コーチは「コーンドリブルを通じて、よく動く体をつくることが、 サッカーの上達につながると考えている」とおっしゃいます。

また、コーンドリブルは、ボールと相手との距離を正しく把握するための、 「空間認識能力」を向上させるうえでも、とても効果的な練習です。

ただ単にドリブル力の向上ということではなく、動きづくりや認知能力という側面から 指導することで、コーンドリブルは、より実戦的な練習に変わると考えています。

では、一般的におこなわれているコーンドリブルとは、どのように違うのか?

具体的にどのような違いがあるのか?

そして、どのように練習するのが効果的なのか?

続きは動画でご覧ください↓

 

 

ご紹介したコーンドリブルを知りたい方はコチラをクリック↓

 

 

関連記事

  1. ツートップの有効性

  2. ゴールを目指すことがサッカーの原点であり、ゲームを支配することは…

  3. 柿谷のループシュートはフォルランの影響か

  4. 優れたドリブラーの特徴とは…?

  5. 2人で1人をカンタンにかわすこと、2人で相手のボールを 奪うとい…

  6. 【極秘動画】ドリブルが上手くならない理由

ピックアップ記事

  1. 今回も「シュート力向上」がテーマです。前回は、ペナルティエリア外からのシュートがテーマでした…
  2. 「身体が開くとは?」サッカーの指導をしていて、「身体が開く」ことを指摘することがあります。…
  3. 先週から引き続き「シュート力アップ」の練習方法についてお伝えしています。相手ゴール前でボール…

おすすめ記事

  1. ペナルティエリア内のシュートトレーニングについて
  2. 身体が開くとは?
  3. ペナルティエリアの中ではトラップする余裕もない!
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。